2011年05月14日

【FX】相場を支配しているのはファンダメンタル

東日本大地震によって急激な円高、そして円安という
アップダウンを繰り返しましたが、今、クロス円相場は
震災前の価格水準に来ています。

今後のトレンドどうなるでしょうか?

今週のクロス円相場は、円高方向に向かって下落していく
流れが起きていますが、3月以前のチャート図を見ていると、
フラン/円、豪ドル/円等一部の通貨は、震災前の価格帯よりも
高い値位置でまだ留まっていますが、それ以外の通貨では
震災前の価格帯に戻ってきている状態、、、というように
見る事が出来ます。


今の相場の状況を指して言うわけではないのですが、

“相場を支配しているのはファンダメンタルである”

という野川さんの言葉を今日はご紹介しようと思います。


ファンダメンタルとは、経済的要因や社会的要因が
裏付けとなって相場の価格が形成されているという
分析方法です。


それに対して、テクニカルとは、チャート図という
モノに代表される、日々の価格の値動きでトレードを
行っていく分析方法です。



私の投資の師匠である野川徹さんは、

“相場を支配しているのはファンダメンタルである”

という認識を持たれている一方で、ご自身は
(私の知る範囲では)テクニカルトレードを実施
されています。


人にはファンダメンタルと言いながら、
一方で自分だけテクニカルで儲けようとして、
言っている事とやっている事が違う、とか
そういう事ではありません。


テクニカルでトレードをする場合であっても、

“相場を支配しているのはファンダメンタルである”

という認識は持っておいた方がいい。
という事を言ってくれています。


そして、一般の個人投資家が個人でトレードをするのに、
ファンダメンタル分析を行っていくのはかなりしんどい事
だという事も同時にお伝えしてくれています。



何が言いたいのか?

というと、東日本大地震が起きた事で、実際に相場はひどく
乱高下しましたが、それは一時的な事で、落ち着いて来れば、
ファンダメンタルが刺す方向に向かって相場は収束して来る

という事です。






今、震災前の価格帯まで戻ってきている事は
それの1つの現れでもあります。


じゃあ、これからはどうなるのか?というと、
ファンダメンタル(経済的要因、社会的要因)も日々
変化して行きますので、相場は裏ではそういうモノを
反映しながら価格を形成して行くという事です。


そういう根本的認識を持った上で、私達は自分の
トレード戦略、トレード手法を一貫性を持って
やり続けていけばいいんです。


なぜなら相場は、ファンダメンタルによって支配されて
いる一方で、“いつも”行き過ぎるという特徴も持っている
からです。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



どういう事か?と言うと、価格の値動きの大筋は
ファンダメンタル通りに動くものの、投資家の心理によって
価格が形成されているため、実態と常にズレが生じるんです。



ファンダメンタル要因では上昇から下落に転じているのに、
相場参加者が過熱し過ぎている事で、しばらく上昇が続いた
後に下落に転じたり、あるいは、ファンダメンタル的には
問題ないレベルであっても、投資家心理的には大きな問題
と捉えられていて、下落して行く事もあります。


そして、テクニカル分析の強いところは、実態の価格の
値動きによって戦略を組み立てて行くため、その行過ぎ、
あるいは冷え込みに対応していく事が出来る事です。


ファンダメンタルの強味と弱みを理解して
テクニカルの強味と弱みを理解して


その上で、自分のトレードをして行くという事が
利益を上げて行くでとても大切です。


どうしても、テクニカルのみで、ファンダメンタルの
特徴を知らないままだと、突然の急落等が起きた時に、
『ファンダメンタルを知っておけば、、、』


と思って悔んでファンダメンタル分析もやらなければ、
いけないのかな?という気になってしまいますが、
それぞれの強みと弱みを理解して、自分に合った戦略を
実施していく事で、安定した精神状態でトレードを
して行く事が出来ます。


もし、今、あなたがテクニカルトレードだけで
投資をしていて、テクニカルだけでは不十分なのかな?


と思っているとしたら、

“相場を支配しているのはファンダメンタルである”


という前提を理解した上で、テクニカルだけで問題は
ないという事を知る事と、テクニカルで上手く行って
いない場合でも、テクニカルを追究していく事で
解決していく事が出来る事を知って下さい。



★ 株やFXで、「2億円」儲けたい方へ!

あなたが、「26歳で、株で20億円儲けた男」の、"投資の秘密"を見れる、最後のチャンス!

