2011年12月30日

2012年FX業界における2つの大きな変化

今日は、2012年、FX業界における2つの大きな変化について
お伝えして行きます。



1つ目は、多くの方がもう知っている事と思いますが、
税制に関する変化、改革についてです。


一言で言えば雑所得から最大20%の分離課税に
変わることです。


詳しく下記のページをご覧いただければ
詳細の内容が分かります。

http://zai.diamond.jp/articles/-/122674


今まで株や商品など、他の市場に対して不利な条件
でしたが、これで平等の条件で投資をして行くことが
出来るということになります。


この税制改革が、どれほどのインパクトを市場に与えるか?
と言うと、そこまで与えるものではないとは思いますが、


商品や株投資をしていた人達などがFXに
参入し始める可能性は十分あると思います。


これが2012年1つ目の変化です。



そして、もう1つの大きな変化は、、

2012年以降、FX自動売買をする人がどんどん
増えていくという事です。


これはもう流れが実際、始まっていますが、
FX自動売買に欠かせない存在であるメタトレーダー
ソフトに対応するFX業者が今、どんどん急増しています。


少し前まで、2、3社程度でしか対応していなかった
のですが、今では10社以上がメタトレーダー対応に
なってきています。


FX業者側としても、自動売買で売買注文を受け付けら
れないと顧客を維持できない、とあせってMT4(メタ
トレーダー)対応の開発を急ピッチで進めているようです。



この流れは実は、米国と同じ流れです。

実際に、自分で調べて確かめたわけではないですが、
米国では、6割のトレーダーが自動売買を使った
トレードをしているそうです。


自動売買が急拡大して行くであろう2012年の中で、
自分は何を選択していくのか?どういう投資を今後も
組み立てていくのか?



それはあなた次第ではありますが、理解しておかなければ
いけないことは、“自動売買=儲かる”ではないという
事実です。


これはしっかりと理解しておかなければいけません。


米国の6割が自動売買ソフトを使ったシステムトレードを
していると言っても、そのすべての人が利益を上げていて、

6割が利益、4割が損という状況になっているか?
と言うと決してそうではありません。


利益を上げている人は2割以下で、損をしている人が
8割以上という構図はほとんど同じだと思います。



投資で利益を上げる上で、最も大事なメンタルの部分、
この部分を考慮せずに、相場の世界で利益を上げて
行く事が出来ないからです。



良いか悪いかに関係なく、時代は変わっていきます。
時代の流れによって投資を取りまく環境も変わって行きます。

相場のエネルギーのあり方も変わっていきます。


その中で、自分がどういう指針を持って、
どういう投資をしていくか?


自分の中にしっかりとした芯を持っていないと、
自動売買を取り入れても、レポートを取り入れても、
セミナーや教材などで投資を勉強していても、
何を取り入れても、結果は変わりません。


2012年以降も、ずっと一貫性のある投資を
組み立てて利益を上げて行きたい!という事であれば、
ブレない芯をぜひ持ってください。



posted by ラッシュ at 15:40| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NY株反発 米経済指標改善を好感して135ドル高 

 29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は米経済指標の改善を好感して反発し、前日比135・63ドル高の1万2287・04ドルで取引を終えた。

 米中古住宅関連の指標が改善したことや、シカゴ地域の製造業景況感が予想より良かったことで、米景気の先行きに楽観的な見方が広がった。金融や製造・サービス業株を中心に買われた。

 イタリアの国債入札で落札平均利回りが11月より低下し、欧州債務問題への懸念がやや和らいだことも支援材料だった。



タグ:NY株
posted by ラッシュ at 08:16| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。