2011年10月21日

【FX】ファンダメンタル分析から乖離が起き始めている?

多くのトレーダーが今年の相場に苦しんでいるところ
ではありますので、ぜひとも一度ここは立ち止まって考えて
ほしいのですが、2週間前と今とでファンダメンタル的に
大きく変化はありましたでしょうか?



なぜ、2週間か?というと、約2週間ほど前から、
株も為替も商品市場もダウンの流れからアップに
変わり始めてきているからです。(今のところは)


ギリシャは今も、暴動が続いているそうです。
公務員が仕事をしなくなって、町はごみであふれかえって
いるようです。


タイやベトナムでは洪水の被害が大きく経済への
ダメージも大きいようですし、


格差デモは世界82カ国、951都市まで広がり、
米国のウォール街などを中心に都市の多くで逮捕者や
負傷者が出ているそうです。



それでも、相場は今までのような下げ方はしないで
上昇相場へ、、、という方向に向いて動こうとして
いるようです。


なぜか?という説明をするのは簡単なことではないのですが、
相場の原理、原則を1つお伝えしておきます。



    楽観相場は、、、悲観相場の中から始まる。
  そして、その流れはやがて止められないほど大きくなる


というものです。




つまり、市場というのは、アップすればダウンして、
ダウンすれば、またアップするという性質がありますが、


多くの人が悲観が続いていると感じている中からトレンド
というものは静かに始まり、そしてやがて手がつけられなく
なるくらい大きく成長して行くものなんです。



まだまだ世界の状態は、良くないから、、、円高相場は
まだまだ続く、、とか、欧州問題がもう少し良くなってから、
相場に入ろう、、、と言っていたら、


いつの間にかトレンド相場が出ていて、乗るには遅すぎた、、、、
という状況になってしまうんです。


だからファンダメンタル分析は難しいんです。


相場全体を支配している一方で、相場とは
ファンダメンタルから乖離した動きをいつも
形成するからです。



市場のエネルギーが変わり始めている中、
テクニカル分析によってトレードを組み立てて、
相場の優位性を掴んで行きたい方はセーフリッチFX
プログラムに参加してください。

『松下誠のゆったり投資道FX』

posted by ラッシュ at 21:07| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。