2011年05月29日

株】社会の状勢に人は対応する⇒株価にも表れる

今年の夏の電力不足に、社会の様々な対策が出てきています。
こういう状況がまた株価の価格の推移に表れてきます。

昨日は、江崎からソフトバンク社長の孫正義さんの
自然エネルギー財団の構想について話がありました。

私達も出来る事からやって行く、
あるいは壁にぶち当たった時にも、
やれることはたくさんあって、模索して行く中で、
自ら壁を突破して行く事が出来るという事を
孫正義さん生き様から学んで行きましょう。


という提案でした。



今日は、そんな孫正義さんの行動や、今年の夏の
(もう地域によっては熱さ対策として始まっているみたいですが)
電力不足の対策として色んな企業、団体、個人等の様々な取組や
対策案が出てきている事が株価にとってもプラスである事
についてお伝えして行こうと思います。



まず、孫さんの構想によって、今の時点で必ずそうなる、
なんて事は言えませんが、1つの流れとして、
自然エネルギーをしっかりと見直して行こう!

という流れが社会の中に起こります。


管総理も、孫さんが発電電力量に占める自然エネルギーの割合を
30%に引き上げて行く事を目標に掲げているのには劣りますが、
2020年台の早い段階で20%まで引き上げて行くというように
言っているくらいなので、おそらくその流れは徐々に起きて
来ることになります。



そうすると、燃料電池や、風力発電、地熱発電、ソーラー、
ガスコージェネ等、ハイブリットカー等、様々な技術や分野に
資金が流れるようになり、

その関連機関、関連会社に対しても資金が流れるようになってきます。



今は日本の株価は、今後の日本経済が低迷期に入るのではないか?
という思いもあってか、少しゆっくりの値動き、上値の重い展開
になっていて、出口が見当たらない


と思っている人は多いですが、それでも、こういう切り口
(自然エネルギー)から全体の株価に良い影響が出てくる
という事が起きてくるんです。





また、こういう自然エネルギーの分野だけじゃなく、
様々な企業や団体、個人から出てくるアイデア、知恵として、
土日の休みを平日に移して、電力の使用量を分散して、
電力不足を効率良く使って補っていこうというモノがあります。


こういった動きは、今の社会の流れや、
あり方が変わっていく事になり、その動きが派生して
土日の混雑が緩和されて、サービス業の売上げ増につながって行く
など、株価にとっても様々なメリットの面も出てきます。



大地震で日本経済は大変な被害を受けた

電力不足もあって、節電、節電と言われ、企業活動が鈍くなる

=株価も下がる、あるいは低迷する


というだけだったら、誰でも考えられますが、
上がった株価が下がるように、
下がった株価もまた上がるんです。


そしてそれは、こういった今の社会に合わせた(必要な)
動きが日本全国の各地から沸き起こって行くからです。


そうやって、戦後、
何もなかった日本は急成長を遂げてきましたし、
私達の生活する社会は成り立っています。



中でも孫正義さんの生き様、行動は本当に感動するものですが、
また、そういう孫正義さんの行動に感化された人が
日本全国に出てくる事で、益々日本はまた回復して行くと思います。

それが人の活動であり、人の活動が反映されたものが
株価チャートです。


あれだけの震災を経験したんですから、
一時的に低迷する事はあるでしょう。


でも、いつまでも低迷しているわけではありません。
株で儲けたい!株の世界で利益を上げて行きたい!


というように思われるのであれば、
気持ちの上で出遅れていてはいけません。


しっかりと時間が経つにつれ、
少しずつ具体化される日本の社会の回復、
そして株価の値動きにしっかりと注目して行って
一緒に上昇して行きましょう。




posted by ラッシュ at 21:11| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

【株】“完璧主義”は投資に向かない

日本株市場は持ち合い相場からの再度高値ブレイクなるか?
あるいはダウントレンド入りか?

ゴールデンウィーク前には、高値ブレイクで
アップトレンドを形成していくか?と思われた相場ですが、
明けて見れば、ダウン続きで再び持ち合いレンジの日経平均、
225という状況です。


同調するように、個別銘柄も横ばい展開をするものが
多くなってきています。


理由はギリシャ問題再燃によって去年の下落相場が
再来するのか?という懸念が出てきている事もあってか、
相場全体が迷っている、あるいは悲観しているような
値動きになってきています。



今後どういう値動きが展開されるのか?
おそらく上がるだろう!という安易な予想で
売買するのではなく、


相場から迷いが消え、トレンドが形成されてきている時に、
行動していく、というスタンスでトレードをしていく
くらいが丁度いいです。



一方、予想で行動する事と同じくらい良くない行動
パターンもあります。


そして、多くの人は、残念ながら
この行動パターンになってしまっています。


それは、どういう行動パターンか?と言うと、
“すべてが分かってから行動して行く”という行動パターンです。


タイトルにあるように“完璧主義”というのが
それに当たります。


上がるのか下がるのか分からない相場の世界なだけに、
できるだけ不明確なところでトレードをしたくない、
不確かなところで売買して“お金を損したくない”
と思うのは自然な事です。

そのためどうしても“確かなポイント”だけで、
売買しようとしてしまう傾向があります。


でも、“確かなポイントでしかトレードしたくない”
あるいは“すべてが分かってからでないと怖くて買えない”
というようでは残念ながら投資の世界でやっていくのは
無理です。


