2012年03月19日

取るべき相場でしっかり取る

今、株も為替も急激な上昇相場の中にあって、
トレンドフォロー系の売買戦略は大きな利益を
上げている相場展開です。


2011年の時にも、2012年の一発目のウェブセミナー
などでも、2011年の相場が弱かっただけに、2012年は
トレンド相場が形成させる見込みが強い、


という事をお伝えしてきましたが、
まさに今、目の前で世界中の市場が熱狂しています。


事実、加熱状態にあるため、どこかで急落とか
調整は入るかとは思いますが(相場観として)
大事な事は、今すでに乗れているかどうか、です。


リーマンショックの後もそうですし、
ギリシャショック、東日本大震災の時など、、、

色んな低迷相場は過去に何度も何度も起きていますが、
そのたびに、底にぺタっと張り付いて動かない相場
展開がおきますが、必ずその後には上昇相場が
やってきます。



だから、今回もきっとリーマンショックの時
同様に、トレンド相場がやってくるんじゃないか?


と言うようにイメージしていなければ、
今の相場は取れません。


リーマンショックの後の相場取れなかったし、、、

ギリシャショックも駄目だったし、、、

震災ショックの時も駄目で、今回の上昇相場も
やっぱり駄目だった、、、


と言うことでは、相場の世界で
生き残っていく事はできません。


時々、"損切り貧乏”という言葉を言う方がいますが、
それは取るべき相場でしっかりと取れていないからです。


損切りは、損を確定させる行為なので、
当然、資金は減ります。


だけど、それ以上損を拡大する事はない、
と言う役割は果たしてくれます。


一方で資金は減っているんだから、取るべきところ
でしっかりと取らないと、当たり前の話ですが、
そのうち資金は尽きてしまいます。


取るべきところで取れていない、としたら
何か課題を抱えているという事です。

大きくは下記の3つのどれかだとは思います。


損切りが続くとメンタルがもたなくなって
トレードを続けられないのか、


1回当たりの資金サイズが大きすぎるため、
資金がもたなくなってしまうのか、


トレンドの発生ポイントを捉える相場認識、
環境認識力が足らないのか、、


あるいは、その全部とか、です。



細かくはもっとあるかもしれないですが、
“取るべきところで取れない”というのは、
そういう課題を抱えているはずです。


課題が明確に見えてきたら、半分は解決しています。


資金サイズが大きすぎて資金が続かなくなるなら、
資金サイズを半分にして実行していくとか、


損切りが続くとメンタルがもたなくなるなら、
資金を半分にして継続してみようとか、


環境認識力が不足しているなら、現在の環境認識に
使っている投資理論、テクニカルツールの欠点を補って
くれるフィルターを加えて見るとか、戦略が機能する
環境認識方法を再度模索して見るとか、


どうすれば、解決できるだろうか?


と言うことを、脳に問いかければ、
脳は自分で答えを探し始めます。


もっと、脳に汗をかきましょう。


投資に限らず何でもそうですが、壁にぶつかって
いる時と言うのはとてもしんどいですが、壁を乗り
越えてしまえば、一気にラクになります。


そして、今まで壁だったものは、次のトレード、
その次のトレードでも当然同じように出てきますが、
次のトレードからは乗り越えるのがラクになります。


さすがにすいすいと平地を歩くように
簡単でラクになる、とまでは言いませんが、
自分にとって今までは、、

“クリアできない課題”だったところが、

“クリアできる課題”に変わっているので、
メンタル的には安定しているし落ち着いています。


取るべき相場でしっかりと取れるように
“自分が抱えている課題”をしっかりと捉えて
いきましょう。
posted by ラッシュ at 05:12| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。