2012年03月22日

証券ディーラー「プロの視点」

■■ 〜 明日の株新聞 〜 ■■

米国市場続落に円高基調で折り返すなど、昨晩から外部要因が軟調。東京時間
帯にも中国経済指標軟化が伝わり、下押し圧力の見られた本日の株式相場です
が、節目意識の高い株価指数は下値耐性が確認でき、相変わらず需給妙味に着
目した物色が継続するなど、期末特有とも言える相場環境に変化はありません。

日経平均株価は反発。売り先行の立ち上がりとなり、後場でも下値を試したも
のの、朝方の安値を割り込むことなく、終値では節目10100円、5日移動平均線
(10121.73円)に乗り直してきました。

前営業日配信版では「押しの『深さ』を模索 物色は近視眼的に」と題してい
ましたが、株価指数は文字通りに「押しの『深さ』」を確認すると、底堅さを
発揮しています。

この底堅さを発揮した経緯としては、もちろん指数における節目意識の高さも
ありますが、すでに前営業日にも中国関連を中心とした売りが出ていたことも
挙げられるでしょう。押し目買い意欲の高さも垣間見えますが、売買代金上位
では材料志向の高さが確認できますし、本日の内容からは、まだまだ相場の方
向性は見極め難いところではないでしょうか。

さらに「物色は近視眼的に」としましたが、東証1部や新興など各市場の売買
代金上位銘柄の反応を見ても分かるように、相変わらず需給妙味に着目した短
期物色が継続しています。

新興市場で賑わいを見せていたIPO、医療システム関連では、過熱感など各
銘柄間で明暗が分かれつつありますが、これは東証1部銘柄でも野村ホールデ
ィングス<8604>、グリー<3632>、ソフトバンク<9984>、任天堂<7974>、ネクソ
ン<3659>ら材料注視の流れが高まったことによるものでしょう。

当欄では季節性を踏まえたテーマ視点で「バイオ関連」を挙げていましたが、
レポート銘柄のテラ<2191>が目標株価を達成する活躍を見せ、ナノキャリア<4
571>、ジーエヌアイ<2160>、アンジェスMG<4563>なども物色されました。た
だ、需給妙味で選好されているIPO、医療システム関連などと同じく、徐々
に銘柄間で明暗が分かれつつあります。

「中国経済の先行き懸念」が重しとなり、株価指数の「押しの深さ」を確認し
ながら「近視眼的な物色対象を選好する流れ」が続いていますが、やはり実質
新年度相場入りとなる来週の「権利落ち」後を見据えた展開に移行しつつある
状況でしょう。

■■ 〜 今日の東京市場から 〜 ■■

昨晩の米国市場は続落。住宅指標が予想を下回り、大型株に利益確定売りが出
たものの、直近でも底堅いテクノロジー株には買いが入りました。

全米不動産業者協会が発表した2月の中古住宅販売件数は、前月比0.9%減の4
59万戸となり、市場予想の461万戸を下回る結果に。ただ、前月は速報値の457
万戸から463万戸に上方修正されており、ホームデポなど住宅関連の下値を支え
ています。

ただ、大型株には利益確定が優勢となり、アルコア、キャタピラー、HPの景
気敏感株やシェブロン、エクソンモービルのエネルギー関連、トラベラーズ、
マクドナルドなども安く、株価指数を押し下げました。

一方で、インテル、グーグル、デル、バイドゥ、ヤフーらナスダック所属のテ
クノロジー関連がしっかり。ナスダック指数を支えています。

ダウ平均株価は、45.57ドル安の13,124.62ドル。ナスダック総合指数終値は1.
17ポイント高の3,075.32ポイントで取引を終えました。

為替相場では、株式市場の軟調展開でリスク退避の流れが強まり、ドル、ユー
ロに対して円が上昇。東京時間帯早朝では、1ドル83円台前半、1ユーロ110円
台前半の円高水準で取引されています。

