2011年01月09日

ユダヤ人大富豪の資産運用法 セーフリッチ

「26歳で、株資産20億円を作った男!」の投資スクール



『海外で資産を運用する方法と、その際に
出てくるリスクの回避方法』


おはようございます
江崎です。


はい、昨日の講座では、

『何かを始めるリスクと、何もしないリスクの質の違い』


という事で、海外で資産運用するという事などの場合は、
リスクをコントロールする事が出来るのに、何もしない事で
発生してしまうリスクは、取り返しがつかないぐらい
危険な事だという事についてお伝えしました。



そして、何もしないリスクを何かを始めるリスクに
置き換えてコントロールしていく事がとても大事な事
だという事についてお伝えしました。



今日は、、、、いよいよ資産運用するための
具体的な方法、そしてリスクの回避方法について
動画でお伝えして行きたいと思います。



動画『海外で資産を運用する方法と、
  その際に出てくるリスクの回避方法』

http://123direct.info/tracking/cr/DE4GqF0P/81705/8314920


についてお伝えして行きます。



江崎孝彦


PS
リスクの回避方法についてしっかりと理解する事は
とても大切な事なので、しっかりとご覧になって下さい。

posted by ラッシュ at 10:42| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「引き寄せの法則」の基本知識

※*:;;;※;;;:*※*:;;;※;;;:*※*:;;※;;;:*※*:;;※

  夢をかなえる「引き寄せの法則」

※*:;;;※;;;:*※*:;;;※;;;:*※*:;;※;;;:*※*:;;※

*☆*──*☆*──*☆*──*☆*──*☆*
  「引き寄せの法則」の基本知識
*☆*──*☆*──*☆*──*☆*──*☆*

「引き寄せの法則」が多くの偉人によってその実在性が認識され、

そして、うまく利用すれば、多大な恩恵が与えられるというお話をしました。

 
じゃあやってみようかって、ちょっと思ってきましたよね。
 

ではこのあたりで、まず、「引き寄せの法則」を

上手に活用するための手順の解説に入りたいのですが、


その前に、引き寄せの法則に関する基本知識について補足しておきましょう。



何事もそうですが、何かを活用するためには、

まずそれに関する基本知識が必要で

電デジカメでも消火器でも、

まず簡単な知識がないと扱えませんよね。


それと同じで、ここで基本知識と呼んでいるのは、

引き寄せの法則で、

心がそのあり方にふさわしいものを引き寄せると、いう際の

「心」に関するもので、

これまで明確にはしてきませんでしたが、

実は心には二つの側面があるのです。



*潜在意識 

大脳皮質を含む全脳に格納された情報のうち、

通常は顕在化していない情報により形成される意識。

また、自律神経をコントロールする意識や人類共通の無意識とされる。
    

「集合的無意識」も潜在意識に含まれるという説がある。⇔(顕在)意識。

意識(顕在意識)と潜在意識*(無意識)の二つです。
 


どちらも心なのですが、

意識と潜在意識とでは、どちらのほうが大きいかご存知ですか?



記憶できる情報量から言って、

潜在意識のほうが圧倒的に大きいと言われています。



一説によると、潜在意識は、意識より10万倍以上も大きいとのことです。
 

:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:
夢をかなえる「引き寄せの法則」バイブル
P34より

夢をかなえる「引き寄せの法則」バイブル―引き寄せ力up!即効マニュアル

新品価格
¥1,260から
(2011/1/9 08:20時点)



:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:-・:+:



以上、原 祐子がお届けしました。 

posted by ラッシュ at 08:34| Comment(0) | 株レモン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

ユダヤ人大富豪の資産運用法 セーフリッチ [support@safe-rich.jp]

『何かを始めるリスクと、何もしないリスクの質の違い』



おはようございます
江崎です。



昨日は、日本の財政状況が今、かなり危機的状況に
なっているという事に財務省のデータに基づいて
解説させて頂きました。


もうご覧になりましたか?

もしまだご覧になっていないとしたら、
ご覧になっておいてください。

下記のリンクから手に入れる事が出来ます。

http://123direct.info/tracking/cr/54Nnp6tT/81702/8314920



日本の財政状況に関する動画をご覧になられたとしたら、
日本に住み、日本にすべての財産を置いて日々、生活を
送るという事がどれだけリスキーな事か?

