2011年01月07日

ユダヤ人大富豪の資産運用術

昨日のメール講座
「海外で資産運用する際のリスク」

の中で、日本に居ながら、海外で資産運用をする事は、


日本の常識が通用しない事も当然ある、というリスク


トラブルがあった場合、日本語でサポートが受けられますが、
自分の責任で解決はして行かなければいけない等、

それなりにリスクがあるという事についてお伝えしました。


もちろん、それらのリスクを回避、あるいは
コントロールする方法はありますが、

“国家の運命と個人(家族)の運命を切り離して考える”


という事は、今の日本においてメリットは大きいですが、、
反対に“デメリットもある”という事はしっかりと認識して
おかなければいけないという事です。


ユダヤ人は、2000年もの間、国を追われてきた民族
という悲劇の歴史があるため、生きるために仕方なく、
国家と自分の運命を分けて考えてきましたが、


これから私達が、国を追われたわけではないけれども、
進んで、分けて考えて行こうと思った場合、そこに
生じるリスクについては、しっかりと見ておかなければ
いけないと言う事です。



はい、そんなところで、昨日は海外の資産運用プランに
日本に居ながら実施する際のリスクについて触れましたが、

今日は反対に日本に住みながら“海外で資産管理、
資産運用をしない”という事、それがすでに大きなリスク
だという事について、動画でお伝えしておこうと思います。


日本がこのまま行けば破綻するのではないか?
というぐらい危機的状況にある、という事について、
財務省が出している公式データを元に解説しています。


残念ながら、すでに“日本はもう安全で豊かな国”
ではなくなってきているんです。


『日本の財政破たんリスクについて』

http://123direct.info/tracking/cr/54Nnp6tT/81701/8314920



江崎孝彦


PS
この衝撃の解説動画をご覧になれば、いかに自分達が
今すでにリスキーな状態か?という事を知る事が出来ます。


posted by ラッシュ at 11:14| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。