2013年10月27日

Yahoo! JAPAN - 登録メールアドレス変更確認

※ clで始まるYahoo! JAPAN IDに登録されているメールアドレスあてに自動的に送信しています。

2013年10月27日 08時59分に
clで始まるYahoo! JAPAN IDの登録メールアドレスとして
faust49@ezweb.ne.jp が追加されました。

◆メールアドレス情報の確認
メールアドレスの登録状況はこちらから確認できます。
https://account.edit.yahoo.co.jp/manage_mail

※Yahoo! JAPANのログインページが表示された場合は、メールを送信したときのYahoo! JAPAN IDとパスワードでログインしてください。

◆メールアドレスに関するお手続きをした覚えのないお客様
お客様以外の方が誤ってお客様のメールアドレスを登録し、メールが誤配信された可能性があります。
clで始まるYahoo! JAPAN IDに、post-clione8000@blog.seesaa.jpのメールアドレスを登録したくない場合は下記のURLよりメールアドレスの削除手続きが行えます。
【注意】
この操作を行うと、clで始まるYahoo! JAPAN IDに、post-clione8000@blog.seesaa.jpのメールアドレスを二度と登録することができなくなりますのでご注意ください。
http://shtn.edit.yahoo.co.jp/reg/30vgsg22dg6n4d

□発行:ヤフー株式会社
□発行日:2013年10月27日
□お問い合わせ
パソコン:http://www.yahoo-help.jp/app/home/p/544/
スマートフォン:http://m.yahoo-help.jp/app/home/p/646/
Copyright (C) 2013 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.
posted by ラッシュ at 08:59| Comment(1) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

外貨預金よりもFXがオトクな理由とは?

外貨投資といえば「外貨預金」ですか? 外貨投資初心者にとって、外貨預金は一番馴染みやすい金融商品だと思います。
やはり「預金」という名称が付いていると、それだけでどこか「安心」なもののように思えてきますね。きょうはFXを外貨預金代わりに使う方法をご提案します。

レバレッジを下げれば外貨預金同様の使い方もできる
外貨投資をしたい、と思ったときに真っ先に思いつくのは、外貨預金だと思います。
外貨預金と聞くと、「安全そう」と思い、FXと聞くと「ハイリスク」と思えます。
しかし、外貨預金も為替変動によって、損益が左右されます。為替変動によって損を被るという点では、同じリスク商品なのです。加えて外貨預金の場合、外貨を買うことからしか取引を行うことができないため、円高が進むと必ず為替差損を被ることになります。

「でもFXって、外貨預金よりもハイリスクですよね」
このような意見もごもっともです。FXの場合、レバレッジを効かせた取引が行えるため、たとえばレバレッジを10倍、あるいは20倍というように高くすると、わずかな為替レートの値動きで、大きな損失が生じることになります。でも、FXのレバレッジは、自分自身が負えるリスクのレベルに応じて、自由に変えることができます。仮に、レバレッジを全くかけずにポジションを持てば、リスク・リターンのレベルは、外貨預金のそれと何も変わりません。

つまり、レバレッジをかけずにポジションを取った時のFXは、外貨預金に近い商品性を持つと考えることができるのです。しかも、FXの方が外貨預金に比べて、いくつかの点でメリットがあります。それは……

(1)いつでも自由に売買できる。
(2)外貨を売れば円高局面でも利益を狙うことができる。
(3)スワップポイントが相対的に外貨預金の利息よりも有利。
(4)為替手数料などの取引コストが有利


以上の4点が、FXを用いて外貨取引を行う際のメリットとして考えられます。
特に(4)の取引コストについては、外貨預金よりもはるかに有利です。最近は外貨預金も、為替手数料を大幅に割り引いているケースがありますが、それでも米ドル/円の取引にかかる為替手数料は、片道で1ドルにつき25銭はかかります。これに対してFXの場合は、同じく米ドルで片道2銭程度です。スプレッドという、FXに特有なコストを加味したとしても、取引コストはFXに軍配が上がります。

外貨預金に預けるなら、FXで外貨預金的な取引をした方が有利であるという点が、お分かりいただけたのではないでしょうか?




posted by ラッシュ at 10:24| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ソニー、シャープ!株価急落銘柄で儲ける売買法とは

企業の決算発表で業績予想が下方修正される等して、株価が急落する銘柄を、日本の株式市場でよく見かけるようになっています。株価の急落=株価が安いということです。注目していた銘柄だと購入したくなる人も多いかもしれません。そこで、株価急落銘柄で儲けるための売買法を伝授します。
                                           横山 利香

株価急落銘柄が相次ぐ日本の株式市場
ソニー(6758)やシャープ(6753)等、日本の株式市場では決算発表で業績予想の下方修正や公募増資が行われる等して、株価が急落する銘柄を見かけるようになってきています。

これらの銘柄の中には、株主優待や知名度等から、個人投資家からも人気を集める銘柄もあります。前から注目していた銘柄でも、株価急落を目の当たりにすると「買っても損をしないのかな…」等と投資に躊躇する投資家も多いかもしれません。

株価急落銘柄にいつ遭遇するかは誰にもわかりません。株価が急落した銘柄をどう売買すれば損をする確率が低くなるのでしょうか?

株価急落時の株価チャートでわかること
では、ソニー(6758)の株価チャートを見てみましょう。
ソニー3.jpg

業績がユーロ円の動向の影響を受けることもあって、ソニー(6758)の株価はここ数カ月、1,000円を割り込む等、発表の前から急落を余儀なくされ、現在も下落基調が続いています。

直近の安値は7月25日につけた863円です。左側の丸印です。前日の終値が918円ですから、900円割れでは売買に躊躇して普通というものです。しかし、株価は翌日以降上昇を続けています。そして、8月3日の業績予想の下方修正で、株は再び急落しました。左側の丸印です。

株価チャートを見る限り、株価は急落しても、再び上昇するということがわかりますね。株価が急落する時は、株を売りたい人が一時的に増えたことの証です。

その一方で、安くなった時をチャンスととらえて株を買いたい人が一時的に増えるのも事実で、翌日以降に株価が上昇していることからもわかりますね。つまり、株価急落銘柄は、短期なら買いだと判断することが可能だということになります。

株価急落時の背景を考えよう
ただし、ここで肝に銘じておきたいことがあります。それは、株価が急落した背景にある、業績予想を下方修正した事実や外部環境にまったく変わりはないとう点です。ですから、株価の下落に歯止めをかけられる要因が発生しない限り、株価は短期的には上昇しても、中長期的には下落傾向が続く可能性を否定できないのです。

ソニー(6758)の株価チャートを見ても、株価はここ最近、高値を切り下げていて、右肩下がりになっていることがわかりますよね。

株価がただ安いから中長期で保有すれば儲かるだろうと安易に買ってしまっては、損をする可能性を否定できません。株価が急落する銘柄を売買する時には、あくまでも短期売買が賢明なのかもしれませんね。

posted by ラッシュ at 21:19| Comment(0) | 株式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。