2011年11月03日

【FX】自分の売買ルールを自動化する方法とは?

さて、さすがにわけが分からない、、
自国以外の事はどうでもいいのか?


という事が言いたくなるような、ギリシャの
パパンドレウ首相の支援受け入れに関する国民投票の実施
報道によってリスク回避のドル買いの動きが起きています。


おそらくは、首相という立場上、私は国民の代表です!
国民の意思を尊重しますよ!という姿勢を最後まで
見せておきたいのだと思いますが、ここまで世界を
振り回しておいて、自分の保身というか、ただの
いいかっこしいだとしたら、あきれますね。



========================

また、PASOKのミレナ・アポストラキ議員が国民投票
の実施に反対し離党。その結果、与党の議席は300議席中
152議席と、過半数ぎりぎりとなった。

 パパンドレウ首相が国民投票を実施するためには151議員
による賛成票が必要なため、与党内からわずかでも造反議員が
出れば、国民投票は実施できなくなる

===========11/2 ロイター======


という事なので、さすがに国民投票の実施には
至らないとは思いますが、どういう展開になるか?


という事については先入観や予想などせずに
しっかりと注目して行きたいと思います。


日々、ギリシャ、欧州がらみの報道が耐えない中では
ありますが、まったく別次元の話、特に相場で利益を
継続的に安定的に上げて行くための今までにない、
お知らせをしようと思います。



どういうお知らせか?というと、

自分の売買戦略、売買手法を自動化して、
ラクに利益を上げていくための方法について
お伝えするセミナーの案内です。



自分の売買を自動化、ってどういう事?

と思われるかもしれませんが、実は今、水面下では
自分のトレード戦略、トレード手法を自動化して
自動売買でトレードを行っている人も増えてきています。


まだまだ多くはないですし、利益を上げている人に
比べて、利益を上げられていない人の方が多いですが、
事実として、そういう流れがあります。


自分の売買ルール、売買手法を自動化できれば、、

当然、パソコンの前に張り付いておく必要もなくなります。
自分自身は、好きなことをしていても、勝手に資金が増えて
いきます。


今回みたいにギリシャのパパンドレウ首相が
クレイジーな発言をしたからと言って、いちいち
慌てふためく必要もなくなります。
(自動化されているので、胎がすわります。)



講師は、松下誠と共にCFDプログラムを運営している
野澤順治さんです。



今月19日に、自分の売買ルールを自動化する方法
というテーマで、東京セミナーを開催しますので、

“自動化”に興味がある方は下記のページをチェック
しておいてください。

http://123direct.info/tracking/cr/voqkS0uT/101398/898105




posted by ラッシュ at 22:22| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【株】ギリシャの国民投票はピンチか、チャンスか?

下記の報道が流れてきたことによって、ギリシャ崩壊の
危機急拡大で世界中の株価が一斉に下落しています。



=============================

 [アテネ 2日 ロイター] ギリシャのパパンドレウ首相は、
第2次ギリシャ支援策受け入れの是非に関する国民投票を実施
する方針をあらためて表明し、与党内からも出ていた辞任要求
をはねつける構えを示した。

 パパンドレウ首相が国民投票を実施する意向を表明したことで、
ギリシャがデフォルト(債務不履行)に追い込まれるとの懸念が
再び高まり、1日の欧米金融市場が大きく動揺していた。

 ユーロ圏各国からも、パパンドレウ首相の方針に対して
困惑や反発する声が高まっていたほか、与党内からも
パパンドレウ首相の辞任を求める声が出ており、政権崩壊
の可能性も高まっている。

中略

 ギリシャは11月半ばにIMF/EUから次回融資分の80億
ユーロを受け取る予定だが、その資金も来年1月には底をつく
見通しで、そのころ実施される国民投票で「ノー」という結果が
出れば、国庫は空っぽになる。

=============================

国民投票になるか?

どう考えますか?


