2011年11月02日

【株】どの優位性を捉えていくか?で利益が変わる

10月31日に日銀が単独の為替介入を行ったという事で、
相場はますます上昇局面か?と思った矢先、ニューヨークダウを
始め、欧州、そして日本の株相場も下落という状況になりました。


世界はまだしも、なぜ、日本の株価まで?
日銀の介入は日本企業にとってマイナスなのか?


とか、いろいろと不思議に思った方もいらっしゃると思います。




まず、円高がプラスに働く企業と、マイナスに働く企業の
両方があるので、いつの時代も、必ず円安がプラスという事は
言えないのですが、輸出産業が強い日本は、今の時点で言えば、
円安の方がプラス要因は多いと思います。

そのため、日本政府、日銀は円安方向に持っていくため、
色々と頭を悩ませています。


では、なぜ、日本株相場は下落したのか?
その原因は下記にあるのでは?という見方がされているようです。


===========================

米証券大手MFグローバルが経営破綻 欧州国債大量保有


米証券大手のMFグローバル・ホールディングスは31日、
ニューヨークの連邦破産裁判所に米連邦破産法11条を申請し、
経営破綻(はたん)した。欧州諸国の国債を大量に持っていた
といい、信用不安が高まっていた。欧州の政府債務(借金)
問題の影響が米大手金融にも及び始めた。

同社は金融市場の低迷で損失が膨らんでいたほか、9月末
時点でイタリアやスペインなど債務不安のある欧州諸国の
短期国債を63億ドル(約4900億円)保有。自己資本
をはるかに上回るとして、米格付け会社が「投機的」水準に
格下げしたばかりだった。財務への不安が強まり、顧客資産
の流失などで資金繰りに行き詰まったとみられる。

===========================


せっかくの為替介入が、、残念なことに影響は大きいようです。


欧州問題は、債務を50%カットという事で、かなり改善を
計れそうな状況となってきていますが、ギリシャやスペイン、
イタリア等の国債は、世界中にばら撒かれていて、どこが
どれだけ保有しているか、、なんてもう分からない状態に
なっていると思うので、今後は、ちょくちょくこういう
ニュースが飛び交うかもしれません。



ただ、米証券大手MFグローバルの破綻時の資産規模は
410億ドル(約3兆2千億円)で、米史上8位らしく、

それだけの企業が破産したにもかかわらず、
市場に与えるインパクトはそこまで大きくなかったので、
今の世界の市場がそれほど強いという事をあらわしている
のかもしれません。



ファンダメンタルで良いニュースが飛び交っているのに、
相場が下落し続けることもあります。


投資家が、まだ問題は眠っているだろう、、と言って
警戒している時です。



一方で、今回みたいにファンダメンタルで悪いニュースが
飛び交っているのに、相場が下げない時もあります。


それは、相場が強い時です。


だからと言って即、株を買おう!というわけでは
決してないですが、1つの環境要因としては
認識しておくのはいいです。



株を買っていく時というのは、相場に優位性が現れている時です。



そして、相場から撤退して行く時は?

相場の優位性が解消された時、あるいは優位性が否定された時です。

解消された時は利食いになり、否定された時は損切りです。


昨日の株相場は、昼過ぎまでは上昇しました。

おそらく、日銀の介入によってエネルギーが膨らんだから
ではないかと思いますが、その短期的に膨らんで行くエネルギー
を優位性として捉えて売買する場合は、解消された昼過ぎには
利食いしていかなければいけない、という事です。



どういう優位性(エネルギー)を捕まえていくか?

によって、売買の時間、戦略、手法は変わってきますが、
トレンドという大きく長く続くエネルギーを優位性として
捉えていく場合は、トレンドが転換するまで長く大きく
利益にして行くことができます。



米証券大手MFグローバルが経営破綻 の影響による
短期的な下落では利食いする必要も、損切りする必要もない、
という事です。


まだまだ、時間をかけて膨らんで行くトレンドのエネルギーを
捕まえて年末年始にかけて大きく利益を上げて行きたい!

という方は、トレンドについて深く深く理解し、
トレンドの優位性を捕まえていくトレード手法を
身に着けていきましょう。

下記のページから、トレンドを長く、大きく捕まえていく
サイクル理論の優位性 について知ることができます。



posted by ラッシュ at 17:04| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欧州債務危機が再燃 NY株続落、297ドル安 

ニューヨーク証券取引所.jpg 1日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落し、前日比297・05ドル安の1万1657・96ドルで取引を終えた。

 欧州の債務危機への懸念が再び高まり、2日間で573ドルの下げ幅を記録した。

 アジアに続いて欧州の主要市場も急落しており、世界的な株安連鎖傾向が強まった。

 ギリシャのパパンドレウ首相が10月31日、欧州諸国が前週に合意した支援策を受け入れるかどうかの国民投票を実施する意向を表明。

 危機対策の実現が不透明となり、いったん収束したとみられていた欧州問題が再燃。JPモルガン・チェースなど金融株を中心に幅広く売られた。


PR
//////////////////////////
無料で儲かる!と大反響!!

自信の証明!推奨銘柄⇒只今【無料配信中】
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U3EL6+6KYXFM+1MAW+NWJXV
多くの皆様から圧倒的支持!選ばれるにはワケがある!!

▼最近の常勝実績▼
サニックス(4651) 22日⇒【190.0%】達成!
クルーズ(2138)  16日⇒【167.1%】達成!

確かな満足度で多くの利益を!次はあなたの番です!!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1U3EL6+6KYXFM+1MAW+NWJXV

//////////////////////////

ラベル:NY株 債務危機
posted by ラッシュ at 07:00| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。