2011年12月30日

NY株反発 米経済指標改善を好感して135ドル高 

 29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米経済指標の改善を好感して反発し、前日比135・63ドル高の1万2287・04ドルで取引を終えた。

 米中古住宅関連の指標が改善したことや、シカゴ地域の製造業景況感が予想より良かったことで、米景気の先行きに楽観的な見方が広がった。金融や製造・サービス業株を中心に買われた。

 イタリアの国債入札で落札平均利回りが11月より低下し、欧州債務問題への懸念がやや和らいだことも支援材料だった。



タグ:NY株
posted by ラッシュ at 08:16| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。