東京株式市場では、米国市場の下落、為替相場の円高推移を嫌気した売りが先
行。日経平均株価は10055円の続落スタートに。

寄り付き前発表の2月貿易統計で黒字転換を果たし、寄り付きでは円高加速を
嫌気した売りが出たことで安く寄り付いたものの、季節調整済みでは未だ赤字
基調と円安志向が確認され、売り一巡後は買い直される展開。日経平均株価は
節目の10100円に乗り直しました。

しかし、昼休みに中国で発表された中国製造業購買担当者指数が前月から減少
し、経済成長鈍化懸念が強まると、後場寄りから売り直される展開。ただ、日
経平均株価の下げ幅が前場安値まで至らず、円安推移とともに持ち直したこと
で、引け前には買い直される場面も見られています。

日経平均株価終値は、40.59円高の10,127.08円。東証1部の売買代金は概算で
1兆2958億円。東証1部の売買高は概算で19億8491万株。値上がり銘柄は986(
58%)に対し値下がりは536(32%)、変わらずは153(9%)となりました。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ■■ 〜 本日の注目相場 〜 ■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

売買代金上位はまちまちの反応。増資インサイダーに絡んだとされる野村ホー
ルディングス<8604>が見切り売りで最上位に進出したものの、ソフトバンク<9
984>、グリー<3632>、ディー・エヌ・エー<2432>ら材料性や外部要因に耐性の
ある銘柄がしっかり。

中国経済指標軟化でファナック<6954>、コマツ<6301>、三菱商事<8058>ら中国
関連とされる銘柄が売られたものの、指数の押し目買い意識から国際優良株で
もあるトヨタ<7203>、ホンダ<7267>、東芝<6502>、日立<6501>らは値を保つ動
きに。メガバンクの三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>も底堅く推移
しています。

材料株のネクソン<3659>、任天堂<7974>なども物色を集める動きに。一方で三
菱地所<8802>、三井不動産<8801>、住友不動産<8830>ら不動産が安く、売買代
金上位は反応が二極化しました。

セクターでは、任天堂<7974>擁するその他製品、国際石油開発帝石<1605>の鉱
業、帝人<3401>、東レ<3402>の繊維、ディー・エヌ・エー<2432>、ネクスト<2
120>らネット関連の属するサービス業、グリー<3632>、ソフトバンク<9984>、
ネクソン<3659>の情報通信が値上がり上位となっています。

一方、新日本製鐵<5401>、JFEホールディングス<5411>の鉄鋼、川崎汽船<9
107>、商船三井<9104>の海運、コマツ<6301>、日立建機<6305>の機械、日軽金
<5701>ら非鉄の中国関連が値下がり上位となりました。

個別では、増配のサンリオ<8136>、オークマ<6103>、増額のネクスト<2120>が
材料性に着目した資金を集めています。

新興市場では、東証1部ネット関連が好調に推移したことで、サイバーエージ
ェント<4751>、KLab<3656>、ミクシィ<2121>ら中核ネット関連も連れ高。
ただ、需給妙味に着目した物色も継続し、IPOのライフネット生保<7157>、
アイスタイル<3660>や医療システム関連の日本メディカルネット<3645>、バイ
オ関連のナノキャリア<4571>、ジーエヌアイ<2160>、テラ<2191>などが買われ
ました。

材料株のビットアイル<3811>、佐藤渡辺<1807>、軽量級のJIC<2124>、ニュ
ーフレアテクノロジー<6256>、低位のウィルソン<9610>、ホッコク<2906>など
にも短期資金が流入しています。
posted by ラッシュ at 21:02| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月19日

