2011年11月07日

マネックス証券 相場概況 2011年11月7日(月)

相場概況
日本株、小幅反落 閑散相場のなか膠着感強い展開

日経平均            8,767.09 (▼34.31)
日経225先物         8,760 (▼40 )
TOPIX            750.45 (▼ 1.57)
単純平均             213.20 (▼ 0.24)
東証二部指数           2,081.37 (▼ 5.67)
日経ジャスダック平均       1,170.34 (△ 1.38)
東証マザーズ指数         400.42 (△ 0.73)
東証一部
値上がり銘柄数          751銘柄
値下がり銘柄数          747銘柄
変わらず             162銘柄
比較できず            3銘柄
騰落レシオ           84.63%  ▼ 5.27%
売買高            14億5017万株(概算)
売買代金         9032億7200万円(概算)
時価総額          258兆3940億円(概算)
為替(15時)          78.13円/米ドル

◆市況概況◆

先週末の米国株式市場は3日ぶりに反落。10月の雇用統計では、非農業部門雇用
者数が8万人と市場予想を下回った一方で、8、9月の雇用者数が大幅上方修正され、
更に、失業率は9%と前月対比低下するなど好悪両方の材料を市場に提示する結果
となりました。その結果、株式市場は雇用統計を材料としては消化できずに、欧
州債務問題の不透明感を嫌気して不安定な値動きとなりました。引けにかけては
週末のポジション調整から買い戻しも入り、下げ幅を縮小しましたが上値は重い
まま取引を終えました。

週明けの日本株市場は小幅に反落。日経平均は8,700円台でのもみあいに終始、日
中の値幅は40円にも満たない小動きでした。東証1部の売買代金は7日ぶりに1兆円
割れとなる薄商いのなか方向感に欠ける展開となりました。

市場ではインターネット関連の上昇が目立ちました。韓国のポータルサイト2位の
ダウムとゲーム分野で提携と伝わったディーエヌエー(2432)が売買代金トップ
となる商いを伴って買われ5%高の急伸。ジャスダックではデジタルガレージ
(4819)が5%高、東証マザーズではサイバーエージェント(4751)が3.5%高で3
連騰となるなど、新興市場は比較的堅調でした。 米国雇用統計の発表やG20サミッ
ト終了など重要イベント通過で手掛かり難といったところが今の相場でしょう。
欧州債務問題も、とりあえず包括案が合意され、ギリシャでは連立政権樹立でパ
パンドレウ首相が辞任に合意、イタリアはIMFによる監視受け入れを認め、次のス
テージに向けて成り行きを見定める段階にあります。相場にとっては動くに動け
ないといったところでしょうか。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

◆東証一部値上がり・値下がり・売買代金ランキング◆
http://mail.monex.co.jp/?4_133885_223466_10

◆世界の主要経済指標発表スケジュール◆
http://mail.monex.co.jp/?4_133885_223466_11

◆個別銘柄◆ 提供:(株)T&Cフィナンシャルリサーチ

5201 旭硝子 622 -41
大幅安 ガラス基板の出荷減少などで通期予想を下方修正。

4502 武田 3,425 -80
反落 プレバシドの減収などを受けて通期予想を下方修正。

3812 ゲームオン 70,200 +10,000
ストップ高 ネオウィズが1株8万8300円でTOBを実施。

8830 住友不 1,603 -22
後場下げ幅拡大 計画通りの上期決算も材料出尽くし感。

7751 キヤノン 3,415 -70
反落 中期経営計画の目標を下方修正の見込み。

6145 日特エンシ 1,028 +98
大幅続伸 スマホ市場の拡大を受け中小企業も増産へ。

6644 大崎電 749 +23
続伸 スマートメーターを全国統一規格へ。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 2 マネックスオリジナルレポート(村上尚己・広木隆・金山敏之)
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

◆チーフ・エコノミスト 村上尚己の経済レポート
11月7日 米経済は予想外に安定〜政治リスクを脇に置けば・・〜【更新】
      → http://mail.monex.co.jp/?4_133885_223466_13






posted by ラッシュ at 23:03| Comment(1) | マネックスメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

マネックス証券 相場概況 2011年11月4日(金)