と聞かれても、それは分かりません。
としかいいようがありません。


ただ、このまま国民投票の実施という流れになれば、
ギリシャ国民のギリシャが支援を受けない危険性が出て
くるため、支援を受けない、となればギリシャのデフォルト
は避けられなくなり、今、急速に市場に資金が戻りだしていた
流れが、再び逆回転して株価が下落して行く事になる
可能性がでてきます。




このまま大変な自体になるのか?

答えはもちろん、今の時点ではでていませんし、
安易な予想も禁物です。


ただし、投資家として投資で利益を上げていくには、
相場の行動原理、原則に沿って忠実に行動して行った
方がいいという事は確かです。


ニュースなどでパニックが起きそうになった時の
集団心理の行動パターンは?


そして、そういう時に、相場の世界で利益を
上げる方法は?


それを見て行くことになります。



“大衆投資家の逆を行け!”


若干、格言になりそうな言葉で、ゆったり投資道メルマガでは、
もう格言のような扱いとして定期的にだしています。


大衆投資家は、こういった報道が流れ出した時、
どうするか?というと撤退します。


そして、株価は下がって行きます。


実際、すでに3日ほど下がっています。
今日は祝日で相場はお休みですが、今日が祝日
出なかったら、今日も下落していたかもしれません。



その下がった価格にチャンスはないか?

という事です。



今、世界中の株価が下落している理由は明確です。

ギリシャの行く末が不透明になってしまったことです。


じゃあ、ギリシャの行く末が明確になったら?
そして、その行く末が最悪の事態ではなかった場合は?


急浮上、もとの価格に戻ります。
戻るどころか、高値を更新して行くことに
なる可能性は高いです。


そうなれば、今下げている動きは、絶好の買い場を
提供してくれている、という事になります。



もちろん、まだ相場がどうなるか?なんてことは分かりません。
このまま国民投票、という流れになる可能性も十分あります。



だけど、その時に撤退すればいい、という事が
分かっている、あるいは、自分の損切りポイントが
すでに明確にある、という場合、


パパンドレウ首相のこの発言はチャンス以外の
なにものでもないんです。


今回に限らず覚えておいて頂きたいことは、
大衆投資家が見るように相場を見て、恐怖するように、
恐怖していたのでは、利益を上げることはできない、

という事です。


ギリシャの国民投票はピンチか?

それともチャンスか?

今日、このメールを見るまではピンチでしかなかったのが、
少なくとも、チャンスの可能性もある、投資家としての見方を
する事で、十分、その可能性もある、という事は分かって
いただけましたか?


PS
ギリシャの国民投票がチャンスをもたらしてくれた時、
そのチャンスを生かしてトレンドに乗って行きたい方は
暴落からのトレンドフォローで利益を上げる戦略を
学んでおいてください。






posted by ラッシュ at 22:17| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソニー 4期連続赤字 純損失900億円

 ソニーは二日、二〇一二年三月期の連結業績予想を下方修正し、純損益が九百億円の赤字(従来予想は六百億円の黒字)に転落すると発表した。

純損益の赤字は四期連続。急激な円高に加え、液晶テレビの販売不振などが業績を圧迫した。売上高も七兆二千億円から六兆五千億円へ下方修正した。

 本業のもうけを示す営業利益は二百億円(同二千億円)に減額修正。特に八年連続で赤字が続くテレビ事業は、欧米での不振や設備の減損処理などで、一二年三月期も千七百五十億円の巨額営業赤字を計上する。

 同日に発表したテレビ事業の再建計画では、一一年度の世界販売目標を、七月に下方修正した数値よりさらに二百万台減の二千万台に変更した。

 韓国電機大手サムスン電子との液晶パネル事業の合弁解消を視野に協議を進め、液晶パネルのコスト改善を進めるなど安定的に収益を確保できる体制に転換し、一四年三月期の黒字化を目指す。

 平井一夫副社長は「(テレビは)将来的にも欠かせない商品」として撤退の可能性を否定。今後も主力事業の一つに位置付ける。国内外計四カ所の液晶テレビ工場は「現在はさらに見直す予定はない」と閉鎖の計画はないことを明らかにした。
ラベル:ソニー
posted by ラッシュ at 08:16| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マネックス証券 相場概況 2011年11月3日(木)為替介入でも円高が止まらないリスク