取るべき相場でしっかり取る

今、株も為替も急激な上昇相場の中にあって、
トレンドフォロー系の売買戦略は大きな利益を
上げている相場展開です。


2011年の時にも、2012年の一発目のウェブセミナー
などでも、2011年の相場が弱かっただけに、2012年は
トレンド相場が形成させる見込みが強い、


という事をお伝えしてきましたが、
まさに今、目の前で世界中の市場が熱狂しています。


事実、加熱状態にあるため、どこかで急落とか
調整は入るかとは思いますが(相場観として)
大事な事は、今すでに乗れているかどうか、です。


リーマンショックの後もそうですし、
ギリシャショック、東日本大震災の時など、、、

色んな低迷相場は過去に何度も何度も起きていますが、
そのたびに、底にぺタっと張り付いて動かない相場
展開がおきますが、必ずその後には上昇相場が
やってきます。



だから、今回もきっとリーマンショックの時
同様に、トレンド相場がやってくるんじゃないか?


と言うようにイメージしていなければ、
今の相場は取れません。


リーマンショックの後の相場取れなかったし、、、

ギリシャショックも駄目だったし、、、

震災ショックの時も駄目で、今回の上昇相場も
やっぱり駄目だった、、、


と言うことでは、相場の世界で
生き残っていく事はできません。


時々、"損切り貧乏”という言葉を言う方がいますが、
それは取るべき相場でしっかりと取れていないからです。


損切りは、損を確定させる行為なので、
当然、資金は減ります。


だけど、それ以上損を拡大する事はない、
と言う役割は果たしてくれます。


一方で資金は減っているんだから、取るべきところ
でしっかりと取らないと、当たり前の話ですが、
そのうち資金は尽きてしまいます。


取るべきところで取れていない、としたら
何か課題を抱えているという事です。

大きくは下記の3つのどれかだとは思います。


損切りが続くとメンタルがもたなくなって
トレードを続けられないのか、


1回当たりの資金サイズが大きすぎるため、
資金がもたなくなってしまうのか、


トレンドの発生ポイントを捉える相場認識、
環境認識力が足らないのか、、


あるいは、その全部とか、です。



細かくはもっとあるかもしれないですが、
“取るべきところで取れない”というのは、
そういう課題を抱えているはずです。


課題が明確に見えてきたら、半分は解決しています。


資金サイズが大きすぎて資金が続かなくなるなら、
資金サイズを半分にして実行していくとか、


損切りが続くとメンタルがもたなくなるなら、
資金を半分にして継続してみようとか、


環境認識力が不足しているなら、現在の環境認識に
使っている投資理論、テクニカルツールの欠点を補って
くれるフィルターを加えて見るとか、戦略が機能する
環境認識方法を再度模索して見るとか、


どうすれば、解決できるだろうか?


と言うことを、脳に問いかければ、
脳は自分で答えを探し始めます。


もっと、脳に汗をかきましょう。


投資に限らず何でもそうですが、壁にぶつかって
いる時と言うのはとてもしんどいですが、壁を乗り
越えてしまえば、一気にラクになります。


そして、今まで壁だったものは、次のトレード、
その次のトレードでも当然同じように出てきますが、
次のトレードからは乗り越えるのがラクになります。


さすがにすいすいと平地を歩くように
簡単でラクになる、とまでは言いませんが、
自分にとって今までは、、

“クリアできない課題”だったところが、

“クリアできる課題”に変わっているので、
メンタル的には安定しているし落ち着いています。


取るべき相場でしっかりと取れるように
“自分が抱えている課題”をしっかりと捉えて
いきましょう。
posted by ラッシュ at 05:12| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

今日の東京市場から

昨晩の米国市場は大幅続落。世界各地の経済見通しに不透明感が強まったほか、
ギリシャの債務交換期限が迫り、デフォルト懸念の高まりも相場を冷やしまし
た。

前営業日に売り材料視された中国の経済成長鈍化に加え、この日はブラジルの
成長率の低迷、2011年10−12月期のユーロ圏実質GDP改定値が前期比0.3%減
と景気の先行き懸念が一層強まる格好に。欧州市場の下落とともに米国市場に
も見切り売りが出ています。

