2011年10月27日

マネックス証券 相場概況 2011年10月27日(木)

相場概況

日本株、大幅反発 ユーロ包括案合意で日経平均8,900円台回復

日経平均            8,926.54 (△178.07)
日経225先物         8,920 (△190 )
TOPIX            762.79 (△ 16.31)
単純平均             215.73 (△ 2.88)
東証二部指数           2,103.42 (△ 6.78)
日経ジャスダック平均       1,173.55 (△ 4.25)
東証マザーズ指数         398.48 (△ 1.47)
東証一部
値上がり銘柄数         1,283銘柄
値下がり銘柄数          291銘柄
変わらず             78銘柄
比較できず            13銘柄
騰落レシオ           95.24%  △10.23%
売買高            18億0533万株(概算)
売買代金        1兆1179億1600万円(概算)
時価総額          262兆0500億円(概算)
為替(15時)          75.99円/米ドル

◆市況概況◆

昨日の米国株式市場は反発となりました。ドイツ議会が欧州金融安定基金(EFSF)
の実質的拡大を承認したことや航空機大手ボーイングの好決算を材料に、ダウ平
均は朝から大幅反発で始まりました。ギリシャ債の損失負担を巡りEUと民間金融
機関との調整が難航していることを嫌気して一時マイナスに転じる場面もありま
したが、EU首脳会議で欧州債務問題が収束に向けて前進するとの期待から買い戻
され引けにかけて一段高で取引を終えました。この日発表された耐久財受注や新
築住宅販売件数などが市場の予想を上回ったことなども市場心理を改善させまし
た。

本日の日本株は大幅に反発しました。朝方は米国株高を受けて小高く始まりまし
たが、買い一巡後は伸び悩みました。日経平均は8,800円の大台にあと1円届かず、
上げ幅を縮小、前日比マイナス圏に沈みました。「ああ、やっぱり今日も寄り付
きと反対の動きだ」と思いましたが、午後からは風景が一変しました。長い協議
の末にユーロ圏首脳会議が欧州債務問題に関する「包括戦略」で合意したと伝わ
り安心感が広がりました。日銀が金融政策決定会合で資産買い入れ基金の拡大を
決定しましたが相場の反応は限定的。むしろ上場投資信託(ETF)の増額を見送っ
たことが嫌気された面もありましたが、買いの勢いは途切れませんでした。日経
平均は取引終盤にかけて一段高となり、8,900円台に乗せて高値引けとなりました。
終値での8,900円台回復は9月2日以来、実に約2カ月ぶりのことです。東証1部の
売買代金は1兆円台を回復。こちらは10月14日以来約半月ぶりとなります。

欧州債務問題の収束期待とは、すなわち金融システム不安の後退のこと。株式市
場では当然のように金融株が軒並み高。久しぶりに大手銀行株が売買代金ランキ
ングの上位に並び、野村HD(8604)の株価は7.7%、東京海上HD(8766)の株価は
6.8%の急伸。海運、商社など資源関連の景気敏感株も大きく値上がりしました。
欧州債務問題とは関係ないところではバンナム(7832)、スクエニ(9684)など
ゲーム関連が好業績期待から買われ急伸しました。

売買代金、上昇率ともにそれらを凌駕したのはオリンパス(7733)。社長交替と
買収の経緯などについて開いた記者会見を受けて株価は23%もの急騰を演じまし
た。しかし、外部の調査がすべて出揃ったわけでもなく、未だに真相はすべて解
明されたわけではありません。たまりにたまっていた売り玉の「買戻しに過ぎな
い」とはまさにこのことでしょう。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

◆東証一部値上がり・値下がり・売買代金ランキング◆
http://mail.monex.co.jp/?4_132800_223502_10

◆世界の主要経済指標発表スケジュール◆
http://mail.monex.co.jp/?4_132800_223502_11

◆個別銘柄◆ 提供:(株)T&Cフィナンシャルリサーチ
6967 新電工 563 -43
大幅安 円高の影響などで上期決算が下振れ。

6702 富士通 425 +11
3日続伸 国内サービス事業堅調などで上期営業利益が上振れ。

9501 東電 306 -14
4日ぶりに反落 今12.3期の単独最終損益は5800億円程度の赤字見通し。

4204 積水化 623 +2
上げに転じる 通期予想をコンセンサス上回る水準へ上方修正。

7518 ネットワン 203,000 +8,800
後場堅調 受注好調で通期予想を上方修正。

7832 バンナムHD 1,150 +96
急伸 トイホビー事業の好調で今期予想を引き上げ。

5214 日電硝 758 -58
大幅安 販売減少などで上期決算が下振れ。
posted by ラッシュ at 19:43| Comment(0) | マネックスメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FX】EUサミット合意で楽観相場継続か?

昨日行われたEUサミットでギリシャ国債を保有
している銀行を救済していく資本増強計画で合意が
取れたという事で、大きなパニックはおきませんでした。


ニューヨークダウも大幅上昇となり、ますます
トレンドを強めて行くのか?と言ったところです。



多くのトレーダーは、こういったマーケットに
インパクトを与えるイベントをとても意識して
トレードをしている人もいますが、



実際、デイトレード等、日々の小さい値動きを
利益に変えていくトレードスタイルの人の場合、
気になるところではあると思いますが、


あくまでも自分のトレードスタイルを崩さないこと、
これが一番大事なので、そこだけは押さえておいてください。





今の時期は、各通貨市場においてトレンドの
優位性が効いている状況ですので、“トレンドは
継続する”という性質の上、利益を伸ばせる
時間となっています。



今の時間にトレードで利益を上げて行くためには、
トレンドの優位性がどこまで続くか?その優位性が
解消されるポイントを見ていくことです。


そこが利食いポイントになります。

そして、トレンドの優位性が否定されるポイント、
それが損切りポイントになります。


それらの基準を持っていれば、トレンドの
優位性が続いている限り、その流れに乗って
利益を伸ばすことができます。




明日、お届けするウェブセミナーでは、
トレンド相場に乗って行くために、相場環境が
変わるポイント(転換ポイント)を捉える方法
についてお伝えします。



もし、まだ参加登録されていない、としたら
下記のページから参加登録しておいてください。








ラベル:ギリシャ国債
posted by ラッシュ at 19:38| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。