2011年09月26日

【株】ドローダウンを減らす3つの方法

昨日は、[動画]利益を安定させる方法というタイトルで
2つのエッジ(優位性)を活用して利益を上げて行く方法
について話した動画をお送りさせて頂きました。



まだご覧になられていない方はご覧ください。

http://123direct.info/tracking/cr/D5Ap3NcW/98875/4395598



上記の動画で話している内容は、野川徹さんが提唱
して下さっているドローダウンを軽減させて安定して
利益を上げる3つの方法の中の1つの

“市場を分散する方法”についてでです。


それ以外の2つの方法とは、、

“戦略の分散”と“時間の分散” です。


“戦略の分散”とは、1つの戦略で売買していた場合、
利益が上がる時間帯と損失の時間帯(ドローダウン)
があるため、

別の戦略で、一方の損失の時間帯をカバーするという方法です。



そして“時間の分散”とは、例えば、日足の時間軸で
トレードをしながら、より短い時間軸(4時間足や30分分足、
15分足等)でトレードをして行く事で、ドローダウンを
埋めようとする方法です。


どちらの方法も、それなりに技術が必要となってくるため、
3つの中では一番カンタンな“市場の分散”について
お伝えさせて頂きました。



何故、プロトレーダーは、相場が悪くても、毎年、
毎年、安定的に利益を上げて行く事が出来るか?


その1つの秘訣は、、、この3つの分散のうちの
1つもしくは、もしくは2つ(出来る人は3つ全部)
を実施しているから、というのもあります。


野川徹さんは、ドローダウンを軽減させられるなら、
2つの戦略のうち一方は年間を通じて±0でも構わない、
という事もおっしゃられていました。


ただ利益を上げるだけじゃなく、一定以下に資金を
減らす事が許されないプロの投資家だからこそ言える
厳しい言葉でした。



1つの戦略も確立できていないうちから2つの
戦略に分散する事は出来ません。


だけど、市場を分散する事に限って言えば、
始めていく事は可能です。


市場の分散をして行く事がどれほどの優位性を持つのか?
動画をまだご覧になられていない方はご覧になっておいてください。

http://123direct.info/tracking/cr/D5Ap3NcW/98875/4395598






posted by ラッシュ at 20:31| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FX】リスク市場が続くか?

FOMCの会合以降、世界中で一気に逆流(市場から資金が撤退)する動きが
おきてきています。


ドル安からドル高へ(有事の際のドル買い)

豪ドル安

円高


そして、世界中で株式市場は急落

商品市場も下落

と言った動きです。



この動きは、欧州が3ヶ月の延長策、そして米国が短期から長期へという国債の
シフト(ツイストオペ)等、場当たり的な対策をしているために起きているようです。


下記の動画でお伝えしている環境になってきたのか?
と言ったところです。

http://123direct.info/tracking/cr/4yzKWWLO/99061/898105


先月に、ガイトナー米財務長官の講演が行われたときに、
FOMCの会合を2日間に延長するという締めくくりをした事で、
公演中、下落していた株価が急回復となり、陽線引けで終了、、、

という事態がありました。


その際に、メルマガでは、まさに

「期待で買って、現実で売る」といった事態になるのでは
ないか、というようにお伝えしましたが、まさにその通りの
展開になりました。


FOMCへの期待が大きかっただけに、QE3が行われなかったという事、
対策が弱かった事、欧州のつぎはぎだらけ、その場しのぎの政策も手伝って
リスク回避の急落の動きになりました。


不安で投資できない、、という思い、、、

米ドル高が起きているのに、それでも円高が回復しない、、という事に
不安やイライラを感じている人も多いかもしれませんが、


今が、程度の差こそあれリーマンショック、ギリシャ危機などと同じ状況で
あると理解して、受け入れていくしかありません。


2011年は散々な相場だ!というように嘆く方もいるようですが、
忘れてはいけないのは、その反面、2011年はなんとも利益を上げやすい、
分かりやすい相場だ、と思っている方もいるという事です。






世界情勢は確かに厳しい事態が続いていますが、投資家として
利益を上げていくという点にたっては、別問題だからです。


相場の動きにしっかりと対処できる人は、、、今の値動きの中、
相場から利益を上げて行きます。


リスク相場か、リスク回避相場か?

という二社択一でトレンドが形成されるのであれば、
トレンドフォロー系のトレード手法は比較的マッチしやすく、
利益も上げやすいです。


多くの人が不安な気持ちになりやすいのは、経済ニュースを
見過ぎているからです。(影響されすぎている)


経済ニュースを見る事が悪いとは思いませんが、
必要以上に意識をし過ぎてもよい結果にはなりません。


あくまでも自分の投資ありきで、1つの外的要因程度の
位置づけで、とらえて行く事です。


リスク市場が続くか?
というのは、投資家として受ければ、実はそれほど大きな問題ではありません。


なぜなら、市場がリスク状態であれ、あまり影響なくトレードできる
通貨ペアもありますし、リスク市場のトレンドに乗って利益を上げて
行く事もできるからです。

そして、リスク市場からリスク回避市場に切り替わる際のトレンドに
乗って利益を上げて行く事もできるからです。


すべてはどういう投資戦略、どういう投資法を確立して
どう実践していくか?にかかっています。


自分の戦略を持たない、、、

自分の投資法を持たない、、、という方は、しっかりと自分の
投資戦略、投資法を確立して行きましょう。





posted by ラッシュ at 20:28| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。