相場概況
日本株、4日ぶり反発 日経平均は8,800円台を回復

日経平均            8,801.40 (△160.98)
日経225先物         8,800 (△110 )
TOPIX            752.02 (△ 13.44)
単純平均             213.44 (△ 3.22)
東証二部指数           2,087.04 (▼ 5.11)
日経ジャスダック平均       1,168.96 (△ 1.17)
東証マザーズ指数         399.69 (△ 4.34)
東証一部
値上がり銘柄数         1,262銘柄
値下がり銘柄数          286銘柄
変わらず             114銘柄
比較できず            0銘柄
騰落レシオ           89.90%  ▼ 0.37%
売買高            16億7140万株(概算)
売買代金        1兆1531億1600万円(概算)
時価総額          258兆9255億円(概算)
為替(15時)          78.08円/米ドル

◆市況概況◆

昨日の米国株式市場は大幅続伸。欧州中央銀行(ECB)の利下げやギリシャの国民
投票が回避される見通しなどを好感し、幅広い銘柄に買いが入りました。朝方発
表の新規失業保険申請件数が前週比9000件減の39万7000件となり市場予想を下回っ
たことも市場に安心感を与え、ダウ平均は買い先行で始まりました。一時、ギリ
シャ情勢を巡る不透明感から伸び悩む場面もありましたが、徐々に上げ幅を拡大。
ダウ平均は終値では200ドル余り上昇し、4日ぶりに12,000ドルの大台を回復、こ
の日の高値圏で取引を終えました。

米国市場同様にECB利下げ、ギリシャ国民投票回避を好感し、本日の日本株も4日
ぶりに上昇しました。日経平均は120円高で寄り付いたあとは膠着となり8,700円
台半ばで一進一退となりました。ところが14時過ぎからは上げ幅を拡大し8,800円
台を回復しました。アジア市場の全面高も追い風となりました。

7%近い急伸となったコマツ(6301)をはじめ、クボタ(6326)、オークマ(6103)、
ジェイテクト(6473)、日立建機(6305)など機械株の大幅上昇が目立ちました。
トヨタ(7203)、ファナック(6954)などの輸出関連、商社や非鉄などの資源関
連が高く、KDDI(9433)、NTT(9432)、ソフトバンク(9984)など通信も買われ
ました。個別では売買代金1位のグリー(3632)が8%の急伸となる一方で、横浜
ベイスターズの買収で正式合意を発表したディーエヌエー(2432)は一時の5%近
い下げから前日比プラスとなるなど荒っぽい値動きの末、小幅安で終了。前立腺
がん治療薬の試験結果が良好だったことを手掛かりにアステラス製薬(4503)は5%
の上昇となりました。

一方、ソニー(6758)は大幅安。今期純利益の予想を600億円の黒字から一転して
900億円の赤字へと下方修正したことが嫌気され、米国ADRの円換算した値は過去2
日で東京市場2日の終値対比6%程度安くなっていました。本日の東京市場では約
8%程度下落し1,400円。ほぼADRの値に擦り寄った格好です。

米国の雇用統計を控えて、通常ならば様子見気分が強まりやすい金曜日の午後に、
騰勢を強めてほぼ本日の高値圏で引けたことは明るい材料です。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

◆東証一部値上がり・値下がり・売買代金ランキング◆
http://mail.monex.co.jp/?4_133592_223452_11

◆世界の主要経済指標発表スケジュール◆
http://mail.monex.co.jp/?4_133592_223452_12


◆個別銘柄◆ 提供:(株)T&Cフィナンシャルリサーチ

9684 スクエニHD 1,551 +23
小高い 上期営業利益の進ちょく率は73.9%と堅調。

2802 味の素 855 +1
後場上げに転じる 販売費減少などで通期予想を上方修正。

4503 アステラス薬 3,005 +156
急反発 抗がん剤「MDV3100」が来年初頭にも申請前協議開始。

6674 GSユアサ 421 +34
大幅反発 上期決算下振れも通期予想は増益で据え置き。

5020 JX 452 -1
後場下げに転じる 在庫影響による利益減少で通期予想を下方修正。

7733 オリンパス 1,118 -82
急落 第三者委員会の調査により決算発表を延期。

6758 ソニー 1,400 -120
4日続落 液晶テレビの減収などで通期予想を下方修正。

(※)2011年11月2日に配信した内容に誤りがありました。
お詫びいたします。以下の銘柄について、株価は11月2日の終値です。

誤)8031 三井物 1,104 -18
後場下げ幅縮小 鉄鉱石価格上昇などで上期純利益の進ちょく率は89.2%。

正)8031 三井物 1,104 -18
後場下げ幅縮小 鉄鉱石価格上昇などで上期純利益の進ちょく率は52.8%。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 2 マネックスオリジナルレポート(村上尚己・広木隆・金山敏之)
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

