2011年12月27日

マネックス証券 相場概況 2011年12月26日

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 1 相場概況
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

日本株、上昇 東証1部の売買代金は8年半ぶりの低水準 

日経平均            8,479.34 (△84.18)
日経225先物         8,450 (△80 )
TOPIX            726.44 (△ 3.32)
単純平均             208.72 (△ 0.2)
東証二部指数           2,100.33 (▼ 2.68)
日経ジャスダック平均       1,175.31 (▼ 0.69)
東証マザーズ指数         390.62 (▼ 2.7)
東証一部
値上がり銘柄数          766銘柄
値下がり銘柄数          712銘柄
変わらず             181銘柄
比較できず            2銘柄
騰落レシオ           98.49%  ▼ 1.99%
売買高            9 億0420万株(概算)
売買代金         5008億4400万円(概算)
時価総額          251兆1472億円(概算)
為替(15時)          77.99円/米ドル

◆市況概況◆

先週末の米国株式市場は上昇しました。与野党が給与税減税の延長で合意した
ことでダウ平均は買い先行で始まりました。予想を大幅に上回る伸びを示した
耐久財受注などの経済指標も相場の支えとなりダウ平均は高値圏での推移が続
きました。取引終了間際には一段高となり、7月27日以来、約5カ月ぶりの高値
で引けました。

米国株の上昇を受けて週明けの日本市場も買いが先行し、日経平均は8,500円
台を回復して寄り付きました。しかし買い一巡後は伸び悩み、上値の重さが目
立ちました。海外市場はまだ休場のところが多いため市場参加者も少なく、薄
商いのなかを小口の利益確定売りに押されました。心理的節目となる8,500円
を割り込みましたが下値を売り急ぐ向きもなく、膠着感の強い展開となりまし
た。東証1部の売買代金はかろうじて5000億円に届いた程度。半日立ち会いを
除くと2003年5月以来約8年半ぶりの低水準となりました。

薄商いながら物色の中身は主力株を中心に、材料が出た銘柄を素直に評価する
動きが鮮明でした。売買代金トップは東芝(6502)。米国の原子力規制委員会
がウエスチングハウスの新型加圧水型軽水炉「AP1000」の設計を認証したこと
が好感され、朝方は11円(3.6%)高まで買われましたが午後には上げ幅を縮
めました。年間配当は前期並みの120円程度と報道されたキヤノン(7751)も
しっかり。工作機械関連銘柄は先日の評価引き下げで売られた反動もありナブ
テスコ(6268)やオークマ(6103)など大幅高となる銘柄が目立ちました。米
国の耐久財受注が大幅増となったことが背景です。特に自社株買いを発表した
マキタ(6586)は8%近い急伸となりました。商社など資源関連もしっかり。
鉄鋼、非鉄など素材業種も堅調でした。

一方、電力株、証券、保険、銀行などの金融株、不動産株は軟調。こうした時
価総額の大きい企業が多い業種のパフォーマンスが冴えないことでTOPIXの上
昇率は0.5%にも満たず、日経平均の上昇率(1%)の半分以下。商いの薄さも
あって、「上がった」実感にはほど遠い相場でした。騰落銘柄数は値上がり
766銘柄、値下がり712銘柄とほぼ拮抗。小型株指数、2部、東証マザーズ指数
は下落しており、今日は外国人投資家不在に加えて値動きの軽い小型株を物色
する個人も動けなかったことが記録的な商いの薄さにつながったのではないか
と思われます。とにかく市場エネルギーに乏しく、上昇したとは言え日経平均
で8,500円台を維持することもできない弱い相場です。かろうじて25日線を上
回っていることが救いです。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

◆東証一部値上がり・値下がり・売買代金ランキング◆
http://mail.monex.co.jp/?4_139785_222667_10

◆【無料】経済指標アラートメール◆
 気になる指標の結果はもちろん、「まもなく発表」の直前通知で取引タイミング
 を逃しません!
http://mail.monex.co.jp/?4_139785_222667_11

◆世界の主要経済指標発表スケジュール◆
http://mail.monex.co.jp/?4_139785_222667_12

◆個別銘柄◆ 提供:(株)T&Cフィナンシャルリサーチ

7600 日本MDM 212 +50
ストップ高 新たな骨接合材製品の薬事承認を取得。

8889 アパマンショ 1,759 -94
大幅続落 税制改正を受けて今期純利益予想を引き下げ。

4582 シンバイオ 313 +80
ストップ高 血液がん治療薬の適応追加承認を申請。

2289 相模ハム 52 +14
急伸 株式交換でエア・ウォーターの完全子会社へ。

4751 サイバエージ 246,300 -2,900
続落 不正アクセスで一部会員が退会状態に。

4716 日本オラクル 2,604 -4
小安い 契約更新の確保などで2Q累計決算が増益も。

5214 日電硝 758 +26
反発 需要低迷など響き3Q累計純利益予想を下方修正も。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
 2 マネックスオリジナルレポート(村上尚己・広木隆・金山敏之)
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

◆チーフ・エコノミスト 村上尚己の経済レポート
12月26日 米経済の正常化〜安全資産への行き過ぎの帰結〜【更新】
      → http://mail.monex.co.jp/?4_139785_222667_14

ご意見の投稿ボタンを設置しております。レポートの感想をお聞かせください。

◆チーフ・ストラテジスト 広木隆のストラテジーレポート
12月22日 冬至冬中冬初め
      → http://mail.monex.co.jp/?4_139785_222667_15
posted by ラッシュ at 05:04| Comment(0) | マネックスメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。