2011年04月27日

【株】人の意見では儲けられるようにはならない

アナリストの意見を見ながら投資をする個人投資家は
たくさんいます。でも残念ながらそういう方々の多くは、
致命的なミスをしてしまっています。

その致命的なミスとは?



おはようございます
松下です。



株価は、トレンドを失い、持ち合い相場として
横ばいの展開を続けています。

こういう相場の時には、この先相場は上がるのか?
あるいは下がるのか?という事で、たくさんのアナリスト
が株価の今後の展開について記事を書きます。


そして、株雑誌や、株の情報サイト等に
記事が掲載されます。



震災後の株の展開について、たくさんのアナリスト
の方々が見通しを出されています。

記事の中には確かに参考になる情報等はあると思います。



ただ多くの個人投資家にとって、アナリスト等が
出している相場の展望はあまり役に立っていません。


例えば、今日、誰かアナリストの意見をサイト上で
見たり、雑誌を読んで知ったら、『ふんふんなるほど。』



というようには思われるかもしれませんが、

昨日、あるいは先週、他の誰か別のアナリストの展望の
記事を見ていたとしてももう忘れていると思います。



そして、来週には、今日読んだアナリストの記事も
忘れてしまって、また来週のアナリストの記事を読んで
『今週の株価はどうなるか?』

という事をしてしまっています。


それで株の世界でやって行けると思いますか?


投資の世界は日々、価格を連続的につけている世界で、
過去の相場があるから、今の相場が形成され、そして
未来の相場へ繋がって行きます。


それなのに、過去の相場の世界を忘れてしまい、
今の意見、今のアナリストの記事だけを見て、
投資をしようとしても、到底利益を上げる
トレードを作る事なんて出来ないんです。


アナリストの記事を読む前に自分の戦略を!!


まず自分ありきです。

これから株価が上がるかどうか?よりも何よりも、
自分の投資戦略は一体どういう戦略なのか?


デイトレなのか?

数日間のスイングトレードなのか?

数週間から数か月の中長期トレンドフォローなのか?


どういう値幅、どういう相場を利益にして行こうと
しているのか?


どういう相場環境の時に利益を上げていく事が出来る
投資手法なのか?


そういう事を作り上げておく必要があります。


自分の中に、揺るがない芯を作っておけば、
アナリストからの記事も、1つの参考材料として
受け止める事が出来ます。


そして、自分の投資戦略に肉付けしていく事も出来ます。


でも、自分の中に、曲がりようのない芯がない状態で、
人の意見をたくさん取り入れようとすると、振り回されて
しまうだけです。


ぜひ自分の投資戦略、投資手法をまずは確立して行きましょう。





posted by ラッシュ at 05:42| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

投資収入を上げるもう1つの方法

私達が投資、あるいは資産運用で収入を上げて行こうと
思った時、投資スキルを磨いて利益を上げる以外に
もう1つ方法があります。

その方法とは?

私達がこれからの時代において安心、あるいは
安定を得て行こうと思った時、労働による収入以外に、
なんらかの投資収入を得ていく事というのは
必須になってきていると思います。


でも、一方で株投資、あるいはFX投資などの
投資の世界で毎年、毎年安定した投資収益を得ていく
事が出来るのは、簡単な事ではありません。




株やFX投資の世界で、利益を上げて行く事が
出来なかったとしたら、その他に方法がないのか?
と言うと、実はもう1つ投資収益を上げる方法があります。


それは、金融リテラシー(金融に関する知識)を高めて、
時代の恩恵を受けて資産を増やす方法です。



この方法は、自分自身の投資スキルを必要としません。

自分で、これから上昇して行く銘柄を見つけて投資してみたり、
上昇して行くベストなタイミングで株を買ったり、売ったりする
と言ったが出来なくてもいいんです。


その代わり、必要なのは金融商品のリスクとリターンを見抜く
判断力と、優れた金融商品にアクセスする方法を知る必要があります。



なぜ、この方法が時代の恩恵を受けた投資法と言えるのか?

