2011年08月24日

【株】QE3(量的緩和第3弾)がカギを握るのか?

今、日本の株価、および世界各国の株価の動向を
握っているのは、間違いなく米国の株価の行方、つまりは
ニューヨークダウという事になってきますが、

その株価が今後、どうなっていくか?という点において
重要なカギを握っているのが、QE3(量的緩和第3弾)
という見方が強いです。


そして、QE3が行われるかどうか?
というのが世界に発信される日が直近で言えば、26日に
控えてあるバーナンキFRB議長の講演でという事になります。

昨日のニューヨークダウの上昇は、QE3の発動期待による
上昇だと言われていますが、26日の講演に向けて相場は
上昇して来るのかもしれません。


じゃあ、26日のバーナンキFRB議長は、
QE3を実施するのか?と言うと、大方の予想では
しないのではないか?

という事だそうです。


どういう結果になるか分からないから、26日までは
様子見か?というように思われる方も多いと思います。

確かに期待が市場と違えば、それは下落という形で
出てくるのかも知れませんが、自分の売買戦略、売買手法
で買いサインが出るなら、それは買って行くだけです。



QE3が発動してニューヨークが下落し、その影響が
日本株市場にもおよび、あなたが買っている個別銘柄に
まで影響して、損切りになってしまった。。。

となってしまってもいいんです。



あなたがルール通りに、株を買って、損切りにあって
しまったとしたら、それは成功のトレードです。


何の問題もありません。
(あなたがトレードで利益を上げて行く上で
何の弊害にもなっていません。)


ただし、そこで終わっていたらダメです。
それで終わっていたら、ただの損のトレード
という事になってしまいます。


大事な事は、あなたが自分のトレードルールに
よって買って、損をした後に、また買いサインが
出てきたとしたら、また買って行く事です。


これが最も大事なんです。


世の中に、勝率100%の投資法はありません。


だけど、勝率50%の投資法や勝率35%の
投資法ならたくさんあります。


勝率50%の投資法なら、数値通りに結果が出れば、
1回目のトライで損切りにあったら、2回目のトレード
で利益を上げる事が出来ます。



損切り、損切り、利益、利益と言うように出る事も
あるので、毎回、毎回、勝率通りに1回目が損切りだったら、
次のトレードでは利益、というようにはなりませんが、


それでも、1回損切りにあっても2回、3回と続けて
トライして行けば、成功トレードに当たり利益を上げて
行く事は出来ます。


大事な事は、一貫性を持って行動して行く事です。


1回目のトライで失敗したから、もう止めでもなく、

QE3が発動するかどうか?分からないから、
トレードルールでサインが出ても様子を見よう、、
と言ってサインを無視するわけでもなく、、、


売買戦略の条件がそろったら買って行く、

あるいは売って行く、、



これを徹底して行くのが、トレードです。

相場の未来は誰にも分からない、という大前提が
あるため、確かな指標を持って同じトレードをして
行くしかありません。


QE3が発動するかどうか?
気になる人は多いと思いますが、自分の売買戦略、
トレードルールによって行動して行きましょう。
posted by ラッシュ at 23:35| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月23日

【FX】なぜ、今、為替相場の動きが鈍いのか?

ユダヤ人の資産運用術


ドル/円が一時75円という史上最安値を形成したものの、
為替相場全体で動きの小さい展開が起きています。



皆、世界の通貨市場がどういう方向に流れて行くのか?
という事を様子見している状況のようです。


米国の株価が今後も下落していくのか?
それとも上昇に転じてくるのか?


という事もまだ方向感がはっきりと出ていない中、
どうトレードしていいか分からない、という方が多いから
とも言えます。


ただ、実は今の時間帯が値動きの小さい展開になって
しまっているのは、方向感が分からない、決めかねている
投資家が多いからというだけではありません。


今の時間帯は、中長期のサイクルの転換点付近にいる、
というのも、大きな要因でもあるんです。。


一番分かりやすい例で言えば、ドル/円です。


今、2007年夏のサブプライムショック以降ずーっと
円高トレンドです。


123円から75円まで、途中に何度か戻りを入れながらですが、
ずーっと継続的に下落し続けています。



このまましばらくは円高が続くか?それとも中長期サイクルの
転換が起きて円安トレンド(アップトレンド)に移行していくか?


