2011年09月22日

【株】米国、FOMCの会合でツイストオペ打ち出す

昨日は、FOMCの2日間にわたる会合が行われて
いましたが、結果は下記のようになりました。


============================
 [ニューヨーク 21日 ロイター] 米連邦準備理事会
(FRB)は21日発表した連邦公開市場委員会(FOMC)
声明で、総額4000億ドルの追加措置を打ち出した。

保有する短期国債を売却し、長期国債を買い入れる。

----中略---

 米連邦準備理事会(FRB)は今回の措置で時間稼ぎが
できるが、大きな景気支援効果は期待できないとみている。
============================


多くの方が気にかけていたQE3の実施はなかったという事で、
ニューヨークダウは284ドル安となりました。


またその影響を受けてか(今のところ、それほど受けて
いないみたいですが)日本株も下落スタートとなりました。


米国のデフォルト危機の際に取り決めである緊縮財政の事や、
インフレリスク、またギリシャ問題の事もある事から、お金を
ばら撒く景気刺激策は難しいようです。


さて、このような状況の中ではありますが、
トレードをして行く上では、どうか?


ですが、結局はエネルギーの問題です。


何度も言って来ている事ですが、収縮している時間も
あれば膨らんで行く時間もあり、今がどちらの時間か?

という事だけです。


ニューヨークダウの収縮期間が長いように感じるかも
知れませんが、それはニューヨークダウの週足を見れば
明らかですが、決して長くはありません。


むしろ適正な収縮であり、適正な調整の範囲内にあります。


このままいつまでもずーっと収縮し続けるか?
というとそれは決してそんなことはありません。



景気が低迷して、どうしようもない時期が長く続くほど、
お金は増えるところ、増やしてくれるところに集まります。


世界中の富裕層のお金はヘッジファンドや、
あらゆる投資商品に投入され、また機関投資家の資金
なんかも増えるために動かざるを得ません。


こういったお金は止まっていられないんです。

そういう大きな資金が増えるところを求めて動き続ける
以上、相場はまたエネルギーを膨らませて行きますし、
トレンドは発生します。



今は、膨らんでいたエネエルギーが収縮しているため、
どうしても持ち合ったり、トレンドが定まりにくかったり
しますが、相場の原理、原則そのものが変わってしまった
訳ではないんです。


昨夜に、“株で利益を上げるトレードルールの作り方”
というウェブセミナーを開催しましたが、トレードルール
というのは、まさにその相場のエネルギーの膨らみと
収縮を利益に変えていくためのものです。


つまり、市場がちゃんと原理、原則に沿って動き続ける限り
トレードルールに沿って行動していれば、利益を上げる事が
出来る、と言う事です。


今の株価、今の株の値動きだけに囚われるのではなく、
過去と今と未来の値動きの流れから今やるべきこと、
今の相場を見て行かなければいけません。



今が相場の収縮期間だという事がちゃんと理解すれば、
いずれ膨らむ時間が訪れる事が分かります。

そして、そのタイミングがいつくるかは問題ではなく、
そのタイミングが来たときにしっかりとトレンドに
乗って行く事、これが投資家のあるべき姿です。


相場がダメな時期が続くと、株価のチェックを怠る、、、
トレード日記をつけるのを止める、、、相場から離れて
いく、、、という事をされていると、エネルギーが膨らんで
来ているときに、利益にする事は出来ません。


しっかりと株相場のエネルギーの推移に注目して行きましょう。




タグ:FOMC
posted by ラッシュ at 14:03| Comment(1) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

マネックス証券 相場概況 2011年9月21日(水)

日本株、重要イベントを控え様子見姿勢が強まる

日経平均            8,741.16 (△19.92)
日経225先物         8,680 (△30 )
TOPIX            757.13 (△ 2.09)
単純平均             216.77 (▼ 0.44)
東証二部指数           2,146.89 (△ 3.32)
日経ジャスダック平均       1,191.45 (▼ 1.72)
東証マザーズ指数         405.34 (▼ 6.17)
東証一部
値上がり銘柄数          556銘柄
値下がり銘柄数          942銘柄
変わらず             164銘柄
比較できず            4銘柄
騰落レシオ           98.04%  ▼ 3.88%
売買高            14億4201万株(概算)
売買代金         9558億2800万円(概算)
時価総額          260兆4825億円(概算)
為替(15時)          76.36円/米ドル

◆市況概況◆

昨日の米国市場では、FOMC(米連邦公開市場委員会)での追加緩和決定への期待
やギリシャ問題の進展への期待などから、ダウ平均が一時150ドル近く上昇し
ました。ただ、これらの材料は投資家の間でも見方が分かれており持続的な買
い材料とはならず、終盤にかけて上昇幅を縮小、結局、終値は前日とほぼ変わ
らない水準となりました。一方、ハイテク株主体のナスダック総合株価指数は
0.8%の下落で、ハイテク株の軟調が目立つ展開でした。

