2011年05月29日

株】社会の状勢に人は対応する⇒株価にも表れる

今年の夏の電力不足に、社会の様々な対策が出てきています。
こういう状況がまた株価の価格の推移に表れてきます。

昨日は、江崎からソフトバンク社長の孫正義さんの
自然エネルギー財団の構想について話がありました。

私達も出来る事からやって行く、
あるいは壁にぶち当たった時にも、
やれることはたくさんあって、模索して行く中で、
自ら壁を突破して行く事が出来るという事を
孫正義さん生き様から学んで行きましょう。


という提案でした。



今日は、そんな孫正義さんの行動や、今年の夏の
(もう地域によっては熱さ対策として始まっているみたいですが)
電力不足の対策として色んな企業、団体、個人等の様々な取組や
対策案が出てきている事が株価にとってもプラスである事
についてお伝えして行こうと思います。



まず、孫さんの構想によって、今の時点で必ずそうなる、
なんて事は言えませんが、1つの流れとして、
自然エネルギーをしっかりと見直して行こう!

という流れが社会の中に起こります。


管総理も、孫さんが発電電力量に占める自然エネルギーの割合を
30%に引き上げて行く事を目標に掲げているのには劣りますが、
2020年台の早い段階で20%まで引き上げて行くというように
言っているくらいなので、おそらくその流れは徐々に起きて
来ることになります。



そうすると、燃料電池や、風力発電、地熱発電、ソーラー、
ガスコージェネ等、ハイブリットカー等、様々な技術や分野に
資金が流れるようになり、

その関連機関、関連会社に対しても資金が流れるようになってきます。



今は日本の株価は、今後の日本経済が低迷期に入るのではないか?
という思いもあってか、少しゆっくりの値動き、上値の重い展開
になっていて、出口が見当たらない


と思っている人は多いですが、それでも、こういう切り口
(自然エネルギー)から全体の株価に良い影響が出てくる
という事が起きてくるんです。





また、こういう自然エネルギーの分野だけじゃなく、
様々な企業や団体、個人から出てくるアイデア、知恵として、
土日の休みを平日に移して、電力の使用量を分散して、
電力不足を効率良く使って補っていこうというモノがあります。


こういった動きは、今の社会の流れや、
あり方が変わっていく事になり、その動きが派生して
土日の混雑が緩和されて、サービス業の売上げ増につながって行く
など、株価にとっても様々なメリットの面も出てきます。



大地震で日本経済は大変な被害を受けた

電力不足もあって、節電、節電と言われ、企業活動が鈍くなる

=株価も下がる、あるいは低迷する


というだけだったら、誰でも考えられますが、
上がった株価が下がるように、
下がった株価もまた上がるんです。


そしてそれは、こういった今の社会に合わせた(必要な)
動きが日本全国の各地から沸き起こって行くからです。


そうやって、戦後、
何もなかった日本は急成長を遂げてきましたし、
私達の生活する社会は成り立っています。



中でも孫正義さんの生き様、行動は本当に感動するものですが、
また、そういう孫正義さんの行動に感化された人が
日本全国に出てくる事で、益々日本はまた回復して行くと思います。

それが人の活動であり、人の活動が反映されたものが
株価チャートです。


あれだけの震災を経験したんですから、
一時的に低迷する事はあるでしょう。


でも、いつまでも低迷しているわけではありません。
株で儲けたい!株の世界で利益を上げて行きたい!


というように思われるのであれば、
気持ちの上で出遅れていてはいけません。


しっかりと時間が経つにつれ、
少しずつ具体化される日本の社会の回復、
そして株価の値動きにしっかりと注目して行って
一緒に上昇して行きましょう。




posted by ラッシュ at 21:11| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。