2011年01月07日

■無料ビデオ:億万長者のマーケティングの秘密

もしあなたが経営者もしくは起業家なら、
この無料ビデオを見逃さないように注意してください。

何故なら、
「億万長者メーカー」と呼ばれる、
ダンケネディによる、4つの無料ビデオを公開しているからです。

http://123direct.info/tracking/af/315914/iwWuHzS8/

このダンケネディにはいくつもの顔があり、
著者としては10冊以上の本を出版、そのうち9冊は日本語版もでています。

マーケティング・コンサルタントとしては、32年のキャリアをもち、
年商数千万円〜数億円規模の会社から
数千億円規模のクライアントを育てています。
(その中の一社はTV通販で世界No1になりました)

現在のコンサルティングフィーは1日128万円。
コーチングプログラムは年間320万円。
コピーライティングプロジェクトは1000万円+ロイヤリティ。
非常に高額なフィーをチャージしているのにもかかわらず、
全てキャンセル待ちの状態がずっと続いているのです。

そんな「億万長者メーカー」と呼ばれる彼の
「マーケティングの秘密」を4つの無料ビデオで公開しています。

http://123direct.info/tracking/af/315914/iwWuHzS8/

この無料ビデオのほんの一部を紹介すると、、、

・あなたは、ビジネスパートナーと話をする時に、技術について話していませんか?残念。
 お金持ちになる人は6分18秒で語られている事をビジネスパートナーと話しています。
・なぜ売るものがあるのに、ビジネスにならないのか?その答えが分かります
・セミナーで接触すべき相手の見分け方
・多くの経営者が陥る事業をスタートするときの間違いとは?(7分23秒)
・あなたは技術ばかりを磨いていませんか?あなたがすべき、
 技術を磨くよりも大切な仕事が8分37秒目に語られています
・社長の仕事とは何か?の明確な答えが分かります
・社長、起業家に必要な重要なミッションとは?

などなど

この無料ビデオを見るには、以下のページにメールアドレスを入力してください。

http://123direct.info/tracking/af/315914/iwWuHzS8/

すぐに、無料ビデオへのアクセス情報をメールで送ります。



ダン・ケネディの秘密を特別公開

posted by ラッシュ at 15:33| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユダヤ人大富豪の資産運用術

昨日のメール講座
「海外で資産運用する際のリスク」

の中で、日本に居ながら、海外で資産運用をする事は、


日本の常識が通用しない事も当然ある、というリスク


トラブルがあった場合、日本語でサポートが受けられますが、
自分の責任で解決はして行かなければいけない等、

それなりにリスクがあるという事についてお伝えしました。


もちろん、それらのリスクを回避、あるいは
コントロールする方法はありますが、

“国家の運命と個人(家族)の運命を切り離して考える”


という事は、今の日本においてメリットは大きいですが、、
反対に“デメリットもある”という事はしっかりと認識して
おかなければいけないという事です。


ユダヤ人は、2000年もの間、国を追われてきた民族
という悲劇の歴史があるため、生きるために仕方なく、
国家と自分の運命を分けて考えてきましたが、


これから私達が、国を追われたわけではないけれども、
進んで、分けて考えて行こうと思った場合、そこに
生じるリスクについては、しっかりと見ておかなければ
いけないと言う事です。



はい、そんなところで、昨日は海外の資産運用プランに
日本に居ながら実施する際のリスクについて触れましたが、

今日は反対に日本に住みながら“海外で資産管理、
資産運用をしない”という事、それがすでに大きなリスク
だという事について、動画でお伝えしておこうと思います。


日本がこのまま行けば破綻するのではないか?
というぐらい危機的状況にある、という事について、
財務省が出している公式データを元に解説しています。


残念ながら、すでに“日本はもう安全で豊かな国”
ではなくなってきているんです。


『日本の財政破たんリスクについて』

http://123direct.info/tracking/cr/54Nnp6tT/81701/8314920



江崎孝彦


PS
この衝撃の解説動画をご覧になれば、いかに自分達が
今すでにリスキーな状態か?という事を知る事が出来ます。


posted by ラッシュ at 11:14| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

ユダヤ人大富豪の資産運用術

“ユダヤ人大富豪の資産運用術”第7回

「海外で資産運用する際のリスク」


おはようございます
江崎です。



昨日、第6回のメール講座
「日本に住みながら、お金を運用する優れた方法はあるのか?」
の中で、海外で資産運用をする事が今ではとても敷居が低くなって
来ていて、日本語のサポートを受けながら簡単にできるというお話、

