2011年01月09日

「引き寄せの法則」の基本知識

※*:;;;※;;;:*※*:;;;※;;;:*※*:;;※;;;:*※*:;;※

  夢をかなえる「引き寄せの法則」

※*:;;;※;;;:*※*:;;;※;;;:*※*:;;※;;;:*※*:;;※

*☆*──*☆*──*☆*──*☆*──*☆*
  「引き寄せの法則」の基本知識
*☆*──*☆*──*☆*──*☆*──*☆*

「引き寄せの法則」が多くの偉人によってその実在性が認識され、

そして、うまく利用すれば、多大な恩恵が与えられるというお話をしました。

 
じゃあやってみようかって、ちょっと思ってきましたよね。
 

ではこのあたりで、まず、「引き寄せの法則」を

上手に活用するための手順の解説に入りたいのですが、


その前に、引き寄せの法則に関する基本知識について補足しておきましょう。



何事もそうですが、何かを活用するためには、

まずそれに関する基本知識が必要で

電デジカメでも消火器でも、

まず簡単な知識がないと扱えませんよね。


それと同じで、ここで基本知識と呼んでいるのは、

引き寄せの法則で、

心がそのあり方にふさわしいものを引き寄せると、いう際の

「心」に関するもので、

これまで明確にはしてきませんでしたが、

実は心には二つの側面があるのです。



*潜在意識 

大脳皮質を含む全脳に格納された情報のうち、

通常は顕在化していない情報により形成される意識。

また、自律神経をコントロールする意識や人類共通の無意識とされる。
    

「集合的無意識」も潜在意識に含まれるという説がある。⇔(顕在)意識。

意識(顕在意識)と潜在意識*(無意識)の二つです。
 


どちらも心なのですが、

意識と潜在意識とでは、どちらのほうが大きいかご存知ですか?



記憶できる情報量から言って、

潜在意識のほうが圧倒的に大きいと言われています。



一説によると、潜在意識は、意識より10万倍以上も大きいとのことです。
 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
夢をかなえる「引き寄せの法則」バイブル
P34より

夢をかなえる「引き寄せの法則」バイブル―引き寄せ力up!即効マニュアル

新品価格
¥1,260から
(2011/1/9 08:20時点)



:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:



以上、原 祐子がお届けしました。 

posted by ラッシュ at 08:34| Comment(0) | 株レモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

2011年、日本株大復活となるか・・まいちゃんの株レモンニュース

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
2011年 日本株は大復活し
 バブル崩壊以来の歴史的転換点になるか
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2010年11月にスタートしたFRB(米連邦準備制度理事会)の
「QE2(量的金融緩和第2弾)」に伴い、
「米景気の二番底懸念は払拭された」という。

米景気回復が見通せるようになった今、
投資家のシナリオもデフレからインフレに転換されるに違いない。
そうなれば、歪んだ資金の流れが是正され、
株式などのリスク資産へ資金が回帰するだろう。

既に先行高をしている新興国ではなく、
先進国にフォーカスが回帰するはず。
中でも、注目は日本株だ。

円高が止まれば、2010年(1〜10月)は世界最悪の
パフォーマンスであった日本株が、再評価されることは疑いない。
米国株以上に、日本株は歴史的割安局面にあるからだ。

日本株のバリュエーション(株価に対する企業価値)は、
長期金利と比較すると、先進国の中では割安に放置されている。

日銀は、FRBに先行する形で、円高回避と
資産価格押し上げのための新金融政策を打ち出しており、
円高と株価下落が止まらなければ、
ETF(上場投資信託)やリート(不動産投資信託)といった
リスク資産の購入を、現状の5兆円から更に大幅に拡大さ可能性が高い。

そうした日銀の、本腰を入れた資産価格の是正によって、
日本人のリスクテイクに対する意欲は大きく盛り上がるだろう。

2011年は日本株の大復活が予想される。
その資産効果は、日本に巨額の富をもたらし、
景況観を抜本的に変える可能性がある。

これは、バブル崩壊以来の歴史的な転換点を意味し、
日本人の人生観を変えるほどのインパクトがある。
 
 (NEWSポストセブン)

日本株の大復活・・

なんと素晴らしい響きでしょう。

不況にあえぐ、このちっぽけな島々に、
ひとすじの希望の光がさし始めるような・・そんな響きです。


2010年の急激な円高で、
私たちは、さまざまなものを失いました。

そのなかでも
いちばん大きい損失は「希望」ではないでしょうか。


2011年は日本株の大復活が予想される。
その資産効果は、日本に巨額の富をもたらし、
景況観を抜本的に変える可能性がある。

本当にそうなったら、これは素晴らしいことです。


今夜は初夢。

この素晴らしい希望を、ぜひ初夢のテーマにしたいものです。

そして、実現してほしいです。

ラベル:日本株 大復活
posted by ラッシュ at 16:08| Comment(0) | 株レモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まいちゃんの投資入門講座

投資で成功した多くの人たちは、
その才能によって、あるいは幸運によって、
比較的簡単に その資産を築いたように見えるかもしれません。

しかし大抵の場合、成功した人たちは男女関係なく、
そこに至るまでは私たちの想像を絶する大きな犠牲や
苦労や努力をしているのは間違いないでしょう。

その間、彼ら、被女らは、
どうやってモチベーションを維持してきたのでしょう?



やはり自分へのご褒美として、
宝石や時計などを買っている人が多いようです。

より大きくステップアップするために、
たまにはその「戦利品」を眺めて、
自らを鼓舞するのでしょう。



また、ビジネスや資産運用の世界では
「見た目が9割」とまでは言いませんが、
「7割」とは言えるくらい重要な要素です。
 


「値はタダで取らない」とも言いますが、
ブランドの洋服は、高級な雰囲気を醸し出すツールとしては
手っ取り早いのです。

ここ1番のプレゼンや商談、投資の専門家との打合せの時には、
「戦闘服」として1張羅を着て臨むくらいの気構えでやるのと、


洋服にかまう余裕がなく、もしくは興味がなく、
着のみ着のままで戦場に向かうのとでは、
成功する確率が違ってきて当然です。



お酒落をすれば気分が高まりオーラも放出しますから、
相手に好印象を与えられることこそあっても、
損をすることはないはずです。


たまにはここ1番のための洋服を、
投資だと考えて購入するマインドが必要です。
.
 
ただ、大事なことはブランド物なら何でもOKというわけではありません。
TPOに応じ、かつ白分の年代にあったものを選びましょう。



高校生がシャネルの洋服を着たり、
エルメスのバーキンを持って歩いたりしていても、
それを見て「良家の子女」だと思う人は少ないはずです。


洋服に着られるのではなく、
着こなせる年代・風格がそろって、初めてオーラが出るのです。


ブランドのイメージを理解して、それを着こなすには若すぎないか?
または、歳を取り過ぎていないか?

を冷静に判断することも大事です。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
逢坂ユリ著
投資のレッスン88 お金のふやし方・使い方 p.54
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【送料無料】投資のレッスン88お金...

【送料無料】投資のレッスン88お金...

価格:550円(税込、送料別)



高価なブランドものの衣服は、
その人の外見のレベルを引き上げるのに
手っとり早い方法です。

これを、ビジネスを有利に導くための資材、という
考え方もあるのですね。









以上、まい(原 祐子)がお届しました。

posted by ラッシュ at 16:05| Comment(0) | 株レモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。