相場概況

日本株、大幅続落 日経平均は195円下落して安値引け

日経平均            8,640.42 (▼195.1)
日経225先物         8,690 (▼160 )
TOPIX            738.58 (▼ 15.92)
単純平均             210.22 (▼ 3.6)
東証二部指数           2,092.15 (▼ 13.54)
日経ジャスダック平均       1,167.79 (▼ 6.21)
東証マザーズ指数         395.35 (▼ 4.96)
東証一部
値上がり銘柄数          196銘柄
値下がり銘柄数         1,371銘柄
変わらず             95銘柄
比較できず            4銘柄
騰落レシオ           90.27%  ▼ 13.11%
売買高            17億6720万株(概算)
売買代金        1兆1375億4300万円(概算)
時価総額          254兆2604億円(概算)
為替(15時)          78.13円/米ドル

◆市況概況◆

昨日の米国株式市場は大幅続落。ダウ平均は前日比300ドル近い下げとなりました。
ギリシャが金融支援の条件である緊縮財政策について受け入れの可否を問う国民
投票の実施を表明したことから欧州債務不安が再燃しました。これを受けて、ド
イツDAX指数、フランスCAC40指数などは5%の下落、イタリアMIB指数は7%近い下
げとなるなど欧州株式市場は急落となりました。破綻した金融大手MFグローバル
が顧客資産を流用していたことやISM製造業景況感指数が予想より低かったことな
ども嫌気されました。

本日の日本株市場は昨日の海外株式市場の大幅安を受けて売りが先行。日経平均
は、25日移動平均(8,726円)を寄り付きから下回ったことで下げが加速、200円
近い下げとなり終値は8,640円。10月21日以来の8,600円台で引けました。日経平
均は寄り付きの値が今日の高値で、終値が今日の安値。ローソク足では上ヒゲ、
下ヒゲのない丸坊主の陰線を出しています。

海運、鉄鋼、自動車、機械、電機など景気敏感の主力銘柄が軒並み売られました。
昨日同様、売買代金の1位はディーエヌエー(2432)。2位はトヨタ(7203)。91
円(3.5%)安と厳しい下げとなりました。3位はグリー(3632)で5日ぶり反落も
0.5%安と比較的小幅な下げにとどまりました。

日本市場は明日休場となることに加え、米国のFOMCの結果発表、バーナンキ議長
の会見、G20など多くのイベントを控えて手仕舞い売りに押された格好です。目先
はギリシャの国民投票問題がどう決着をみせるのか、行方が気になるところです。
本日、引け後にソニー(6758)が決算発表を行い今期の最終損益を従来の600億円
の黒字から900億円の赤字に下方修正しました。休み明けの東京市場ではソニーの
株価動向が注目を集めるでしょう。

◆個別銘柄◆ 提供:(株)T&Cフィナンシャルリサーチ

8031 三井物 1,104 -18
後場下げ幅縮小 鉄鉱石価格上昇などで上期純利益の進ちょく率は89.2%。

4182 三菱ガス 463 -34
後場下げ幅拡大 円高やマージン悪化で通期予想を下方修正。

9204 スカイマーク 1,082 -29
続落 施設利用料の支払いを巡る訴訟問題を嫌気。

4044 セ硝子 355 +3
後場上げに転じる ファインケミカル製品の好調で通期営業利益予想を引き上げ。

9684 スクエニHD 1,528 +58
後場堅調 収益性の高いコンテンツの拡大で上期予想を上方修正。

3793 ドリコム 88,600 +15,000
ストップ高 ソーシャルゲーム好調で上方修正。

8840 大京 144 +5
続伸 引き渡し前倒しにより通期営業益を上方修正。

◆チーフ・エコノミスト 村上尚己の経済レポート
11月2日 為替介入でも円高が止まらないリスク
    〜本当に役立つ資産運用術(10)〜【更新】
      → http://mail.monex.co.jp/?4_133339_223451_13




posted by ラッシュ at 01:28| Comment(0) | マネックスメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。