そして、すでに開始しいている人が毎年何万人という
単位でいるという事実をお届けさせて頂いたところ、


「ぜひやりたい!」

「どこにアクセスすれば、年間で15%以上のリターンを
上げるところにアクセスする事が出来るのか?」

「どうすれば開始する事が出来るのか?」

という質問を多数頂きました。



また「怪しくないですか?」

とか

「私をだまして、何かを売りつけたりしようと
思っていませんか?」


と言った懐疑的な質問も頂きました。



海外で資産運用をするプランについてはご紹介するつもり
ではありませんが、売りつけてやろうというつもりは全然ない
ので、その点はご安心下さい。


と同時に、その“警戒心”はとても重要なのでぜひ持ち続けて下さい。
(その理由は、今日お話しする事で分かって頂けます。)


「ぜひやりたい!」
という声に対しては、もちろん、その気持ちは分かりますし、
ちゃんと大事な事を伝えきった後には、海外で資産運用をして、

“国家の運命と個人(家族)の運命を切り離して考える”


という事を実践していく方法をお伝えして行きます。



だけど、それまでにはちゃんと、知らなければいけない事が
まだあるので、そのことについて先にお伝えして行こうと思います。


それが、今日の講座

「海外で資産運用する際のリスク」

についてです。




これまでにユダヤ人の教えとして、


“自分の頭で考える”

という事と、

“国家の運命と個人(家族)の運命を切り離して考える”


についてあらゆる場面でお伝えしてきました。


この教えは、過酷な生活を強制されてきたユダヤ人だからこそ、
生きていくために生まれた知恵なんですが、


それを私達が実施して行くにあたって、受け入れて
おかなければいけない大事な事もあります。


“国家の運命と個人(家族)の運命を切り離して考える”


という事は、つまり国家の力を借りない、という事ですから、
自分でリスクを負わなければいけないという事です。


そして、海外で資産運用をする、という事は日本の常識が
通用しない事も当然ある、という事実を前提条件として
受け入れておかなければいけないという事でもあります。


海外で資産運用をしていてトラブルがあった場合、
日本語でサポートが受けられますが、自分の責任で
解決はして行かなければいけません。


そして、もう1つ大事な事実ですが、そういった
自分ですべてのリスクを負わなければいけない海外での
資産運用の性質を利用したサギ事件も実際に起きています。


残念ながら、そのほとんどが日本のブローカー(仲介業者)
を装ったモノです。


海外の投資商品、資産運用プランと偽ってお金をだまし
取る日本の悪徳業者は、実際にたくさんあるんです。


だから、そういうモノに引っかかって大事な資産を失わない
ためにも、最低限の知識であったり、海外投資の仕組みに
ついて、しっかり理解を深めておかなければ海外での
資産運用は出来ないんです。



私達、日本に住む者が、ささやかな幸せを送るのに
必要な1億2000万円を手にするために


資産を増やすための3原則である、、、

1、元本を大きく

2、利回りを高く

3、手数料は安い


を達成しなければいけないのも事実です。


(国内の資産運用プランは、どれも軒並み、利回り低く、
手数料が高いモノばかりだから)



でも一方で、海外で資産運用をする、


“国家の運命と個人(家族)の運命を切り離して考える”

という事は、悪徳業者に引っかからないようにする事、

そして“日本の常識が通用しない”という事を受け入れておく事、


そして資産運用プランは低リスクで進められるモノですが、
それでも“リスクはある”という事実を理解しておかなければ
いけないという事です。



これまでのメール講座では、


金融と言う分野において私達が耳を傾けるべきユダヤ人の教え、

資産を手にするために必要な3つの原則

私達がささやかな幸せを手にするために必要な資産額

そして、それを達成するためには、海外での資産運用を
導入して行かなければいけない事


についてお伝えしてきましたが、
私達にとって一番大事な事は今日お伝えしたリスクです。


“リスクが自分の頭で判断出来ないモノには近づかない”


という考え方がとても大切になってくるのが
海外での資産運用をする際の鉄則です。


たとえリターンが年間で50%以上とか、
100%以上と言った魅力的なモノであっても、
何故、それだけのハイリターンを確保する事が出来るのか?


その資産運用プランの説明を受けても、自分がどうしても
理解出来ない、というモノなら、近づくべきではありません。

サギの可能性があるからです。


ですから、実践して行く時は、

1、ちゃんと理解出来るモノに限定する事。

2、最低限の知識武装をしっかりとしておく事。

3、リスクの回避、コントロールの仕方を身につけておく事

この3つは海外で資産を運用しようと思った時、
最低限のルールとして持っておいてください。


それでは今日はここまでにします。

海外で運用しようとしたときのリスクを回避、
コントロールする方法については、後のメール講座で
お伝えして行きます。


ー江崎孝彦


PS
“リスクが自分の頭で判断出来ないモノには近づかない”
これは、自己責任の投資、資産運用の世界では鉄則です。

海外で運用するならなおさらです。

ぜひハイリターンの資産運用プランだからと言って、
理解もしていないのに、簡単に乗っかって行くなんて事は
しないで下さいね。


============================================================
セーフリッチ“ユダヤ人の資産運用法”講座

タグ:資産運用
posted by ラッシュ at 14:14| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。