2011年01月01日

ユダヤ人大富豪の資産運用術

資産を増やすための3原則」


こんにちは、セーフリッチの江崎孝彦です。

「資産を増やすための3原則」を知ってますか?



学校では、一切教えてくれない事なので、
多くの人は知りません。
知らずに一生を終える人もいます。


しかし、資産家、お金持ちの人達、もちろんユダヤ人の
人達が資産運用する上では、確実に知っている事です。


それこそ、1%とか、0.5%とか、そういう単位まで
シビアに見ています。

ものすごく単純で、カンタンに覚えられる事ですが、
最もパワフルな原則で、ユダヤ人の大富豪達がどんどん
お金持ちなっていく、その根幹を支えている原則です。

当然、普通の人が投資、資産運用で1億稼ぐ上でも
最も大事なモノという事です。



「資産を増やすための3原則」

 1.元金を大きく

 2.利回りを大きく

 3.コストを小さく

ね?簡単でしょ?

だけど、この3つの数字をシビアに見ていく事で、
その後の資産運用結果が、まるで違ったモノに変わって
きてしまいます。


例えば、原則1の元本については、
コントロールできませんが、


原則2の利回りが15%なのか?16%なのか?
それだけで、全然、その先の運用結果が変わってしまいますし、

原則3のコストについては、例えば毎年、運用額について1%の
運用手数料を払うのか?それとも2%の運用手数料を払うのか?

それだけで、まるで結果は変わってきます。


だからユダヤ人大富豪の人達は、
どこの国の、どの金融商品、どの運用プランに資産を預ければ、
最も効果的に効率的に資産を増やす事が出来るのか?

自分の頭できっちりと考えて、調べて資産運用をしていきます。


ちなみに日本という国、つまり日本国債は投資対象になるか?


原則1 元本(あなたの投資額なので共通)

原則2 年利約1%(2010年11月の国債利回りは1%以下)

原則3 日本国内の税率(世界最高水準)に準じて課税される



まったくもって魅力のない世界最低レベルの
金融商品という事になります。


『国家にすべての個人(家族)の運命をゆだねる』
傾向が強い日本人にとっては残念ながら、こういう
金融商品やマイナスの運用成績ばかりの投資信託
という事になってしまいます。


自分で運用する株式投資や為替投資等は、この限りでは
ありません。自分が主体となって行う運用で成功すれば、


原則1 元本についてはあなたの資金

原則2 自分のトレード次第では年20%も
    30%も、50%〜もあり得る。

原則3 税金は国内の税率が適用されるが、自分で売買するため、
    運用手数料等はかからない

という事も出来るからです。


ただ、残念ながら個人投資家の8割以上は損をしています。
(つまり原則2はプラス10%とか20%とかではなくて、
マイナス20%とか30%という事)


私は自分でも運用しながら利益を上げていますが、
自分で運用するというのは、プロにも勝って行く技術を身に
つけなければいけませんので、それが出来ない、あるいは
自信がない人は、やるべきではありません。


自分で運用するのではなく、プロに任せて運用してもらう
というタイプの投資商品の場合(運用手数料を払う)
世界のトップレベルのバランスの取れた金融商品、
運用プランの場合、原則2の利回りは最低年利7%〜です。

大体10%とか、15%とか、モノによっては20%、
30%といったモノもあります。


そして、資産運用において得た利益(キャピタルゲイン)
については、無税という国もあります。


ユダヤ人の大富豪に関わらず、世界中のお金持ちの
人達の資金は、そういった利益に対して無税、あるいは
低い税率の国(原則3の優位性)且つ、利回りが高い
運用プラン(原則2の優位性)に集まるのはそういう
理由からです。



ユダヤ人の大富豪における「資産を増やすための3原則」は、


 1.元金を大きく  = まとまった資産を持っている

 2.利回りを大きく = 年10%〜20%くらいの資産運用

 3.コストを小さく = 税制の優遇措置を受けられる地域を知っている
 (日本の場合、海外であれ、利益額に応じて国内の税率が適用される)

という感じです。



ご自身が今すでに、資産運用しているモノがあるならば、
この3つの原則において、適切なモノに資産を投入できて
いるかどうか確かめて下さい。


利回りは何%?

手数料はいくら?

その手数料は毎年かかりますか、解約時に1回だけですか?

税金は?株だから20%ですか?

雑所得で40%ですか?


利回りを上げる事は出来ますか?

もしくは、その手数料を下げる事は出来ますか?

1%をバカにはしないで下さい。


たった1%の違いだけで、数百万単位の違いが出たりします。


つまり、高級車がおまけでついてくるかどうか?

海外旅行に行けるか、国内旅行になるか?あるいはなしか。



それくらい簡単に差が出ます。


3つの原則をしっかりと理解して、常に最高の状態を
キープするから、お金持ちの人は益々お金持ちになり、


この3原則を効果的に使えない(知らない)、あるいは
普通の人は、ずーっと苦しい生活を送り続ける事になります。


昨日のメールでもお伝えしましたが、今の時代は、、、
富裕層だけが有利だった時代ではなくなっています。


ユダヤ人にならって、


“自分の頭で考える”

“国家の運命と個人(家族)の運命を切り離して考える”



という事をしていく事で、同じ結果を得る事が出来ます。


シンプルだけど、パワフルな「資産を増やすための3原則」
を理解して、この原則をシビアな目ですべての金融商品に
当てはめて行って下さい。




ー江崎孝彦
posted by ラッシュ at 10:53| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。