という節目にいます。



ユーロ/フランや、ユーロ/豪ドルもポンド/豪ドル等も同様です。


時代の大きな流れが変わろうとしている時、
ひょいひょいとトレンド転換するものではありません。


じりじりと転換を疑わせるような動きが起きたり、
様子見で相場が横ばいに推移して行ったり、トレンドの
ない不安定な動きが発生したりします。



今の時間帯というのは、そういう時間帯なんです。

そして、カリスマトレーダーと呼ばれる天才や、大きな
利益を上げてそれまでの成績とは全く異なる結果を上げる
トレーダーがポツポツと出てくるのも今のような時期です。


一方で、大きな時間軸での大転換が行われようとしている
事に気づかないまま、なんとなくトレードをしていると、
最近の相場は一体どうしたんだ?


思うように相場が動いてくれないし、通貨を巡って世界で何が
起きているのか分からない、、、資金がどんどん減って行って
しまう、、と言ってフラストレーションを溜める日々を送らされて
しまいます。


色んなニュースサイトを気にして見てみたり、アナリストの
記事をたくさん読んでみたり、、色々として見るけど、答えが
どこにもない、、、と言って何をしていいか分からなくなって
しまいます。



まずは、今、時代の大転換付近にいるかもしれない、
という事を知る事です。



その上で、トレード戦略をどう展開していくか?
どう組み立てて、どう利益を上げて行くか?


という事を考えて行かなければいけません。


相場の大転換が起きている事をどうやって認識すればいいか?

相場の大転換が起きた時、どの通貨を買っていけばいいか?

どの市場でどういうトレードをして行くのか?


大きな相場の流れを理解する事です。


今後も上記で取り上げた銘柄等や、トレンドの大きな
転換についてはフォローして行きます。


大転換の中で、大きなチャンスを掴んで行きましょう。




posted by ラッシュ at 20:35| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【株】絶好のチャンス相場を掴む秘訣

今日は、相場のトレンドが反転して、株価が上昇した時に、
絶好の買いチャンスを掴んでいくための秘訣について
お伝えしようと思います。



はっきり言って相場の本質を突いたパワフルな方法です。

でも、おそらく多くの人が聞きたいとは
思わない内容だと思います。


絶好の買いチャンスを掴んでいくための秘訣、、、それは、、


“買ったら、直近の安値に損切りを置く事”

そして、


“損切りに引っかかったら、また同じポイントで買って行く事”


です。



これが大相場を利益に変える上でも、絶好の買いチャンス
を買って行く上でも一番の秘訣です。



いやいや、もっとこう、、、○○指標と○○指標が
重なった時とか、価格が何%下がっていて、このサインが
出たら間違いなく利益が取れる!とか、そういう情報
じゃないの?


って思うかもしれません。

確かに、そういうテクニック論もとても重要です。


トレンド相場を利益にして行くためには、
(それも毎回、同じポイントで)なくてはならないものです。



でも、どんなテクニカル指標も100%正しい、
という事はありません。



100%正しいわけではなかったら、必ずどこかに
損切りを置いておかなければ、資金がマイナスどこまで
いくか分からない、という状況になってしまいます。


だから損切りを必ず置いておく、これがまず1点です。



そして、もう1つの大事なポイント(ここからが大事)

損切りした後にチャンスがまた現れたら、
また乗って行くという事です。



1回、損切りにあったから、諦めて別の銘柄を探す、とか、
しばらくはトレードを休もう、、、という事をしていると、
いつまで経ってもトレードに安定感が産まれず、資金を
減らして行ってしまう事になります。


どのトレードルール、トレード手法であっても、
勝率100%の投資法がない限りは、1回、2回
損切りにあう事も当然あります。



損切りにあっても、またチャンスが出たら、
また乗って行く!


損切りにあっても、またチャンスが出たら、
また乗って行く!



これをしていくから、やがて、損切りを設定して
買ったら、そのままトレンドに乗って大きな利益に
なった、という事になります。



絶好の買い場というのは、1回、2回の損切りで
諦めていたら取れるものも取れません。


3回、4回、5回とチャレンジして行く事で
利益に変えて行く事が出来ます。
(自分のトレードルールの勝率に合わせて)


そしてトレンド相場で利益を伸ばして行くときに、
それまでの損切り分を回収して利益を上げます。



“買ったら、直近の安値に損切りを置く事”
そして、


“損切りに引っかかったら、また同じポイントで買って行く事”



シンプルで単純だけど利益を上げて行く上で、
とても大事な事です。そして、ほとんどの投資家が
出来ていない事でもあります。


相場の世界では利益を上げている人が少数で、
圧倒的大多数の人が負けています。


ほとんどの投資家が出来ていない事が出来るように
ならないと一部の利益を上げている人達の中に入る事は、
到底出来ません。



しっかりと利益を上げている人達がやっている事を
1つ1つやって行きましょう。






posted by ラッシュ at 06:03| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。