と言うと、今の時代は、昔と違って、誰でも優れた
金融商品にアクセスする事が出来る時代だからです。



昔は、金融リテラシーが高かったとしても、まとまった
資産がなかったり、人脈とか、ツテがなければ、優れた
金融商品にアクセスする事ができませんでした。


それが、今では、高い金融リテラシーさえ身についていれば、
誰もが優れた金融商品にアクセスする事が出来る時代になって
来たからです。



金融リテラシーが低ければ、グローバルソブリン
(毎月分配型)のようなミドルリスク・ローリターンの
金融商品で資産を運用してみたり、


あるいは、ハイリスクの金融商品をローリスクと
勘違いして大金を投じてしまったりしてしまいます。


結果として、大きな損失を出してしまったり、
思うように資産が増えなかったりします。



でも、高い金融リテラシーを身につけていれば、
ローリスク・ミドルリターン、あるいはミドルリスク・
ハイリターンの金融商品、あるいはそういう世界を
見つけて投資する事が出来ます。



そして、ここからが大事な事ですが、

自分の投資技術を高めて投資収入を上げていく事に比べて、
高い金融リテラシーを身につけて、時代の恩恵を受けた
投資収益を上げる事の方が簡単だという事です。



これは、ご自身で株投資、あるいはFX投資等を
されたことがある方なら分かりますが、

相場の世界、勝負の世界で勝ち続けて行こうと思うなら、
知識だけでは無理です。


高い投資知識だけじゃなく、メンタルコントロール力、
そして、恐怖に立ち向かう行動力、資金を管理して行く
管理能力等、様々なスキルが必要になってきます。



それに対して、時代の恩恵を受けた投資、あるいは資産運用法は、
どの金融商品が自分の資産を増やしてくれるのか?


またその時のリスクはどういうモノがあるか?
と言った事を理解するだけでいいからです。


自分で買ったり、売ったりするわけではないので、
状況を見極めていく優れた判断力であったり、
恐怖に立ち向かう行動力は必要としません。



どの金融商品が自分の資産を増やしてくれるのか?

またその時のリスクはどういうモノがあるか?


これらをしっかりと見極めて行けばいいだけです。


もし、あなたが、株やFXと言った投資の世界で
利益を上げていく事が出来ない、


あるいは、利益を上げていく事はそれなりに出来るけど、
毎年安定して上げていく事ができる自信があるか?


と言われれば、それだけの自信がない、
という事であれば、下記のページにアクセスして下さい。

相場暴落の恐怖と無縁に!【上野式サヤ取り教室】無料メルマガ登録


優れた投資技術を必要としない、金融リテラシ―を
高めて行く方法について情報を得る事が出来ます。





posted by ラッシュ at 01:10| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今こそ、将来の安心を作るための行動をしよう!

震災の影響で、まだまだまともな生活が出来ず、
電力の消費の節約、買い占めは止めようという事で、
消費行動も制限された状態ではありますが、


そんな中でも、多くの人の気持ちは、前向きであり、
とにかく復興して行こう!前に進んで行こう!という事で、
復興に対しては全力投球で進められています。



日本赤十字を通じて義援金を寄付していく事で、
個人では所得控除、法人の場合でも損金扱いで控除を
受ける事が出来ます。

余裕がある方は個人で、あるいは会社に提案する等して、
寄付金をどんどん送っていきましょう。

http://www.jrc.or.jp/contribution/l3/Vcms3_00002069.html




そして、今のように大変な時期だからこそ、将来の
ご自身の生活、あるいは将来のプランについて、
深く考えてみてください。


今だから出来る事

今から取り組む事で、あとになって取り組み始める事
よりも、選択肢が広がる、可能性が広がる事はたくさん
あります。



下記のページから国内で普通の生活を送りながら、
海外で資産を増やす方法について語られている無料レポート、
そして、セミナー情報を入手する事が出来ます。
こちらから



日本に何かがあった時にも、自分の資産の一部が
海外で守られている、あるいは、海外で運用されて
毎年、毎年着実に増えて行っている


という状態を作っておく事は将来の自分の生活において
とても大きな安心になります。


ぜひ、サイトをチェックしておいてください。
こちらから



posted by ラッシュ at 01:00| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。