2012年01月06日

【FX】2012年、最も注目の市場は?

今年1番注目しておいたほうがいい通貨は米ドルです。
そして注目の市場はドルストレートです。


ユーロだと思われた方は多いと思いますし、
ユーロの動きについて見ておかなくていいか?

と聞かれたら、もちろんユーロの動き、ユーロ圏
での出来事について、まったく見なくていいわけでは
ありません。



ですが、ユーロ問題でどこの市場に一番大きなインパクト
が発生するか?というと、米ドル市場です。


たとえば、イタリアや、ギリシャが破綻し、
世界的恐慌、リーマンショックと同等か、それ以上の
パニックが発生したとします。


その時に、起きる動きは急激なドル高です。
各通貨が(円を除く)ドルに対して安くなります。

ユーロで問題が起きれば、ユーロ安、ポンド安になる
のは当然として理解できると思いますが、ユーロで
問題が発生しても、豪ドルやカナダドル、ポンド、
ユーロ、スイスフランなどは、ドルに対して売られる
ことになるんです。


それはドルが世界の基軸通貨であり、
為替市場において、中心的存在だからです。



パニック相場が発生しなかったとしたら?

それでも、やっぱり注目はドル市場なのは、今年が
米国大統領選挙の年であり、景気対策、株価対策のために
あらゆる施策が実行されやすい年でもあるからです。


QE3(量的緩和)もありえますし、TPPの方向性も
大きく進む可能性もあります。


ユーロは、誰もが注目している通貨です。
ですので、いやでも注目せざるを得ないと思います。


一方でやっぱり大事な通貨は、米ドルである、という
事だけは忘れずに、米ドル中心に見ていきましょう。



タグ:ドル
posted by ラッシュ at 06:53| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。