また、今週木曜日に債務交換期限を迎えるギリシャで民間金融機関の一部が債
務交換に応じる意向を示していないことから、デフォルト懸念も強まり、リス
ク退避姿勢を強めました。

ダウ構成銘柄では、値上がりがインテルの1銘柄のみ。下落率上位には、アル
コア、キャタピラー、HP、バンカメ、JPモルガンらが並んでいます。

ダウ平均株価は、203.66ドル安の12,759.15ドル。ナスダック総合指数終値は4
0.16ポイント安の2,910.32ポイントで取引を終えました。

為替相場では、海外時間帯からリスク退避の円買いが優勢。とくにユーロの下
落が目立ち、東京時間帯早朝では、1ドル80円台後半、1ユーロ106円台前半の
円高水準で取引されています。

東京株式市場では、米国市場の大幅下落、為替相場の円高推移を嫌気した売り
が先行。日経平均株価は9509円の続落スタートに。

寄り付き後は、日経平均株価における節目9500円処での立ち上がりとなり、リ
バウンド買いで下げ渋る動きに。オプション行使価格でもある9500円近辺では
中期押し目と見た買いも入り、下げ幅を縮小しました。

為替相場でやや円買いが見られているほか、時間外取引の米指数先物も弱含む
動きを見せていたことで、後場では再度下値を探る動きに。ただ、中期押し目
と見た買いが下支えし、前場寄り付き水準を上回る推移となっています。

日経平均株価終値は、61.57円安の9,576.06円。東証1部の売買代金は概算で1
兆3373億円。東証1部の売買高は概算で22億4608万株。値上がり銘柄は848(5
0%)に対し値下がりは647(38%)、変わらずは175(10%)となりました。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

         ■■ 〜 本日の注目相場 〜 ■■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

指数の大幅続落でトヨタ<7203>、キヤノン<7751>、ソニー<6758>ら国際優良株、
指数構成比率上位のファナック<6954>、ファーストリテイリング<9983>、ソフ
トバンク<9984>らが安く、幅広い銘柄が売りに押されました。

とくにギリシャ問題再燃で三菱UFJFG<8306>、三井住友FG<8316>のメガ
バンク、野村ホールディングス<8604>の証券業が軟調。リスク退避の流れで商
品相場も急落しており、三菱商事<8058>、三井物産<8031>、コマツ<6301>、商
船三井<9104>ら市況関連の下げも響いています。

売買代金上位では、橋梁テーマ人気継続で日本橋梁<5912>が短期資金を集めて
浮上。ハードディスク事業売却で規制当局から許認可を取得した日立<6501>も
堅調に推移するなど、材料性やテーマ人気を集めた個別銘柄の上昇が目立ちま
した。

セクターでは、金融関連でもある第一生命<8750>、T&Dホールディングス<8
795>の保険業、大和証券<8601>の証券業が値下がり上位に。金融関連との関係
性の深い三井不動産<8801>、三菱地所<8802>の不動産も売られています。

ユーロ下落の円高進行で任天堂<7974>擁するその他製品も苦戦。前営業日にデ
ィフェンシブ物色を集めていた武田薬品<4502>、第一三共<4568>も軟調でした。

一方、JT<2914>属する食料品が事業安定性で上昇。自社株買いのイオンクレ
ジット<8570>が牽引役となったその他金融も指数上昇が確認されています。

JR東日本<9020>が耐震補強対策に着手するとして、鉄建<1815>や東鉄工業<1
835>なども鉄道工事関連にテーマ物色が波及。調査機関の投資判断でショーワ
<7274>、アルプス電気<6770>が個別物色を集めました。

新興市場では、東証1部調整の流れもあって、中核のサイバーエージェント<4
751>、スカイマーク<9204>、楽天<4755>、デジタルガレージ<4819>、ミクシィ
<2121>が軟調。物色は低位のジーエヌアイ<2160>、オンキヨー<6628>、軽量級
のピーエスシー<3649>などに偏っています。
posted by ラッシュ at 19:18| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。