2011年01月14日

ユダヤ人大富豪の資産運用法 セーフリッチ

“ユダヤ人大富豪の資産運用術”第14回

『海外での資産運用で成功する5つのステップ』



おはようございます
江崎です。


昨日、資産運用において、最もリスクを低くして、
成功するための方法として、ドルコスト平均法という
リスク分散の仕方があるという事についてお伝えしました。


もし、まだご覧になられていないとしたら、
下記のページからご覧になって下さい。

http://123direct.info/tracking/cr/T13CtII6/81775/8314920


まとまったお金がなくても、安定感のある資産運用プランに
ドルコスト平均法を使って、毎月、着実に資産を投入して行けば、
低リスクで安定した利益を上げる事が出来ます。


しかも、複利(時間のレバレッジ)を活用した資産運用
なので、10年を超えたあたりから一気に資産を増やす事が
出来るのも特徴です。


ただ、もし、瀧本さんが、すでにまとまった資産を
持っているとしたら、一気に資産運用に回して、一気に
大金を得たい!というように思われたかもしれません。


もちろん、安定した資産運用プランの場合は、
一括でまとめて資産を投入する事で、一気に資産を
増やす事も出来ます。


でも、資産運用も投資ですからリスクがあります。

そして、資産運用とは短期で決着をつける投資ではなく、
長期間かけてゆっくりでも確実に増やしていく、という事を
していくタイプの投資のため、一気に大きく利益を上げれば
いいという事でもありません。


だから、そこらへんのリスクの取り方、リスクの考え方に
ついて、まだ慣れていないなら、ドルコスト平均法を使って
やっていく事をオススメします。


もし、十分これまでにも資産運用をしていて、
リスクについてはよーく分かっている、メリットとデメリットの
見分け方も十分理解出来る、ただ、年利15%以上を安定して
上げられる資産運用プランはあまり見たことがないから、もし
そういうモノがあったら教えて欲しい、少し大きめの資産を
投資したい!


という事なら、それは一括投資もありだとは思います。



ぜひ、ご自身に合った資産運用から開始して
行って頂ければ、と思います。



それでは今日は、これまでのまとめも含めて、
長期に渡る資産運用で成功するための5つのステップ
についてお伝えして行こうと思います。


まずステップ1

■現状認識

自分が今置かれているポジションを理解します。

つまりは、自分の将来において必要な資産をざっくり
でもいいので割り出します。

住宅を買いたい
子供は3人はつくりたい。
老後は、お金の心配をしないで、ゆったり過ごしたい

等々

それらに必要な資産額をまずは把握します。


参考動画

あなたに必要な資産額は?

http://123direct.info/tracking/cr/tdyVMscp/81775/8314920



次、ステップ2

■毎月、あるいは毎年、資産運用に回せる金額を決める、
そして、それを何年続けるか?決める
(最低、5年以上続けられるように、無理のない範囲の金額に決める)

毎月の収入額から、無理のない範囲で積立て続けられる
金額を割り出す。
(資産運用は長期戦なので、絶対に無理をしてはいけません。)


ステップ3

■ 自分が決めた投資額を年利15%で積立運用した場合、
ステップ1で割り出した必要金額に達するのに何年必要なのか?
理解する。


下記のページにある【積立型投資計算シート】
に、毎月の積立金額と年数を入れて行けば、金額が出てきます。

複利計算シート

http://www.safe-rich.jp/contents/?page_id=250



ステップ4

■リスケジュール

自分の将来のために必要な資産額に到達するためには、
年数を上げるか、毎月の積立金額を上げるかしかできません。

(年利15%を引き上げようとすると、リスクが高くなる上、
サギ情報も増えてくるため、15%以上引き上げる事は
あまりオススメしません。)

リスケジュールをしましょう。



■自分のプランをしっかりと理解して、IFA(独立系
ファイナンシャルアドバイザー)選びをする。

自分の将来のプランを達成するだけの、運用プラン、スキル、
サポート力を持っているか、あるいはサギ業者ではないか?