という事が少しは分かって頂けたのではないかと思います。



私は何も着色はしていません。

財務省が出しているデータやOECDなど出展が
明らかなデータ、そしてギリシャで実際に起きていた
報道、映像等を引っ張ってきて、分かりやすく
まとめただけです。



あなたも、なんとなく日本が、このまま行くと
ヤバイんじゃないかな〜、というぐらいの感覚は持って
いるんじゃないかと思います。



多分、日本に住む人のほとんどが、なんとなくこのままだと
日本はヤバイんと思う、政治や経済の報道なんかを見ていると、
どこかで何か抜本的な対策を打たないとまずいのではないか、
と言う感覚は持たれていると思います。


だけど、何をやればいいのか分からないし、、、

考えても答えが出ないから、なんとなく日々が過ぎていく、、、

そして、今のところは、何にも起きていない、、、

だからOKかな。


という感じじゃないかと思います。



でも、ちょっと想像して欲しいんですが、
ギリシャに住むギリシャ国民の人達も同じような
感覚を持っていたと思いませんか?


『自分の国が破たんするから、なんとかしなければ、、、!』

『とにかく、財産を海外に移さねば!!』とか、

『国外に逃げよう!』


とか、そういう人が殺到している、
という報道は聞いた事ないですよね?


ある日突然、もう無理です。財政破たんしてしまいました。

ってギリシャ政府が言い出して、国民は国中で

「ふざけるな〜!」

「なんとかしろ〜!」


ってストライキがおき続けましたね。



もちろん、自国の運営状況に対して、
『このままではいずれ破たんする、今のうちに行動しょう』

と言って対策をしていた人も中にはいると思いますが、
それほど多くはないのではないかと思います。



国のデフォルト(財政破たん)というのは、じわじわと
起きるモノではなく、ある日突然、起きてしまうモノなんです。
(それはデフォルトした国々の歴史が証明しています。)


そして、起きてしまってからはどうする事も出来ない、、、

という最悪の性質まで持ってしまっているんです。



7回目のメール講座では、

「海外で資産運用する際のリスク」

をお伝えしました。



そして、8回目のメールでは、

「海外で資産運用“しない”事のリスク」として、
日本の財政状況がかなり危険な状態だという事について
お伝えしました。



そして今日のメール講座のテーマは、

『何かを始めるリスクと、何もしないリスクの質の違い』


です。


何かを始めるリスク=海外での資産運用(日本に居ながら)

何もしないリスク=今まで通り、国内に資産の全てを置いておく


と置き換える事が自然に出来ると思うのですが、
大事な事は、“何かを始める時のリスク”は、、、


コントロールする事が出来る
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

のに対して、“何もしないリスク”の方は、、、


コントロールする事が出来ない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という違いがある、という事です。


そして、日本に居ながら“海外で資産運用を上手く行う”

という事は、イコール“海外で資産を増やす事”なので、
日本が財政破たんしてしまった時も、海外にある資産は
守られている、という事になります。


つまり、その行為自体が、リスクであると同時に、
財政破たんリスクを回避する行為になっています。


でも、日本に住んですべての財産を日本に置いたままで
何もしていない場合、確実にその財産の大半は失われて
しまいます。


これは過去の歴史が証明しています。
(昨日お届けした動画でも少し解説しています。)



“海外で資産運用をする”という行為について
「リスキーだ」と言う人もいます。

確かにその通りです。


当然、リスクはあります。



起業することを「リスキーだ」と言う人もいます。

確かにリスクはあります。



海外に資産を移す事を「リスキーだ」と言う人もいます。

確かにリスクはあります。



それらはすべて正しいです。



ただし、断言しておかなければいけない事は、


日本が財政破たんした時に、さー国外に資産を移して
守ろう、と思っても、もう手遅れだという事です。


そして、今、なんとか生活出来ているから、
と言って資産運用を何もしていなかったら、

定年退職して、自分が働けなくなったときに、
「明日どうやって生きていけばいいか分からない」

という状況になってしまい、

何かを始めようとしても、“もう、すべてが手遅れ”
という事になってしまいます。



何もしないリスクは、発覚した時には手遅れで
あることがほとんどなんです。


投資はリスクだ!

ビジネスはリスクだ!

海外で資産運用するのはリスクだ!


それは確かにその通りですが、それらのリスクはすべて
自分でコントロールすることが出来るリスクです。



この事実を知った後、私たちに出来る事は1つだけあります。


そしてそれは、私たちが自分の人生を豊かにしていく
ための唯一の選択肢ともいえる方法です。


その唯一私たちに出来る事は、

“何もしないリスク”を“何かを始めるリスク”
に置き換えて自分でコントロールしていく事です。


次回のメールは、海外で資産を運用する方法と、
その際に出てくるリスクの回避方法について動画で
解説して行きます。


江崎孝彦


PS
日々、タバコを吸い続ける、あるいは虫歯があるのに放置する、、、
これもすべて、“何もしないリスク”です。

気が付けば、肺がんになる、気が付けば、虫歯が神経まで
到達して抜かなきゃいけない、、、なんて事になるかもしれません。
ラベル:資産運用法
posted by ラッシュ at 13:27| Comment(0) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。