2011年09月07日

相場概況 日本株、反発 日経平均は4日ぶりに反発し8,700円台を回復

日経平均            8,763.41 (△172.84)
日経225先物         8,780 (△170 )
TOPIX            753.63 (△ 12.43)
単純平均             217.12 (△ 3.09)
東証二部指数          2,149.05 (△ 17.7)
日経ジャスダック平均      1,210.73 (△ 6.43)
東証マザーズ指数          431.23 (△ 1.59)
東証一部
値上がり銘柄数         1,185銘柄
値下がり銘柄数          342銘柄
変わらず             123銘柄
比較できず            0銘柄
騰落レシオ           90.75%  △10.17%
売買高            17億5971万株(概算)
売買代金        1兆1098億7100万円(概算)
時価総額          259兆0033億円(概算)
為替(15時)          77.18円/米ドル

◆市況概況◆

三連休明けとなった昨日の米国株式市場は3日続落。欧州債務懸念が根強くダ
ウ平均は一時300ドル超値下がりする場面もありました。しかしISM非製造業景
況感指数が市場の予想に反して改善を見せたことも支えとなり、取引終盤にか
けて下げ幅を縮小して取引を終えました。

本日の日本株市場は円相場の反落を好感し買い先行で始まりました。日経平均
は寄り付きから8,700円台を回復、終日堅調に推移し午後にはアジア株市場の
全面高も追い風となって上げ幅を拡大しました。日銀は金融政策決定会合で追
加の金融緩和策を見送りましたが株式市場の反応は限定的でした。東証1部の
売買代金は約1兆1千億円と低調でした。

トヨタ(7203)、コマツ(6301)、ファナック(6954)など自動車や機械、電
機など主力の輸出関連株が軒並み反発。昨日は大きく売られた野村HD(8604)
が値を戻したこともあって証券株も業種別値上がり率の上位に入りました。外
資系証券が投資判断を引き上げた海運も買われました。圧巻は売買代金トップ
となったグリー(3632)と4位のディーエヌエー(2432)のソーシャル・ゲー
ム関連。グリーは13%超、ディーエヌエーは8%近い急伸となりました。

4日ぶりに反発した日本株ですが、商いは盛り上がりませんでした。週後半に
かけて欧米で重要な政策絡みのイベントが続くことから、円安を機に売り方の
買戻しで上げた相場であったという印象です。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆

◆東証一部値上がり・値下がり・売買代金ランキング◆
http://mail.monex.co.jp/?4_126494_223724_8

◆世界の主要経済指標発表スケジュール◆
http://mail.monex.co.jp/?4_126494_223724_9

----------------------------------------------------------------
-------
◆個別銘柄◆ 提供:(株)T&Cフィナンシャルリサーチ

9501 東電 390 +6
小高い 原子力損害賠償支援機構への出資金の内訳が明らかに。

9640 セゾン情 1,140 +150
ストップ高 エフィッシモ社が大規模買い付け行為の可能性。

4661 OLC 7,800 +30
上値重い 地震リスク対応で500億円調達。

9684 スクエニHD 1,550 -15
小安い JPモルガンが「Neutral」へ引き下げ。

3265 ヒューリック 930 +104
急騰 FTSEインデックスへの新規採用を受けて。

9104 商船三井 316 +12
3日ぶり反発 クレディ・スイスが新規「OUTPERFORM」。

3632 グリー 2,614 +305
急伸 三菱UFJMSが「Outperform」へ引き上げ。

タグ:相場概況
posted by ラッシュ at 20:02| Comment(0) | マネックスメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。