という事を精査して、IFAを通じて、資産運用を開始していく。



“月3万円の資産運用で5000万円を作る資産運用法”
の動画の中で、ここで紹介している資産運用は、出来るだけ
早く開始した方が良い、というようにお伝えしました。



動画をご覧になられていない方は下記から

http://123direct.info/tracking/cr/iT00cHmU/81775/8314920


なぜなら、早く開始した方が長く長く運用を行う事が
できるからです。



月3万円の積立投資でも、20年続けるのと、19年で
終わってしまうのとでは、

42,411,643 (20年)

36,519,690 (19年)


で差額が5,891,953万円という事で、600万円近い差になります。
(投資金額の差は36万円だけ)


長く運用続けられれば、それだけ安全性が増し、
資産額も大きくする事が出来るなど、メリットが
大きいため、“早くした方がいいですよ”


というようにはお伝えしていますが、それはあくまでも、
安全に資産を増やしていくための土台が出来た状態である
という大前提の元です。


今まで、まったく資産運用をしてこなかった人が、
まず最初にやる事は、上に挙げたステップ1〜4の作業と、
安全に資産を増やしていくための“土台作り”です。


土台が全然出来ていないところに、いくら大金を
積み立てても、全てが崩れてしまいます。



だから、“早くやった方がいい”一方で、信頼で来て、
能力の高いIFAを見つけて、安定した資産運用のプランを
持つ事(土台作り)については、しっかり立ち止まって
精査してやって行った方が良いんです。


長期に渡って行う資産運用は、

焦って行動して、サギ業者に引っかかりました・・・。

ではすみません。


あるいは、欲に駆られてリスクを取り過ぎて、
年利30%〜、の運用プランに投資したら、反対に
資産がマイナス40%になってしまいました。


という事にも、なってはいけないんです。


そもそも会った事もない私が言っている事を、
100%信頼していていいのか?って言うところから
始めてもいいと思います。

(投資セミナー等でお会いしているかもしれませんが。)


私が話している事を疑って、、、


日本が財政破たんしてしまうんじゃないか、とか、
日本の投資信託の成績はボロボロで、とても資産を
預けられるようなモノじゃないとか、

誰もが1億以上の資産を作らなければいけないとか、


それって本当か?って疑って自分で調べて
みてもいいと思います。



もし、私に会ってみたい!あるいは、信頼のおける
IFA、アドバイザーを紹介して欲しいという事でしたら、
毎月、東京、大阪等で資産運用セミナーを開催しているので、
ぜひそちらにお越し下さい。


9年間の平均で年利24%の運用成績を出している
香港のIFAと、そのIFAと投資家の方をつないで
くれている斉藤丈二さんをご紹介しています。


斉藤丈二さんは、世界のプライベートバンク、HSBC
(世界トップクラスの銀行)にコネクションを持ち、国内外
の様々なIFAに精通している、資産運用アドバイスの
スペシャリストです。


斉藤丈二さんは、私が知っている中で、最も信頼出来て、
最も運用レベルの高い信頼のおけるIFAを紹介してくれます。



国内のIFAを、ご紹介したいところですが、残念ながら
国内のIFAと海外のIFAでは歴然としたレベルの違い
(資産運用の3原則の利回り、コスト面等において)があります。


運用利回り高く、コストが安いです。
(原則の1つ目の元本は瀧本さん次第ですので、
私がご紹介出来るのは、残り2点です。)


香港のIFAと言っても、もちろん日本に住んでいる人でも、
アドバイザー契約をする事も出来ますし、日本語のサポート
を受ける事も出来ます。


毎月の資産運用セミナーの日程が決まれば、
お知らせの案内をお送りしますので、ぜひお越し下さい。


今まで、メール講座という形で、瀧本さんと
関係を作ってきましたが、ぜひお会いできるのを楽しみに
しています。



江崎孝彦


PS
メールの講座だけでは、最終的には納得できない方にとって
セミナーはとても有効な場になってくると思います。

毎月、あっという間に定員に達してしまいますので、
ぜひ案内は見逃さないで下さいね。


posted by ラッシュ at 14:26| Comment(1) | 資産運用術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

【FX】利益を上げるための2つのアプローチ

明後日リリース!
松下誠と野澤順治によるセーフリッチCFDプログラム!

