2012年02月08日

東京株・約3カ月ぶりに9000円台を回復

 8日の東京株式市場の日経平均株価(225種)終値は、米国の景気回復への期待感が強まり前日のニューヨーク株式市場が値上がりしたことなどを受け、前日比98円07銭高の9015円59銭で、約3カ月ぶりに9000円台を回復した。

 米国の1月の雇用統計が市場予想を上回ったことや米国主要企業の決算も好調なことから、米国の景気回復への期待が強まった。一方、日本でもトヨタ自動車が7日の決算発表で2012年3月期業績見通しで通期営業利益を2000億円から2700億円に上方修正したことが好感され、トヨタの株価は午前中、約半年ぶりに3000円台を回復。円相場も1月27日以来1週間半ぶりに1ドル=77円台をつけるなど円安傾向となっていることもあり、輸出関連株を中心に買いがひろがった。

 株価上昇の要因については「世界的に景気下支えのための金融緩和を行っていることや円高が一服し円安の傾向、依然として欧米株に比べて日本株は割安感が大きいことなどが理由」(大手証券)と分析している。
ラベル:東京株
posted by ラッシュ at 17:02| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。