2011年07月31日

【株】同じ失敗を繰り返さない

今週中には米国の債務上限の引上げに合意されるだろう、、
という世界中の予想というか思惑に反して、未だ合意に
至っていません。



期限の8月2日まで営業日ベースで言えば、
残り2日となっているわけですが、もしかして8月2日を
過ぎても、実はデフォルトにはならないのか?

と思ってしまうような展開です。




とはいえ、私達の想像を超えた展開が
“目の前で起きるのが投資の世界”なので、万が一の事態
にもきっちりと準備はしておいた方が良さそうです。

米国がデフォルトするかどうか?
暴落相場が発生するかどうか?


そういう事が大事なのではありません。

暴落相場が起きても、起きなくてもまずは
資金を守る事、これが一番大事です。

(口を酸っぱくしていつも言っている事です。)



そして、パニック暴落が起きても起きなくても、
チャンス相場はやってきますし、目の前にチャンス相場が
展開された時に、その相場を捉えられるかどうか?


これが一番大事です。


2008年にリーマンショックが発生して大暴落が
あった時でも、2009年には絶好の買い場、
ビッグチャンスが到来しました。


それでも、多くの個人投資家は買えませんでした。

なぜなら、リーマンショックで大損してしまって、
とても買って行けるような精神状態ではなかったり、
実際に資金のほとんどを失って買うお金がなかった
からです。


でも、絶好の買い場はリーマンショック後に訪れました。



ギリシャのソブリンリスクの時も同じです。

ギリシャを発端としたソブリンリスクがユーロリスクに
拡大し、2010年5月頭に急落相場を形成し、そのまま
8月末までだらだらと下落トレンドが続きました。


多くの個人投資家は損をしてユーロリスクの暴落によって、
大きく損を重ねてしまいました。


それでも9月以降は、じりじりと上昇を開始して、
11月からは大きく上昇して行く上昇トレンドが発生しましたが、
その際にも、多くの個人投資家は上昇相場がやってくるとは思えずに、
また資金も大きく減らしてしまった事もあって、チャンスを
見逃してしまいました。



東日本大震災の時も同じです。。。


同じ失敗を繰り返していたのではいつまで経っても
利益を上げる事は出来ませんが、圧倒的に大多数の投資家は
同じ失敗、同じ間違いを繰り返してしまいます。



米国がデフォルトして暴落相場が来るかどうか?
本当にその時になるまで、はっきりした事は言えませんが、

暴落相場が来なくても、利益を上げられる、

暴落相場が起きてしまっても、利益を上げて行ける


そういう投資は可能です。




■トレードでよくある5つの勘違い




あなたは証券口座を使う上で、

以下のような勘違いをしていませんか?



□手数料が高すぎて継続できない



□大事なところでいつも約定しない



□海外株、金、外国債、S&Pなど複数マーケットに

 日本から投資するにはお金がかかる



□日本からは、Googleやディズニー株は買えない



□世界中のマーケットに参加するのは難しい







一つでもチェックが入るものがあれば、

このページでダウンロードできる、

『2011最新投資手法レポート』

が役に立つでしょう。



こちら




もしあなたが投資の収益アップに困ってるなら、

21ページに書かれている「手っ取り早く利益を上げる秘密」を

見てみることをお勧めします。



こちら



PS

あなたは証券口座はマーケットごとに必要だと思っていませんか?

残念。証券口座は市場単位ではなく、

個人投資家が世界中に資産を作る為のツールです。(無料レポートP3)



こちら




posted by ラッシュ at 08:48| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【FX】相場の世界はあり得ない事が目の前で起きる

いよいよ明日から世界中の相場が再び動き始めます。

8月2日(火曜日)以降に債務上限の引上げの合意が
なされていない場合、本当に暴落相場がやってくるのか?


意外にも、すぐにデフォルトに陥らず、相場も暴落という
ほどの値動きを形成しないかもしれません。


あるいは明日ギリギリに債務上限の引上げ合意となり、
最悪の事態を免れるのかもしれません。



どういう状況になるか、と言うのは実際は明日以降の
相場が動いてからしか誰にも分かりませんが、あらゆる
ケースに想定して準備だけはしておかなければいけません。


実際、相場の世界は、

“あり得ない事が目の前で起きる”

そういう世界です。



サブプライム、リーマンショックの時、ポンドが
半値近くまで下がる事を誰が予想できたでしょうか?

オーストラリアドルの価格が半分になると
誰が予想できたでしょうか?



誰もが、“まさかデフォルトにはしないだろう・・・”
と思い、先週中の合意があると思っていましたが、
実際には先週中には合意に至りませんでした。


来週、リーマンショックを超えるような暴落相場が
起きないという保証はどこにもありません。


もし、起きてしまったら、過去の状況からも日本中で
また多くの個人投資家が資金を失ってしまう事になります。



私は自らが投資家としてトレードで収益を得て行く
生活を送っていますが、それと同時に多くの方に
アドバイス、指導も行っています。


そういう立場にいると、やはりリーマンショックや
あらゆる暴落相場の度に日本中で損をしている投資家が
続出しているというのは、なんとも悲しい事です。


PS
暴落相場が起きた後にはチャンスは必ず来ます。
それでも、暴落相場で資金を失ってしまえば、チャンスを
掴むことは出来ません。まずは資金を守り、チャンスに
備えて行きましょう。







ラベル:FX
posted by ラッシュ at 08:40| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

【株】米国のデフォルトは現実にありえるのか?

億万長者になるための黄金の投資術


8月2日の期限を目前とした段階で、未だ債務上限の
引上げの合意に至っていない事から、昨日の
ニューヨークダウは大きく下落する事になり、
7月18日の直近安値を切って下落してきました。



当然の結果として、世界の株価指数も軒並み棒下げ
となってしまいました。


さすがに米国の不安材料の影響ですから、今日の
日本株市場も世界に比べて小さいですが下落となりました。


さすがに8月2日までに合意に至らない事はないだろう、
と思っていましたが、もしかしたら、、、ありえるのか?


と言うほど危機的状況のようです。



いつもメールやセミナー等で言ってきている事では
ありますが、起きてしまったら万事休す、という投資は
絶対にしてはいけません。



8月2日までに合意に至らなくても、世界の終りという
ほどの事態にはならない可能性もありますし、2日以降に
なって痛い目を見てから合意に至るという事になる
可能性だってあります。


投資家として大事な事は、


起きなかった場合の自分の行動の仕方を決めておく事

起きてしまった場合の自分の行動の仕方を決めておく事


この2つを今の時点でしっかりと決めておく事です。






ラベル:デフォルト
posted by ラッシュ at 15:26| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。