◆チーフ・エコノミスト 村上尚己の経済レポート
11月4日 リスク資産の投資機会を感じさせる二つの理由【更新】
      → http://mail.monex.co.jp/?4_133592_223452_14



posted by ラッシュ at 21:29| Comment(0) | マネックスメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

マネックス証券 相場概況 2011年11月3日(木)為替介入でも円高が止まらないリスク

相場概況

日本株、大幅続落 日経平均は195円下落して安値引け

日経平均            8,640.42 (▼195.1)
日経225先物         8,690 (▼160 )
TOPIX            738.58 (▼ 15.92)
単純平均             210.22 (▼ 3.6)
東証二部指数           2,092.15 (▼ 13.54)
日経ジャスダック平均       1,167.79 (▼ 6.21)
東証マザーズ指数         395.35 (▼ 4.96)
東証一部
値上がり銘柄数          196銘柄
値下がり銘柄数         1,371銘柄
変わらず             95銘柄
比較できず            4銘柄
騰落レシオ           90.27%  ▼ 13.11%
売買高            17億6720万株(概算)
売買代金        1兆1375億4300万円(概算)
時価総額          254兆2604億円(概算)
為替(15時)          78.13円/米ドル

◆市況概況◆

昨日の米国株式市場は大幅続落。ダウ平均は前日比300ドル近い下げとなりました。
ギリシャが金融支援の条件である緊縮財政策について受け入れの可否を問う国民
投票の実施を表明したことから欧州債務不安が再燃しました。これを受けて、ド
イツDAX指数、フランスCAC40指数などは5%の下落、イタリアMIB指数は7%近い下
げとなるなど欧州株式市場は急落となりました。破綻した金融大手MFグローバル
が顧客資産を流用していたことやISM製造業景況感指数が予想より低かったことな
ども嫌気されました。

本日の日本株市場は昨日の海外株式市場の大幅安を受けて売りが先行。日経平均
は、25日移動平均(8,726円)を寄り付きから下回ったことで下げが加速、200円
近い下げとなり終値は8,640円。10月21日以来の8,600円台で引けました。日経平
均は寄り付きの値が今日の高値で、終値が今日の安値。ローソク足では上ヒゲ、
下ヒゲのない丸坊主の陰線を出しています。

海運、鉄鋼、自動車、機械、電機など景気敏感の主力銘柄が軒並み売られました。
昨日同様、売買代金の1位はディーエヌエー(2432)。2位はトヨタ(7203)。91
円(3.5%)安と厳しい下げとなりました。3位はグリー(3632)で5日ぶり反落も
0.5%安と比較的小幅な下げにとどまりました。

日本市場は明日休場となることに加え、米国のFOMCの結果発表、バーナンキ議長
の会見、G20など多くのイベントを控えて手仕舞い売りに押された格好です。目先
はギリシャの国民投票問題がどう決着をみせるのか、行方が気になるところです。
本日、引け後にソニー(6758)が決算発表を行い今期の最終損益を従来の600億円
の黒字から900億円の赤字に下方修正しました。休み明けの東京市場ではソニーの
株価動向が注目を集めるでしょう。

◆個別銘柄◆ 提供:(株)T&Cフィナンシャルリサーチ

8031 三井物 1,104 -18
後場下げ幅縮小 鉄鉱石価格上昇などで上期純利益の進ちょく率は89.2%。

4182 三菱ガス 463 -34
後場下げ幅拡大 円高やマージン悪化で通期予想を下方修正。

9204 スカイマーク 1,082 -29
続落 施設利用料の支払いを巡る訴訟問題を嫌気。

4044 セ硝子 355 +3
後場上げに転じる ファインケミカル製品の好調で通期営業利益予想を引き上げ。

9684 スクエニHD 1,528 +58
後場堅調 収益性の高いコンテンツの拡大で上期予想を上方修正。

3793 ドリコム 88,600 +15,000
ストップ高 ソーシャルゲーム好調で上方修正。

8840 大京 144 +5
続伸 引き渡し前倒しにより通期営業益を上方修正。

◆チーフ・エコノミスト 村上尚己の経済レポート
11月2日 為替介入でも円高が止まらないリスク
    〜本当に役立つ資産運用術(10)〜【更新】
      → http://mail.monex.co.jp/?4_133339_223451_13




posted by ラッシュ at 01:28| Comment(0) | マネックスメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。