なぜなら、相場の世界に確実に上がるとか、確実に下落する
と言った“確かなポイント”というのはないからです。

相場の世界にあるのは、
上昇に投資家の集団心理が傾いているポイント、
あるいは下落に投資家の集団心理が傾いているポイント

という“傾き”だけです。


完璧な、あるいは出来るだけリスクの少ないポイントを
探すあまり、絶好のポイントを見逃す、あるいはトレンドの
終り付近のリスクが高くなってきているポイントで売買
して損をしてしまう人が多いです。



安易な予想で売買するのもリスクですが、

あまりに完璧主義で、確実なところだけを狙っていくのも
またリスクは高いんです。


相場の世界に確かなモノはありません。
唯一、これが“答え”というモノもありません。


それでも、いつも利益を上げて、稼いでいる勝ち組
トレーダーという人達がいるのは、相場の傾きをしっかりと
見て行き、優位性の傾くポイントで売買して行けば利益を
上げていく事が出来る世界だからです。


気が付けば、人は完璧なポイントを探してしまいます。
“損をしたくない”という思いを消す事が出来ない以上、
それはどうしても無意識にやってしまうモノです。


だから意識的に、相場の優位性が傾くポイントで売買
して行けるようにトレードをルール化して、ルール化された
モノを武器にして実行して行かなければいけないんです。


それが出来る人が勝ち組トレーダーとして、毎月は無理でも、
毎年、毎年利益を上げて行く事が出来るようになります。


相場の優位性が傾くポイントで確実に行動して行けるように、
トレードルールを作って行きましょう。
posted by ラッシュ at 20:05| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

【株】自転車の練習と投資

上がれば下がり、下がれば上がりながら横ばいの展開を
している日経平均株価、再び上昇、上放れはあるのか?

昨日は3カ月に1度のトレンドを利益に変えて
行こうと思ったら、まずは3カ月に1度のチャンス相場が
どういいモノかを知る事、そして低迷相場が続いていても、
3カ月はしっかりと待つ心構え、準備が必要という事を
お伝えしました。


そして、実際、多くの投資家の方々は、この“待つ”という
行為が出来ないため、半年、1年と3カ月以上投資をして
いるのに、3カ月に1度のチャンス相場等を見逃して利益を
上げそこなっている、という事をお伝えしました。



毎日、利益を上げて行きたい!
1週間経った時、1週間前よりも資産が増えた状態に
しておきたい!という思いを少し押さえて、チャンス相場
にフォーカスする、という事が出来るようになれば、
3カ月に1度や、あるいは1ヵ月に1度くらいのペースで
訪れるチャンスを捉えて、利益を上げて行けるようになります。


ぜひ、そういう事を認識して行きましょう。



さて、株相場もまだまだ停滞期の中にいる事ですから、
さらにさらに今日は、3カ月に1度のチャンスを掴んで
いくために大事な事についてお伝えして行きます。


一言お断りをしておきますと、3カ月に1度のチャンスに
こだわっているわけではないです。3週間〜4週間程度に
1度くらい訪れる小さい波でもいいのですが、何にしても、
そういう定期的に訪れるチャンス相場を掴むために
大事な事です。



それは、子供の頃に自転車に乗れるようになるまで
練習した原理とまったく同じです。


まず自分がつかみたいチャンスが3週間〜4週間に
1度現れるような波なのか、3カ月に1度の波なのか?


それとも1年に1度くらいのペースで訪れる
チャンス相場なのか?それはどのチャンスであっても
いいのですが、そのチャンスをつかみたいのであれば、
1度や2度の失敗(損切り)で諦めずに、
チャンスをつかむまで続けます。


そうすると、チャンスを掴んで利益を上げる事が
出来るようになります。


任天堂目標株価10万円無料レポート公開中
今後の任天堂株を投資判断!http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1O9IJT+9K4YBM+GM2+C465V

多くの人は、チャンスをつかむ前に諦めてしまって
別の方法、別のチャンスを探そう!としたりしてしまいますが、

それは、子供が自転車に乗れなくて、自転車に乗るのを
諦めているのと同じ事です。


でも、おそらくあなたが子どもの時は、
自転車に乗れなかったとしても乗れるまで練習を続けて
乗れるようになったと思いますし、ご自身のお子さんにも、
『自転車に乗れるまで、頑張って練習しよう』という
ように言っているはずです。


それと同じことを投資の世界でするだけなんです。
3カ月に1度のチャンス、3週間に1度のチャンスを
掴むために、損切りを繰り返してもやり続けていれば
乗れるようになるんです。



私達は子供の時に出来ていた事であっても、
いつの間にか、大人になって

『失敗したらどうしよう』とか、
『お金が半分になったらどうしよう』

とか、色んな事を考えるようになったりする事で、
逆に出来なくなってしまったりもします。



出来るまでやる!

精神論みたいに聞こえるかもしれませんが、
とてもとても大切な事です。


私達は、子供から大人になるまでに、
何でも失敗せずに1回で何でも出来てきたわけ
ではないはずです。


何度も失敗を繰り返しながら、出来るように
なってきたはずです。


それを投資の世界でも繰り返していく事で、
3カ月に1度のチャンスや1年に1度のチャンス
なんかも、1度掴む事ができ、2度掴むこともでき、
と言って利益を上げられるようになっていきます。


“失敗を恐れずにやる”

“成功する(チャンスをつかむ)までやる”



とても大切な事です。

ぜひ子供の頃、余計な事を考え過ぎずに
目の前の事に集中して、なんでもやって来れた
事を思い出して、チャンスを掴めるように
なって言って下さい。


短期株式投資で有効的に資産運用、中長期株式投資でじっくり財産形成

あなたにあった投資スタイルをご提供します



posted by ラッシュ at 11:13| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。