2012年01月08日

【FX】ドル市場で売買する理由

前回の記事で、今年の注目の通貨市場は
ドル市場(ドルストレート)であるという事を
お伝えしました。


そしてその理由は、、、

世界的パニック市場が形成された時、ドルが買われる
傾向がある、という性質があるから、だとお伝えしました。


事実、2008年のリーマンショック時には、
豪ドルも、カナダドルも、ユーロも、ポンドも
メジャー通貨の中で、円以外がすべて米ドル高
という動きになりました。


ユーロリスクの時、ユーロが売られているのに対して、

リーマンショックは米国発のパニックである
にもかかわらず、米ドルが買われるというのは
理屈に合わない、と思われるかもしれませんが、
それが現在の世界の為替相場の動きなんです。


米ドルというのは、まさに為替市場における
中心的役割をしている通貨であり、世界で最も
流通している通貨である事から、そのような
動きが起きてしまうんです。


だから、今年、ユーロ崩壊のようなパニックが
発生するかどうか、もちろんそれはわかりませんが、
発生するしないにかかわらずドル市場にしっかりと
注目しておくというのは重要なんです。



ここまでは先日にも、お伝えしたところでは
ありますが、今日はその一歩先に進んだドル市場の
優位性についてお伝えしようと思います。


ドル市場に注目して、ドルを中心にトレードを
組み立てて行った方がいい理由は、


“ドル市場にはトレンドが出やすい”
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
という性質があるからです。


日本の個人投資家の多くは円市場(クロス円)で
トレードをしています。


豪ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円
と言った感じで、です。


そしてもちろん、円市場にもトレンドは形成されます。



たとえば、リーマンショックが終わった後の豪ドル/円は
2009年、2010年とトレンドを発生させました。

このトレンドの中にいる事で個人投資家の方々の
大きく利益を伸ばす事ができました。


一方、同じ頃の豪ドル/米ドルを見て見ると、、、
為替相場において稀に見る強い上昇トレンドを
形成して行きました。


リーマンショックが起きる前の高値を簡単に
飛び越えて強い上昇相場を発生させました。



市場の性質から、基本的にはすべての市場で
トレンドは形成されます。


一方で、トレンドのきれいな市場、
きたない市場というのが実際存在し、

トレンドフォローにマッチしやすい市場、
ブレイクアウトにマッチしやすい市場、
オーバーシュートの逆張りにマッチしやすい市場


といった違いが確かに存在するんです。


トレンドを味方につけた投資戦略でトレードを
している方は、しっかりとドル市場に注目して、
ドル市場を中心としたトレードを組み立てて
いきましょう。




タグ:ドル
posted by ラッシュ at 13:33| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。