あなたも、90日で、投資で儲ける天才になれる! 「ir投資スクール」


posted by ラッシュ at 11:09| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

【株】夏の電力不足=株価下落?

浜岡原発の停止に伴って今年の夏は全国的に節電の
方向に動くようです。

電力を消費して経済活動を行ってる事からも、
節電によって株価に影響が起きるのか?


つい先日、浜岡原発が停止されたことで、今年の夏は
中部電力の電力不足を補う形で関西や、中国地方なども含め
全国的に省エネ、節電を行って行かなければいけない

という事になってきました。


危険な原発が停止された事はうれしい事ですが、
その反面、それによる代償を私達一人一人がしっかりと
受けなければいけない、と言った感じではないかと思います。


節電と言っても、電力使用量を半分に控えてなければいけない、
と言うレベルではないので、少し私達の生活の無駄な部分を
見つめ直して行くいい機会ではないか?

というように私自身は肯定的に受け止めています。



メディアは、『電力不足だ!大変だ!』

と言って騒ぎ立てて注目を集めようとする傾向があるので、
メディアに翻弄され過ぎずに、やれることをやっていきましょう。



以外に、生活を少し見直すだけで十分対応が出来て、
我慢もほとんどなく、むしろ電気代を下げる事が出来て良かった、

となれば、翌年以降も無駄に電力を消費せずに済ませられる
ようになりますし、ぜひ全国のみんなでトライして行きましょう。



さて、そろそろ株のメールなので、株の話をして行こうと
思いますが、ではそういう電力不足が日本経済にどのように
影響して、どのように株価に影響が出てしまうのか?


というと、どうなると思いますか?


今のところは誰にも分からないですね。

例えば、電力不足と言われながらも、全く問題なく
今年の夏を乗り越えられるとしたら、これと言った
影響は出ないかもしれません。


一方で、計画停電も上手く実施できなかった経緯からも、
見積もりが甘く、全国各地で停電、電力不足による経済の
停滞が起きる可能性もあります。



もう1つ可能性を言っておくと、全国的に停電等の影響が出ても、
株相場に対して、全然影響は出ない可能性もあります。


電力不足=経済が一時的に停滞=株価の下落

株の世界は、上のような図式が簡単に出来上がる
ような世界ではありません。

どういう世界か?と言うと、

“投資家の心理が反映された世界”です。



日本の株市場に投資している投資家の多くが
上がって行くと思えば、不安材料がたくさん
あっても上がって行きます。



電力不足=株価下落

ではなく、


電力不足=投資家が株を決済して行く=株価下落


です。


何度もお伝えしている事ですが、やはりなんらかの
分かりやすい情報が入ると、気になる方はいると思いますし、
投資の世界の大事な、大事な原則なので、繰り返しお伝え
しています。


もう1つ大事な事は、電力不足の影響によって
株価が下がって行っている(あるいは上がって行かない)と
しても、その下落を確認してから行動すればいいです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


予想して先回りして、先に空売りを仕掛けておこう
とせずに、下がったのを確認してから売ればいいです。



下がりもしていない株に対して『今年の夏は電力不足だから、
どうせ下がるだろう』と安易な予想で上昇している銘柄を
売ってしまうと、電力不足が影響せずに、そのままその銘柄が
アップトレンドを描いて行く可能性だって十分あります。


電力不足=株価下落


ではありません。

そして、電力不足が投資家の心理に影響を与えて、
株価が下落して行ったとしても、下落を確認してから
行動していくのでも対応していけるものです。
(時に急落して対応が遅れてしまう事もありますが)


メディアに翻弄されたり、過度に不安心理になりすぎる事なく、
事実をしっかりと捉えて、事実に沿って行動して行ってください。

ユダヤ人の資産運用術
posted by ラッシュ at 17:02| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

【FX】今の相場であわてふためく人

ギリシャ問題の再燃でユーロ、ポンドと言った通貨が
売られ、相場全体に影響を及ぼしています。

今、この値動きであなたは、どうすればいいか?
と慌てますか?