本日の日本市場も、FOMCの結果公表を控えて、市場全体としては朝方から方向
感に乏しい展開となりました。日経平均は4円安で寄り付くと、前場は前日終
値を挟んだ展開が続きました。これまで売りが目立った精密株が堅調で相場を
下支え。後場に入ると、中国株を中心にアジア株が大きく上昇、これも支援材
料となり、重要イベントを控えて積極的に買い進みにくい状況ながら小高く推
移しました。

業種別には、精密が東証33業種で上昇率トップ。その他にも、機械や電機など
の輸出関連株が買われました。一方、最近、輸出関連株からの資金の逃避先と
しての色合いが強まっているゲーム関連は軟調。グリー(3632)が商いを伴っ
て6%超の下落となったほか、ディーエヌエー(2432)も3%超下落しました。
一見すると、内需のゲーム関連から輸出関連株に資金が集まったようにも見え
ますが、市場全体の売買の動向はまちまちで、リスクオンの動きというよりは、
閑散相場に売りなしといった相場格言の方が似合う展開となりました。

本日の日本市場はFOMCの結果公表を日本時間の明日未明に控えて昨日に引き続
き東証1部の売買代金が1兆円を下回る薄商いでした。バーナンキFRB議長が追
加緩和策を話し合うと明言している今回のFOMCでは、FRBの保有する短期の国
債をより長期の国債に振り換える「オペレーション・ツイスト」が決定される
との見方が大勢ですが、より踏み込んだ緩和策を期待する向きもみられます。
明日の日本市場ではFOMCの結果を受けた米国市場の動向が材料となるでしょう。

マネックス証券 フィナンシャル・インテリジェンス部


◆個別銘柄◆ 提供:(株)T&Cフィナンシャルリサーチ

7203 トヨタ 2,672 -13
小安い 台風15号の影響で夜の操業を中止に。

4763 クリーク&リバ 16,310 +3,000
ストップ高 中国でテレビ通販事業に参入と報道。

7915 日写印 852 -6
続落 いちよしが「C」へ引き下げ。

4571 ナノキャリア 22,250 +760
堅調 タンパク医薬デリバリーに関する物質特許が成立。

5909 コロナ 1,363 +61
4日続伸 冬場の節電対策を意識。

7262 ダイハツ 1,380 +65
大幅高 クレディ・スイスが「OUTPERFORM」を再強調。

4974 タカラバイオ 425 +17
堅調 上期最終黒字の見込みに転換。




posted by ラッシュ at 20:19| Comment(0) | マネックスメール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

【株】年末までは安心か?

16日に、米国のガイトナー財務長官が特別参加して、
ユーロ圏財務相会合が開かれました。


=====================================================

 【ウロツワフ(ポーランド南西部)=瀬能繁】欧州連合(EU)
のユーロ圏財務相会合が16日に開かれ、ギリシャの債務危機を
きっかけにした欧州域内の信用不安に対処するため、ギリシャが
財政赤字の削減などの約束を着実に実行することを条件に融資を
続ける方針で一致した。ギリシャのデフォルト(債務不履行)の
回避に全力を挙げるとともに、金融支援策の具体化を急ぐ構えだ。

 ユーロ圏17カ国の財務相会合は16日午前(日本時間16日夕)
から始まった。この後、非ユーロ圏も加わりEU27カ国の
非公式財務相会合を開く。ガイトナー米財務長官が特別参加
する異例の会合となった。
 日米欧の主要中央銀行は15日、欧州の債務不安を受け民間
銀行のドル調達を支援するため、10月から年末を越す期間
約3カ月のドル資金を無制限に供給することで合意した。

日本経済新聞

=====================================================

今回の会合で、10月から年末を超す期間、約3カ月の
ドル資金を無制限に供給とある事からも、3カ月の間は、
欧州の民間銀行はやり抜ける、という事がはっきりしました。


市場は、、というと、この会合前から期待の上昇が
先行して、会合が開かれた後にも、そのまま引き継いで
いるような値動きとなっています。



3カ月の間は大丈夫、、だけど、その後はどうだろうか?
という事が頭をよぎるかも知れませんが、長期的な見通し
というのは、見て行くのが難しいところではあります。


ギリシャの短期国債が年率で100%を超えている
事からも、1年以内にはギリシャが完全崩壊するのではないか、
という事が想像できますが、こればかりは、異例の措置が
取られたりする事もあるので、安易な予想はしない方が
いいでしょう。


分かっている事は、、、相場が上昇局面に入るか
可能性が高くなってきているという事です。


これはニュースがどうか、ではなく、この1ヵ月以上の
世界中の株相場の動きを見ていても、下げ止まりつつある、
という事、そしてニューヨークダウについてはもみ合い
ながらも安値を切り上げているからです。



3カ月先は分からないんだったら怖くて買えない、、

ではなく、不安材料がたくさんあったとしても、
目の前にある相場がアップトレンドを形成しているなら、
それは買いで利益を上げて行けるという事です。


今週、水曜日(21日)には、不安材料があったとしても、
目の前にある相場がアップトレンドを形成しているならしっかりと
買って利益を上げて行く方法についてお伝えするウェブセミナーを
開催して行きます。



下記から参加登録する事が出来ますので、
年末にかけての相場で利益を上げて行きたい!
という方はぜひご参加ください。



posted by ラッシュ at 06:55| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。