2011年08月31日

【株】不安材料があるからいい

世界の株式市場、そして日本株市場も個別銘柄も
今、少しずつ全体的に上昇の流れに変わり始めています。


ニューヨークダウはすでに高値切り上げ、安値切り上げを
完成してダウ理論の上昇を完成させて、デフォルトショックの
急落から立ち直ろうとし始めてきています。


ただ、いつもそうですが、今、株を買って
利益を上げ始めているのは、個人投資家ではなく、
機関投資家、ファンド筋等の大口投資家です。


個人投資家の多くは(一部は利益を上げていますが)
株を買って稼ぎたいけど、怖くて買えない、、、

あるいは、塩漬けしてしまっていて、
もっと株価が上がって行くまで買えない、、、


というような状況になってしまっています。



実際、昨日のメールでもお伝えしたように、
今の株価は期待による上昇の形が出ている状態です。


“期待で買って現実で売る”という言葉で言えば、
半分の状態です。


現実が現れた時、下落するかもしれない、
そういう思いは確かにあるかもしれません。


実際、来月のFOMCの会合で市場を落胆させるような
景気刺激策しか打てなかったら、ニューヨークダウも
世界の株価全体も下げる可能性もあるかもしれません。


でも、だからこそ、今の時間帯が大事なんです。
不安材料がある状態だからこそ、今の時間帯が大事なんです。


いつもそうですが、絶好の買い場、絶好のチャンスポイント
というのは不安材料が控えてある状況の中にあります。


不安材料が控えてある状況の中にしかない、
と言ってもいいくらいです。


9月のFOMCの会合が終わって、景気刺激策が
打ち出されて、誰もが上昇相場だ!買いたい!
と思ってから買って行くようでは遅すぎるんです。





相場の原理、原則、そして利益を上げて行くための原則は、、

誰も注目していない時に買って、誰もが注目し始めた時に利食う


あるいは“大衆投資家の逆を行く”です。


この原則に逆らってトレードで利益を
上げて行く事は出来ません。


相場が不安材料いっぱいだから、今は止めておこう、、、

今、株は上昇トレンドの中だ!よーし買って行こう!

というトレードをしている間は、
必ず、この原理、原則に押し戻されてしまいます。


結果はなかなか変わりません。



不安材料があるから、トレード出来ない、、、


ではなくて“不安材料があるからチャンス”です。


今年最後の上昇相場か?という状況を
ただただ、見送ってはいけません。


先週末に、7月にお届けしたウェブセミナーの動画を
再度お送りさせて頂きました。


この動画の38分付近に、株のチャンスに乗って行く
ポイントについてお伝えしています。


もし、内容を忘れてしまった。。。

あるいは、もう一度復習しておきたい!


という方はご覧になっておいてください。

http://www.safe-rich.jp/websem/110721websem_kabu_move.html?ts=mag2_m-kabu_110831



不安材料があるから、トレード出来ない、、、
ではなく“不安材料があるから逆にチャンスがある”


これは、利益を上げる投資家と、いつまでも結果を
変えられない投資家を分ける大きな思考の違いです。


思考を変えて、行動を変えて、結果を変える、

この流れを自分の中に作って行ってください。










posted by ラッシュ at 21:25| Comment(0) | 【松下誠のゆったり投資道】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。