2011年08月18日

【株】それは投資とは言わない

このまま大きな悲観ニュースが飛び込んでこなければ、
米国のデフォルト危機から発生している下落相場は、
リーマンショックのようなパニック相場には発展せずに
またもとの流れに戻ってくるのではないか?

と言った感じです。



ここから上昇相場が形成されていくか?

というのは、今のところはまだ分からない事ですが、
もし、あなたが高値で株を買って塩漬けしていて、
新たな売買に当てる資金もないから、ただただ
回復を待つだけ、


という状況になっているとしたら、
その投資を続けている限り株で利益を上げるのは
難しいと言わざるを得ません。


なぜなら、それはトレードとは言わないからです。

また、残念ながら投資でもありません。


トレードとは、株価の成長というよりも、値動きそのものに
価値を置き、株価の値動きを利益に変えて行くものです。

それに対して、投資というのは、安い株が将来高くなる
だろうという、その将来性に投資して、その銘柄が成長する
事で利益を得て行く、そういうものです。


高値で買ってしまって塩漬けしてしまっている、
というのは値動きを取って行くトレードにはなりませんし、
安く買って高くなって行く将来性に掛ける投資でもない、

という事になります。



いやいや、将来的に上がっていくには、その途中に
下落する事も当然ある事だし、一時的に安くなったから
と言って、評価損を抱えたまま待っていたとしても、
それは問題ないのではないか?


というように思うかもしれませんし、確かにそれは
一部ではその通りなのですが、問題なのは、高値掴みをして
評価損を抱えている投資家の人たちの多くは、


いつ、その評価損を抱えている銘柄に見切りをつけるの?

という事に答えを持っていない事です。



“上がってくるまでとことん待つ”


という人もいるかもしれませんが、それでは
よっぽどの資産家でない限り持ちません。


他に上がって行く銘柄がある以上、やはりどこかで
見切りをつけて(損切り)別の銘柄を買って行く、
という事をして行かなければいけません。



それが、この株に掛けたから、とことんまで付き合う、
ダメな時のことは考えない、では投資にはならないんです。


いつも高値掴みをしてしまう、というのは必ず
そのトレード手法のどこかに問題があります。


その問題を解決しようとしないまま、株を買って損をしてしまう、、
というのは、それは投資とは言わないんです。

もし、あなたがいつも高値掴みをしてしまう。

あるいは、株を買っても売り時が分からないから
塩漬けしてしまう、、、

という状況に陥ってしまっているとしたら、下記の動画を
ご覧になっておいてください。



何をどう変えれば、高値掴みをしなくなるのか?
という事が動画をご覧頂ければ分かるようになっています。

http://123direct.info/tracking/cr/ufjpdtNM/96551/4395598





posted by ラッシュ at 06:04| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。