野澤順治さんのトレードの利益の秘訣について話している
音声セミナーは下記のページからダウンロードする事が出来ます。

http://123profit.s3.amazonaws.com/MNtaidan2010.mp3


こんにちは
松下です。



いよいよ明後日、元旦から新しい可能性、新しい希望、
2011年をワクワク楽しい年にして行くための
新プロジェクトとしてご紹介してきたCFDの
プログラムを先行リリースして行きます。


CFDのリリースを前に、
FXや株、CFD等色々なマーケットがある中で、
CFDを取り入れて行くという事はどういう事なのか?


という事についてお伝えして行こうと思います。



それは相場の世界で利益を上げて行くための
2つのアプローチについてです。


ほんの少しの例外を除いて、相場の世界で利益を上げて
行く事は、この2つのアプローチの内どちらかしかありません。


そして、あなたは知らず知らずの内に
一方のアプローチを行っています。


2つのアプローチとはどういうモノか?


1つ目は、自分がトレード対象にしているマーケットに
沿ったトレードルールを作り、トレードを実行していく。

というモノです。


ごくごく一般的なアプローチです。

あなたが、FX投資をしているなら、FX市場の通貨市場で
利益が上がるトレードルールで投資を実行しているはずです。


2つ目のアプローチは、先にあなたのトレードルールが
あって、次に市場をあなたのトレードルールに合わせて行く

という逆のアプローチです。



どちらのアプローチがいいか、というお話ではありません。

そして、ルールによってはどんな市場でも十分機能して、
使って行く事が出来るモノもあります。



それぞれの市場にはちょっとしたルールの違いがあります。

株とFXでも、レバレッジの概念、空売りの概念に
若干の違いがありますし、CFDともなると、株もFXも
商品先物も、債券もあり、それが国内、国外合わせて
数千銘柄もありますので、違いはやはりあります。



その違いについて理解する事に苦がない、と言うのであれば、
自分のトレードルールありきで、自分のトレードルールにあった
市場を選択して行くというアプローチは有効ですし、
トレードがとてもラクになります。


なぜなら、市場を変えるだけで、やっている事は
すべて同じ、というようにできるからです。


市場に合わせて、トレードルールを変えるのは、
野川徹さんのように、高い技術、経験、知識を持っている
人なら出来ますが、普通の人には若干しんどい行為です。


結果として、1つ目のアプローチを取られる多くの方は、
1つの市場で(上手く行く、行かないに関わらず)ずっと
やっていく事になります。


もちろん、それで十分利益を上げている、これ以上、
市場を広げるのは手間がかかるからやりたくない!

というように思われるなら、1つ目のアプローチだけでも
いいかもしれませんが、1つのマーケットでトレードをして
いても、なかなか上手く行かない、、という事であれば、

2つ目のアプローチをして行く事も、1つの突破口になります。


今回、野澤順治さんに、ご自身が年利171.5%、
2000万円を5429万円に増やしたトレードルールを公開して
もらって、松下誠と野澤順治の2人でCFD市場でのトレード
の仕方についてお伝えしていくプロジェクトをする事にしたのは、
まさに2つ目のアプローチを用意するためです。


明後日から初回500名限定のちょっとお得な特典付きで
セーフリッチCFDプログラムをリリースして行きます。


まず年利171.5%のトレードルールを身につける、
そして、CFDの市場で、トレンドがきれいに出る、
つまりトレードルールにマッチしやすい市場を選択して、
ラクにトレードをして行きたい方は、、明後日のリリース
メールを楽しみにしていてください。



松下誠


PS
今回、野澤順治さんが提供してくれるトレードルールは、
もちろん、現在も野澤さん本人が使っているトレードルール
そのものです。

古くなって、今はもう使えなくなった、というモノではありません。

posted by ラッシュ at 10:36| Comment(0) | 【松下誠のゆったり投資道】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【株】利益を上げるための2つのアプローチ

明後日リリース!
松下誠と野澤順治によるセーフリッチCFDプログラム!