ゴールデンウィーク前の相場は、トレンドがきれいに形成
していましたが、今は、ギリシャ問題が再燃した事で、トレンド
転換が起き、ユーロ、ポンドを中心にヨーロッパ通貨が
売られる動きが起きています。


今、ヨーロッパ圏で何が起きているのか?
下記の記事をお読みください。



==========MSN 産経ニュース2011.5.9 より=================

 【ロンドン=木村正人】欧州単一通貨ユーロ圏(17カ国)の
財政問題で、ポルトガルへの金融支援が固まった矢先なのに、
今度はギリシャの再建計画が破(は)綻(たん)した。

ユーロ圏、欧州連合(EU)の財務相は16、17日、
ギリシャ問題を集中協議するが、軟着陸に失敗すれば、
スペインへの飛び火も懸念される。そんな中、中国が
財政危機国の国債を買い進めるなど、欧州での影響力を
拡大している。

 ギリシャが来年に予定する最大300億ユーロ
(約3兆4700億円)の国債償還が難しくなったため、
ギリシャとユーロ圏主要国、欧州中央銀行(ECB)の
トリシェ総裁、欧州委員会のレーン委員(経済・通貨担当)
は6日、ルクセンブルクで対策を協議した。

==========MSN 産経ニュース2011.5.9 より=================


去年のユーロリスクからわずか1年で、再びギリシャ問題が
再燃してきている事からも、ユーロリスクは終わっていない?

やっぱりユーロはダメなのか?

この先、相場が去年のように再び円高の流れになって、
しんどい時期が再来するのか?


相場参加者の多くは、慌てふためいている人達が
増えてきているようです。


この先、ギリシャ問題が収束せず、再び去年のような
ユーロリスクが再燃するかどうか?

というのは、現時点では分かりません。


さすがに今回の事態を収束させて行けなければ、
ユーロの信用不安は相当大きなモノになってしまう、
というのは個人的に想像できますが、、今の時点で
何かが確定したわけではありません。

様子は見守って行こうと思います。



中国が財政危機国の国債を買い進めるなど、
欧州での影響力を拡大している。

というのは、国債の利回り目的ではなく、政治的意図が
強いようですが、その話をすると長くなることと、この
メルマガの趣旨からは少し離れてしまうので、ここでは
控えさせて頂きますね。



大事な事は、ユーロリスクの可能性が再燃して、
ヨーロッパ通貨が上昇トレンドから下落トレンドに
変わろうとしている(可能性として)

という事です。



そして、今回のギリシャ問題の再燃に関わらず、
トレンドが転換した時(あるいはしようとしている時)、
毎回、『大変だ、大変だ!』と慌てふためいていては
いけないという事です。


今のユーロ、あるいはポンドの下落の流れの中で、
慌てふためかないためにはどうすればいいと思いますか?


何を知って、どういうトレードをして行けばいいと思いますか?


あるいは、今、この相場の流れについて慌てていない人は
どういう人だと思いますか?


トレードで長く(来年も、再来年もずっと)利益をあげて
行こうと思っているなら、その答えを知る事が大事です。


今の相場の値動きで慌てていない人は、


自分のトレード戦略が確立されている人

今のヨーロッパ通貨の下落の中でも利益が出ている人

3月16日以降の早い段階の安値で買っている人


です。



それに対して、今慌てている人は、

自分のトレード戦略が確立されていなくて、
その場その場の相場に場当たり的に対応している人

今のヨーロッパ通貨の下落の中で損をしている人

3月16日以降の早い段階の安値で買えていない人

です。



どうしたら利益を上げられるか?

という漠然とした質問をされる方はどうしても
多いですが、その概念から抜け出せない方はいつまで
経っても前に進めません。


3月16日以降の早い段階で買っていくためには
どうすればいいか?


たとえば、16日以降のボトム+10日移動平均線の
ゴールデンクロスで買っていくためには何を知って、
どういう戦略で臨めばいいか?


という事を考えていけるようにならなければ
いけないという事です。


私の場合は、サイクル理論という相場の波の
周期から判断して、相場のボトムからの反発を
買っていける戦略を持っています。


一方で、別のテクニカル指標、別の戦略でも、
ボトム付近で買っていくことができないわけでは
ありません。


今の相場で慌てないためには、それ以前に、
対策が打たれていないといけません。


今の相場を見て悩むのではなく、今の相場で悩まない
ための仕組みを自分のトレード戦略の中に持って
おかなければいけないんです。


どうすれば利益を上げられるか?

今、どういう対応をすればいいか?


その考え方からぜひ抜け出してください。

そして、戦略的にトレードを組み立てていける
ようになって行ってください。


その先に悩まないトレード、
自分のコントロール下にあるトレード
というものがあります。

posted by ラッシュ at 21:10| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。