2012年03月06日

明日の株新聞




株価指数は外部要因軟化で前営業日に引き続き後場一段安に。引き続き全体観
が弱まる流れとなった本日の株式相場ですが、ひとまず節目意識で持ち直した
ことで、物色も橋梁株などに向かっており、物色対象を探る意識が確認できま
す。

日経平均株価は続落。5日移動平均線(9708.77円)に乗り直せず、1日や前営
業日に下値を支えていた節目9700円を割り込むとともに下値を探ってきました。
ただ、日中で下げ止まった本日安値も9602.84円と節目意識が見られており、こ
れもSQ週独特の動きとも言えます。

さて、前営業日配信版では「円高で後場下押し 明日も下値を探るか?」と題
していました。

株価指数に関しては「このまま円高が進めばひとまず下値を探っていくことと
なるでしょう。本日で攻防の見られた節目9700円を軸に、上値推移となる本日
高値9792.14円、5日線近辺、下値抵抗を見せた1日安値9666.02円との位置関
係を見極めたいところ」と記していたと思います。

中国の成長目標の鈍化、豪ドル下落から影響を強く受ける市況関連には厳しい
流れとなり、円もジリ高基調に。株価指数は下値抵抗を下抜けました。投資戦
略としては、後場の下押しを考慮した投資手法「株式トレード ギャップハン
ター」の活用を挙げていましたが、とくに後場からのギャップダウンの期待さ
れた市況関連を中心に同戦略を手掛けられた方も多かったのではないでしょう
か。

さて、当欄で取り上げてきている「物色対象を探る意識」として、3月のイベ
ントとして「会社四季報などの実態アプローチ、配当・優待など株式還元、出
遅れ・需給妙味」をポイントに挙げていました。

四季報速報では、指数軟化で目立たないなかでも三越伊勢丹<3099>が堅調。値
上がり上位のセクターは、本日も紙パルプ、電気ガス、医薬品らディフェンシ
ブセクターですし、さらに日本橋梁<5912>など低位の橋梁テーマ物色は需給妙
味そのものでしょう。

そして、ついにエルピーダ<6665>も出来高最上位から陥落。資金の流れに影響
を与えていた同社株のボリューム低下は循環物色へのプラス要因となります。
より「会社四季報などの実態アプローチ、配当・優待など株式還元、出遅れ・
需給妙味」のポイントに着目した物色が継続するのではないでしょうか。

投資戦略としては、全体観で後場の下押しに備えた投資手法と個別観では3つ
のポイントを押さえた物色対象との併用が望ましいでしょう。日経平均株価の
位置関係では、本日で下値を支えた節目9600円を軸に、上値推移となる本日高
値9732.89円、上値抵抗として機能し始めている5日線近辺を見ていくスタンス
となります。





posted by ラッシュ at 20:36| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。