野澤順治さんのトレードの利益の秘訣について話している
音声セミナーは下記のページからダウンロードする事が出来ます。

http://123profit.s3.amazonaws.com/MNtaidan2010.mp3


こんにちは
松下です。



いよいよ明後日、元旦から新しい可能性、新しい希望、
2011年をワクワク楽しい年にして行くための
新プロジェクトとしてご紹介してきたCFDの
プログラムを先行リリースして行きます。


CFDのリリースを前に、FXや株、CFD等色々な
マーケットがある中で、CFDを取り入れて行くという
事はどういう事なのか?


という事についてお伝えして行こうと思います。



それは相場の世界で利益を上げて行くための2つの
アプローチについてです。


ほんの少しの例外を除いて、相場の世界で利益を上げて
行く事は、この2つのアプローチの内どちらかしかありません。


そして、あなたは知らず知らずの内に一方のアプローチを
行っています。


2つのアプローチとはどういうモノか?


1つ目は、自分がトレード対象にしているマーケットに
沿ったトレードルールを作り、トレードを実行していく。

というモノです。


ごくごく一般的なアプローチです。

あなたが、株投資をしているなら、株式市場で
利益が上がるトレードルールで投資を実行しているはずです。


2つ目のアプローチは、先にあなたのトレードルールが
あって、次に市場をあなたのトレードルールに合わせて行く

という逆のアプローチです。



どちらのアプローチがいいか、というお話ではありません。

そして、ルールによってはどんな市場でも十分機能して、
使って行く事が出来るモノもあります。



それぞれの市場にはちょっとしたルールの違いがあります。

株とFXでも、レバレッジの概念、空売りの概念に
若干の違いがありますし、CFDともなると、株もFXも
商品先物も、債券もあり、それが国内、国外合わせて
数千銘柄もありますので、違いはやはりあります。



その違いについて理解する事に苦がない、と言うのであれば、
自分のトレードルールありきで、自分のトレードルールにあった
市場を選択して行くというアプローチは有効ですし、
トレードがとてもラクになります。


なぜなら、市場を変えるだけで、やっている事は
すべて同じ、というようにできるからです。


市場に合わせて、トレードルールを変えるのは、
野川徹さんのように、高い技術、経験、知識を持っている
人なら出来ますが、普通の人には若干しんどい行為です。


結果として、1つ目のアプローチを取られる多くの方は、
1つの市場で(上手く行く、行かないに関わらず)ずっと
やっていく事になります。


もちろん、それで十分利益を上げている、これ以上、
市場を広げるのは手間がかかるからやりたくない!

というように思われるなら、1つ目のアプローチだけでも
いいかもしれませんが、1つのマーケットでトレードをして
いても、なかなか上手く行かない、、という事であれば、

2つ目のアプローチをして行く事も、1つの突破口になります。


今回、野澤順治さんに、ご自身が年利171.5%、
2000万円を5429万円に増やしたトレードルールを公開して
もらって、松下誠と野澤順治の2人でCFD市場でのトレード
の仕方についてお伝えしていくプロジェクトをする事にしたのは、
まさに2つ目のアプローチを用意するためです。


明後日から初回500名限定のちょっとお得な特典付きで
セーフリッチCFDプログラムをリリースして行きます。


まず年利171.5%のトレードルールを身につける、
そして、CFDの市場で、トレンドがきれいに出る、
つまりトレードルールにマッチしやすい市場を選択して、
ラクにトレードをして行きたい方は、、明後日のリリース
メールを楽しみにしていてください。



松下誠


PS
今回、野澤順治さんが提供してくれるトレードルールは、
もちろん、現在も野澤さん本人が使っているトレードルール
そのものです。

古くなって、今はもう使えなくなった、というモノではありません。
posted by ラッシュ at 10:35| Comment(0) | 【松下誠のゆったり投資道】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。