2012年01月29日

日本株に海外マネー流入 割安・円高一服・復興需要に期待感

sankeiNewsLogo.gif 海外の投資マネーが日本株に流入し始めた。1月第3週(16〜20日)の外国人投資家による買越額は2132億円で、約6カ月半ぶりの高水準となった。欧州債務危機に伴う世界経済悪化への過度な不安が後退し、企業業績の足を引っ張る円高も一服。売られすぎていた日本株は海外に比べ割安なため、買い戻し機運が高まっている。

 日経平均株価は27日終値時点で、昨年末に比べて385円上昇。25日には一時、昨年10月28日以来の9千円に肉薄した。26日には、トヨタ自動車の時価総額が昨年8月15日以来、一時10兆円を回復した。

 日本株の買い戻しの主役は、国内売買代金の約7割を占める外国人投資家。東京証券取引所が26日発表した第3週の投資家別株式売買状況は、外国人投資家が4週連続の買い越し。買越額は前週から597億円増えた。

 外国人投資家が日本株に注目するのは、割安さが際立っているためだ。

 東日本大震災とそれに続く超円高、欧州債務危機やタイの大洪水などを受け、昨年は海外の投資家が日本株から一斉に逃避。株価が割高か割安かを示すPBR(株価純資産倍率)は、東証1部上場企業平均で0・96倍(26日時点)まで低下した。PBRは1倍を切ると割安とされる。同日時点で1部上場の1113社、全体の66%が1倍を切る。


 一方、メリルリンチ日本証券によると、世界では米国が2・1倍、欧州が1・3倍、日本を除くアジア太平洋地域が1・8倍だ。

 世界経済の重しとなっている欧州債務危機は、昨年末の欧州中央銀行(ECB)による銀行への大量資金供給で緩和し、一時1ユーロ=96円台まで進んだユーロ安も100円台に戻した。ドルに対する円相場も先安感が強い。足元で下方修正が相次ぐ企業業績も、復興需要の立ち上がりなど先行きに期待感がある。こうした環境の好転が、投資家の目を割安な日本株に向けさせている。

 だが、今後も一本調子に株価が上昇するかは微妙だ。クレディ・スイス証券の白川浩道チーフ・エコノミストは「電力問題や増税など日本はリスクが多く、成長戦略もない」と指摘。カブドットコム証券の河合達憲チーフストラテジストは、「外国人投資家は短時間に株を売り買いする傾向がある。ちょっとした悪材料が出ればすぐに売りに転じる」と指摘する。
ラベル:日本株
posted by ラッシュ at 04:31| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

ユーロ一時97円20銭、11年ぶり安値 仏など格下げ報道

 13日のニューヨーク外国為替市場は、米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が同日中にもフランスなど一部ユーロ圏諸国の国債を格下げするとの報道が伝わり、ユーロ売りが先行、対円では一時、1ユーロ=97円20銭に下落し、2000年12月以来、約11年ぶりの円高ユーロ安水準を更新した。

 対ドル相場も一時、1ユーロ=1・26ドル台前半まで下落し、米メディアによると10年9月以来、約1年4カ月ぶりの安値となった。ドルが対ユーロで上昇したのに伴い、円の対ドル相場はやや円安ドル高となった。

 午前10時半現在の円相場は、前日比19銭円安ドル高の1ドル=76円89〜99銭。ユーロは1ユーロ=1・2658〜68ドル、97円36〜44銭。
ラベル:ユーロ
posted by ラッシュ at 04:05| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月30日

NY株反発 米経済指標改善を好感して135ドル高 

 29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米経済指標の改善を好感して反発し、前日比135・63ドル高の1万2287・04ドルで取引を終えた。

 米中古住宅関連の指標が改善したことや、シカゴ地域の製造業景況感が予想より良かったことで、米景気の先行きに楽観的な見方が広がった。金融や製造・サービス業株を中心に買われた。

 イタリアの国債入札で落札平均利回りが11月より低下し、欧州債務問題への懸念がやや和らいだことも支援材料だった。



ラベル:NY株
posted by ラッシュ at 08:16| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。