2012年08月16日

利回り13.8%も! 10月権利確定版の株主優待利回りランキングを発表!

先日、「利回り10%超も! 株主優待ランキングを発表」で、8〜9月に権利が確定する銘柄の中から、配当に加え、株主優待をオークションで売却したと仮定した際に得られる予想金額(※)を含めた総合利回りで、これはと思えるトップ3をご紹介しました。

今回は10月度のランキングを見てみたいと思います。ちなみに株主優待の権利落ちは決算期である3月と9月に集中しているため、10月に権利落ちとなっている銘柄はもともと少ないです。しかし、ランキング入りした銘柄は面白い銘柄が揃っています。第1位は必見の利回り13.8%!やり方によっては更に上の利回り(20%超も!?)も目指せます。第2~4位はやや利回りは低くなりますが、実質的な利回りは高いのです。というのも、優待がクオカードや図書券などでオークションで換金する必要のない株主優待が多く、オークションの手間や手数料を差し引いた実質利回りは高いと言えると思います。

※売却金額は状況によって変わりますのでご注意下さい。予想配当+予想優待売却利回りはあくまでも参考としてご覧下さい(2012年8月8日の終値で試算しております)

それでは、第4位から順にご紹介していきましょう。

第4位 泉州電業(東証2部 9824)
予想配当+予想優待売却利回り:4.4%

今回ご紹介する銘柄のトップバッター、第4位は泉州電業となりました。電線専門商社です。

【8/8株価】 961円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 32円
【株主優待権利確定月】10月
【優待内容】 100株以上の株主に1000円相当の自社オリジナル図書カード

同社の株主優待である図書カードは汎用性が高く、どこでも誰でも使いやすいので、オークションで売却することを仮定せず、自分で利用するとして利回りを計算しています。前述しましたが、オークションの手間・経費がかからないので実質利回りは高いと言えるでしょう。

業績はじり高基調といったところです。東北の復興向けに需要が伸びているほか、タイの洪水向けの復興需要でもタイの子会社が恩恵を受けているようです。また原材料の銅価格が中国経済のスローダウンにより下落していることでコストダウンの恩恵もあります。株価は地をはうような動きとなっていますが、逆に株価下落リスクは低いかもしれません。

第3位:トップカルチャー(東証2部 7640)
予想配当+予想優待売却利回り:5.1%

第3位はトップカルチャーです。書籍、CD,DVDなどの複合店「鳶屋書店」を展開している企業です。TUTAYAのカルチュアコンビニエンスクラブ(CCC)が大株主に名を連ねており、レンタルはCCCの加盟店となります。

【8/8株価】 356円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 15円
【株主優待権利確定月】10月
【優待内容】 300株以上の場合、レンタル優待券2000円相当または図書カード1000円相当。1000株以上の場合、レンタル優待券4000円相当または図書カード2000円相当。

今回は300株保有、図書カード1000円相当で計算しました。こちらもオークションで売却することは想定せず、自分で利用するとして額面と同額を配当として計算しています。当然ですが、鳶屋書店をよく利用する方であればレンタル優待券2000円相当の方が良く、こちらですと利回りは6.1%となります!

足下の業績は2012年10月期の上半期は売上が前年比2.2%減、営業利益が41.1%減、純利益が85.0%減となっており、あまり芳しくありません。ただ、株価も既に下落しており、リーマンショックや東日本大震災のような突発的なことが起こらなければ、これ以上下がりにくいというレベルまで落ちてきてはいます。

第2位:京王ズホールディングス(東証マザーズ 3731)
予想配当+予想優待売却利回り:5.9%

第2位は京王ズホールディングスです。同社は東北地盤の携帯電話販売代理店です。そのほか保険販売、介護などにも進出しています。

【8/8株価】 25600円
【今期予想現金配当】 500円
【株主優待権利確定月】10月
【優待内容】 オリジナルクオカード
1株以上 1000円相当
6株以上 2000円相当
51株以上 3000円相当
101株以上 4000円相当
501株以上 5000円相当

今回は1株保有で計算しました。クオカードは非常に便利なカードで、コンビニなどでも利用可能なため、こちらもオークションでの売却想定ではなく、自分で利用したとして額面を配当として計算しています。

業績はスマートフォンブームに追い風を受け、じり高といった印象です。ただ、同社は不適切会計で金融庁に課徴金を支払っているといった履歴がありますので、そういった点には注意して投資する必要があるでしょう。株価はおおむね横ばいといったところです。

第1位 東建コーポレーション(東証1部 1766)
予想配当+予想優待売却利回り:13.8%

そして、注目の第1位は・・・・東建コーポレーションです! 同社は土地所有者に土地の有効活用法を企画・提案し、施工から管理、仲介までを一貫しておこなっている企業です。

【8/8株価】 3380円
【今期予想現金配当】 85円
【株主優待権利確定月】4月、10月
【優待内容】 
同社の株主優待は多種多様で凄く複雑ですからYahoo!ファイナンスのHP(下記URLリンク)をご覧下さい。
東建コーポレーション 株主優待

今回は10株を購入して下記の優待を選択したケースで計算しています。
1、オンラインショッピングサイト「ハートマークショップ優待割引券」 年間6000円
2、ホテル多度温泉 ご宿泊30%割引券

「ハートマークショップ優待割引券」はオークションで3000円チケットが1900円前後で売却できる可能性があります。一方、ホテル多度温泉 ご宿泊30%割引券は売却が難しい可能性があります。こうして考えると配当利回りは日本株でも屈指と思われる13.8%!もちろんオークションでは「ハートマークショップ優待割引券」をさらなる高値で売却できているケースもありますし、ホテル多度温泉の宿泊割引券も自分で利用できれば一気に利回りが高まることになるのは言うまでもありません。「ハートマークショップ優待割引券」を自分で利用した場合は、なんと利回り20.3%になります!!

業績は底打ちからじり高基調といったところで、株価も目先は大きく反発しています。ただ、10年タームで見れば、まだ株価は低位ゾーンにあるとも言えます。

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、海外での資産運用、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

posted by ラッシュ at 14:22| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。